双極性障害

双極性障害

記事No07 抑うつ、大うつ病、気分変調症(非定型うつ)、双極性障害の克服

うつ病というと、かつては自虐的で大人しいタイプの人が多かったのですが、拡大解釈され
精神状態が不安定であればうつ病とされ、向精神薬を処方されるようになりました。
その結果、薬物被害により失職するケースも増加しているので注意が必要です。

双極性障害

中学時代のいじめがきっかけで双極性障害に

生い立ちと精神障害 ・30代女性・父親不在 ・醜形恐怖、対人恐怖、双極性障害2型 生まれてから1年後に両親が離婚。親権は母となり、母の実家で育つ。父親の記憶はなく、あったこともない。保育園に通うまで、一人遊びが普通の日常で、仕...
双極性障害

気分循環性障害(気分循環症)

1.気分循環性障害(気分循環症)とは 気分循環性障害(気分循環症)とは、躁状態とは言えない気分の高揚と、ごく軽度の抑うつが短周期で繰り返される軽度の双極性障害のような疾患をいいます。 慢性の双極性障害とも言え、本人や周囲の者...
双極性障害

双極性Ⅰ・Ⅱ型障害(躁うつ病)

1.双極性Ⅰ・Ⅱ型障害(躁うつ病)とは 気分障害には、うつ病と双極性障害がありますが、うつ病が鬱状態が続く単極性に対し、双極性障害はうつ状態と気分がハイになる躁状態が交互に周期的に繰り返す精神疾患です。 古くは...