発達障害

発達障害

精神疾患について考える(その11) ~ASDとADHD混合タイプが多いのはなぜか哲学的(スピリチュアル的)に考える~

1.はじめに 前回のお話し よくtwitterやブログをみてみると、ASD(ADHDもち)と書いている人がほとんどなんだけど、なぜだろう。こういうのに疑問持つ人いないのかな? さすが、HSPレーダーを...
HSP

精神疾患について考える(その8) ~神話の世界が語る凹凸のお話~

1.HSP,スキゾイド、アスペルガーの違いは? 前回のお話し HSPとスキゾイドは防衛的なタイプということはわかったんだけど、発達障害とどう違うのかな? スキゾイドとアスペルガーは違うっていう人もいるんだけど...
HSP

精神疾患について考える(その7) スキゾイドパーソナリティとHSPの違いは?

1.はじめに ねぇねぇ前回の記事で、HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とアスペルガー(ASD)とスキゾイドって似てるっていってたよね? うん、何かスキゾイドパーソナリティと似てるよなーとふと感じたんだけどね。 じ...
発達障害

過干渉の影響とASDの関係 ~精神障害について~

0.はじめに 前回のお話し 躾には過保護、過干渉はいけないとよく言われています。言葉的には似ているようでも実は全く異なるものです。 「毒親は過干渉、バカ親は過保護」 と言った感じでしょうか。 ...
発達障害

自閉症スペクトラム(ASD)の成り立ちの歴史 ~精神障害について~

0.はじめに 前の記事 本来「アスペルガー症候群」、自閉症スペクトラム(ASD)とは「自閉症」とされていますが、受動型、孤立型、積極奇異型等々多くのタイプがあり、「自閉症」のイメージとはかけ離れたものまで対...
発達障害

自閉症スペクトラム(ASD)、アスペルガー症候群

1.自閉症スペクトラム(ASD)、アスペルガー症候群 自閉症が知られるようになったのは、第2次世界大戦時頃、アメリカの児童精神科医レオ・カナー氏が論文で発表したことが最初で「早期幼児自閉症(カナー症候群)」と呼ばれていました...
発達障害

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

1.注意欠陥・多動性障害(ADHD) ADHD(Attenuation Deficit Hyperactivity Disorder)の子供は注意欠陥(ミスがおおい)、多動性(落ち着きがない)・衝動性(抑制がきかない)といっ...
発達障害

チック症・トゥーレット障害

1.チック症・トゥーレット障害とは チック症とは、幼児から学童期にかけてみられる、まばたきや首振りなど一見癖のようなもので、乳幼児期から学童期にかけ、心と体の成長・発達の過程で多くの子どもにみられる症状です。 ...