Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

催眠効果療法ー自律訓練法

心理療法の種類
sinriryoho

他の精神療法はこちら↓

1.自律訓練法とは

1932年にドイツの精神科医シュルツ(Schultz,J.H.)によって創始された自己催眠法で、精神医療分野ではよく使われている心理療法です。
シュルツは催眠状態に移る段階で、多くの人が手足が「重たい」「温かい」感覚を得る2つの共通的特徴を持つことを発見し、これが催眠状態を引き起すことに必須の条件であるとしました。
(ただし、催眠状態へ移行するときなぜ「温かくなる」「重たくなる」ことを感じるのかの根拠は不明。)
その後、自身の体を利用して、研究を重ねてつくりあげた自己催眠誘導法が自律訓練法です。

自律訓練法は、言葉とイメージにより自律神経をコントロールして、リラックス状態をつくりだす最も簡易で1人で実践できるリラクゼーション法です。

2.効果のあるとされる精神疾患

疲労回復、パニック障害などストレス緩和、仕事や勉強の能率向上、抑うつや不安の軽減

3.手法

3-1.構成

一般的な手法は「背景公式」、「第1~6公式」、「消去動作」の構成となっています。

第2公式まで行われることが多く、それ以降は組み合わせを変えて行われます。

  • 背景公式
    リラックスさせる
  • 第1公式
    「手足が重い」と感じる
  • 第2公式
    「手足が温かい」と感じる
  • 第3公式
    心臓が静かに打っている。
  • 第4公式
    呼吸が楽になっている。
  • 第5公式
    お腹が暖かい。
  • 第6公式
    額が涼しい
  • 消去動作

3-2.下準備・姿勢

1.姿勢

1-1 椅子・ソファーに座って行う場合
・深く腰掛け、背筋を軽く伸ばす
・目を軽く閉じ、両手は膝の上にのせ、軽く握る
・足は肩幅に開き、足の裏を地面につける

1-2 仰向けに寝る場合
・目を軽く閉じる
・手を体から20~30cmくらい離す
・足は肩幅に開く

3-3.背景公式(リラクゼーション)

・部屋の明かりを暗くし、体を締め付けているものがあれば緩める。
・体を揺すったり、手足をぶらぶらさせ緊張を解きほぐす。
・深呼吸やいいイメージングをしながら、
「気持ちが落ち着いている」
と心の中で何度か唱える。

3-4.第一公式~第六公式

第1公式 重感練習(重さを感じる)

右手に意識を集中し「右手が重たい」と心の中で何度も繰り返す
左手に意識を集中し「左手が重たい」と心の中で何度も繰り返す
両手に意識を集中し「両手が重たい」と心の中で何度も繰り返す
右足に意識を集中し「右足が重たい」と心の中で何度も繰り返す
左足に意識を集中し「左足が重たい」と心の中で何度も繰り返す
両足に意識を集中し「両足が重たい」と心の中で何度も繰り返す

第2公式 温感練習(温かさを感じる)

右手に意識を集中し「右手が温かい」と心の中で何度も繰り返す
左手に意識を集中し「左手が温かい」と心の中で何度も繰り返す
両手に意識を集中し「両手が温かい」と心の中で何度も繰り返す
右足に意識を集中し「右足が温かい」と心の中で何度も繰り返す
左足に意識を集中し「左足が温かい」と心の中で何度も繰り返す
両足に意識を集中し「両足が温かい」と心の中で何度も繰り返す

第3公式(心臓が静かに打っている)

心臓を意識して「心臓が静かに打っている」と心の中で何度か繰り返し鼓動を感じる。
注意:心臓に疾患がある人は行わないで下さい。

第4公式(呼吸が楽になっている)

自然の呼吸のままで鼻や口を意識し「楽に呼吸している」と心の中で何度か繰り返す。
注意:呼吸器系に疾患がある人は行わないで下さい。

第5公式(お腹が暖かい)

お腹に意識を集中し「お腹が温かい」と心の中で何度か繰り返し、お腹の温かさを感じる。

注意:妊娠中の人、糖尿病の人、胃腸に疾患がある人は行わないで下さい。

第6公式(額が涼しい)

額に意識を集中し「額が心地よく涼しい」と心の中で何度か繰り返し、額に涼しさを感じる。

注意:頭痛、頭部に疾患がある人は行わないで下さい。

3-5.消去動作

手のひらを握って開いてを3回繰り返す。
肘の曲げ伸ばしを3回繰り返す。
両手をあげ全身で伸びをする

他の精神療法はこちら↓

自律訓練よりもさらに効果の高い手法はこちら・・・

自律訓練法は、世間でもよく知られている方法ですが、精神疾患を克服するほども効力はありません。

自律訓練法よりさらに効果の高い手法が当プログラムにある自己催眠療法です。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害