Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

精神疾患について考える⑫ ~ASDとADHD混合タイプが多いのはなぜか哲学的(スピリチュアル的)に考える~

スピリチュアル

1.はじめに

よくtwitterやブログをみてみると、ASD(ADHDもち)と書いている人がほとんどなんだけど、なぜだろう。
こういうのに疑問持つ人いないのかな?

さすが、HSPレーダーをもつスズメさんだ。
ちょっと、哲学、いやスピリチュアル的に考えてみよう。

2.すべてのものは対極で構成されている

このマークはスピリチュアルなどでもよくみかけるよね。

これは、道教で使われる陰陽マークね。

この陰陽マークの意味するところは、結論的に書くと
 ①物事すべては相反する対極要素で成り立っている
 ②この世に完全なものはない
という意味があるのだ。

なぜ、「この世に完全なものはない」といえるのだ。

それを自分で考えていくのが哲学だ。
限りなき省察と、枠にとらわれない思考が得意なHSPなら到達できるはずだ。
でも、熱力学の第2法則、エントロピー増大の法則による、無秩序に進む方がエネルギー的に安定すると考えると、完全性を成すことは難しいといえるね。
無秩序に進みやすいとはいえ、完全な無秩序もない。

・・・・

これが、対極の例だよ。
すべての万物は陽と陰からなるという、「陰陽五行説」の基本的な考え方になっているんだ。
また、仏教上では、縁起の法( 物事がそれだけで存在することは無い) にあたる。

対極の例

項目AB
温度高温低温
人間
自律神経交感神経副交感神経
原子陽子電子
電位差プラスマイナス
磁界N極S極
明かり
意識表層意識潜在意識
生体リズム覚醒睡眠
数字
(符号)
実数
プラス
虚数
マイナス
ストレス(応力)引っ張り応力圧縮応力
半導体p型(正孔過剰)n型(電子過剰)
パソコンCPU(処理)RAM(記憶)
大脳新皮質脳幹
季節
(夏)

(冬)

潜在意識というのも、精神科医ジークモント・フロイトによって発見されたけど、意識が相反する2つの性質の意識から成り立っていると考えると自動的に導き出せるんだ。

うつ病というのも、定型(自虐的タイプ)と新型うつ(自己愛タイプ)というものがあるわけね。

そうだよ。
メディア造語と言われているけど、実際に私の職場にいたしね。
定型うつはセロトニンの減少があるけど、新型うつはセロトニンの減少がないというデータもあるし性質的にも違うのだ。

私の名前も、空と海という対極からとったものだ。

古代の神話を調べていくと、対極の重要性を示すシンボルがよくみられるよ。

古代中国神話 の女媧と伏羲

インド神話の最高神3柱の内1柱であるシヴァ神とその妻パールヴァティーが合体した姿。 

3.ASDとADHDの特長

すべてのものが対極で構成されているとすると、発達障害も対極的な2つの要素で構成されているということかな?

お互い相反するタイプがあるってことを考えると、それぞれASD(自閉症スペクトラム)とADHDということだね。

大人のADHDってあるのかって議論もあったけど、対極を考えると「存在する」ってことね。

ビートたけしのチック症はADHDの特長だね。

大人のADHD
ADHDが報告された頃はADHDの子供特有の病気と考えられており、成長に従って多動が目立たなくなることから、ADHDの特徴も消失するものと考えられていた。しかしADHDの児童の追跡調査から成人期に達しても多くの患者では不注意などの症状が残る事が明らかになった。このことは医学界でも論争を呼んだが現在では発達障害の特性はおおむね生涯に渡って持続するものであるという事が受け入れられている。ただし、うつ病などでADHDに似た症状が起ることがあるので発達障害との鑑別には注意がひつようである。

参考:wiki

ASDタイプの特長

引きこもりがちでコミュニケーションが苦手、冗談があまり通じなくて、融通が利きにくいものの、マニアックな知識が豊富で、鋭い洞察力がある 。
口下手気味で自己表現が苦手なので、自己アピールが必要な社会にでて苦労しやすい。
丁寧に作業するものの、「作業が遅い」と怒られることも。

ADHDタイプの特長

落ち着きがなく常に動き回り、不注意で見落としが多い、いわゆるそそっかしくておっちょこちょいではあるものの、行動力があって発想に優れ、プレゼン能力が高い。
一方で、人の話しを聞かずバルカン銃のように一方的に話し、失言で人を不快にしてしまう人もいる。
作業ははやいが、「作業が雑すぎる」と怒られることも。

ASDの人は、内向的で、プログラミングや、イラスト書いたりすることが好きな人が多くて、ADHDの人はおしゃべりでプレゼンや司会が上手いというイメージかな。

動画でみるとADHDの人とASDの人の違いがわかるね。

簡単に見分けるのは、早いか遅いか。
ASDタイプは話すのがゆっくりで、ADHDタイプは一方的にはやいってこと。
男性にASDが多いと考えると、逆にADHDは女性に多いのではないかな。
ただ、女性は話すのがはやいから、自覚がなかったり気づきにくいというのもあるね。

ASD寄り ゆっくりタイプ

アスペルガー症候群の真実 広汎性発達障害

ADHD寄り はやいタイプ

パニック発作を起こしました。

ASD+ADHD中間タイプ

【発達障害】会話の問題~アスペルガー・ADHD

元SE

定型タイプ(参照)

人を信じられないアスペルガー

定型の人はADHDか?

おお、ブラーミンよ、夜を昼と、昼を夜と主張する人はたくさんいる。
しかし私は、夜は夜であり昼は昼であると主張する。

4.ASDとADHDが併発しているのは?

ASDとADHDは相反する特性をもった人という違いはよくわかったけど、でもなぜASD(ADHDもち)という一見相反する性質をもった人が多いんだろ。

これも、先ほどの対極マークの「完全なものはない」という意味で考えると、純粋なASDやADHDだけの特性を持つ人はいないということなんだ。
ASDと診断される人でもADHD要素があり、逆にADHDと診断される人にもASD要素があるということだね。

例えば、ASDは特性に「融通がきかず、生真面目な人」と書かれていることがあるけど、なかにはそうではなく、ADHDのようなお調子者的な面をもっている人もいるってことね。

自然界には、バラツキという、確率的で不確定なものが含まれているんだ。
これはASDとADHDのスペクトラム(連続体)で考えるとわかりやすいかな。

0%、100%と書いてはいても、完全な0%、完全な100%というものは存在しない。

絶対は絶対にない

0カロリー、ノンアルコールと表示されていても、実はそうではないというのもそういうことね。

 


Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP、発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。


>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について



うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症、不眠症