精神障害

ホルモンと病気

下垂体(前葉)機能亢進症  ~非定型うつ病に似た病気~

1.下垂体(前葉)機能亢進症とは下 非定型うつ病ににた脳の病気として、下垂体前葉機能亢進症といったものがあります。 下垂体前葉から分泌される6つの刺激ホルモン(下記参照)の一部またはすべてが通常より過剰分泌した状態 ...
ホルモンと病気

下垂体(前葉)機能低下症  ~定型うつ病に似た病気~

1.下垂体(前葉)機能低下症とは 定型うつ病に似た症状として 下垂体前葉から分泌される6つの刺激ホルモン(下記参照)の一部またはすべてが減少した状態 のことで、それにより、抑うつ、定型うつ病に似た体調不良を生じる病気で...
脳の働き

視床下部の働きと精神疾患、ストレス、健康の関係~精神疾患(うつ病、双極性障害等)と神経の関わり~

0.はじめに 前回のお話し 環境が変化しても、状態を一定に保とうとする恒常性(ホメオスタシス)は、「自律神経系統」「分泌系」「免疫系」で構成されています。脳幹は、多くの神経の束が集約された領域ですが、中でも自律神経...
精神障害

うつ病等精神疾患の原因とされる仮説の種類 (モノアミン仮説、HPA仮説など) ~精神障害について~

0.はじめに うつ症(双極性障害、統合失調症等精神疾患含め)のメカニズムはよく分かっていないのが現状ですが、日本国内では1998年より始まったモノアミン(セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなど)の減少によって引き起...
生い立ちと精神疾患

親の愛情、夫婦仲が子供の成長、心の病に大きな影響を与える

1.親から受ける愛情と子供心 夫婦仲が円満な家庭で育った子供は親からの愛情のエネルギーをもらいのびのびと育っていきます。自我が育ち、自然と自己肯定感を育みやすく、根拠のない自信が芽生え、学校や社会にでてストレスがあっても乗り越えられ...
抜毛症

抜毛症の方の幼少期

生い立ちと障害 ・H.Dさん(36歳女性)・両親健在で健常者 幼少期のとき母親と祖母から八つ当たり的に叱られたことがきっかけで内向的な性格に。・ストレスが蓄積し9才から抜毛症が始まり、思春期から克服をはじめ大学のときに治まる。・心療内科に...
生い立ちと精神疾患

人に振り回されがちな幼少時代。アスペルガー(ASD)とPMDDに

生い立ちと障害 ・女性(26歳) A.Hさん・父・母は健常者 父は社交的で躾けに厳しく過干渉。・小さい頃から感受性が強く、人に気を使う性格(HSP 過剰同調性)中学生までおねしょが治らなかった。・社会になってから職を転々。人にものを頼むの...
精神医学の闇

時代は繰り返す!向精神と麻薬の歴史 ~精神医療の闇~ 

~0.はじめに~ 前回のお話し さて、今回から精神医療の話しについてまとめていきたいと思います。世の中、裏と表で成り立っているように、精神医療も裏を返せば、どろどろとした世界が見えてきます。現代精神医療の主流の治療...
生い立ちと精神疾患

毒親両親と異常な兄に囲まれ、奴隷的生き方で統合失調症(診断名だけ)に

いつか、雨はあがるさんのブログより一部転載しています。 生い立ちと障害 ・30代女性・家族:両親・兄(精神疾患なし 健常者)・・・気持ち悪い家族・過干渉、醜形恐怖、おねしょ(反抗期なし)⇒リストカット、オーバードーズ(睡...
双極性障害

中学時代のいじめがきっかけで双極性障害に

生い立ちと精神障害 ・30代女性・父親不在 ・醜形恐怖、対人恐怖、双極性障害2型 生まれてから1年後に両親が離婚。親権は母となり、母の実家で育つ。父親の記憶はなく、あったこともない。保育園に通うまで、一人遊びが普通の日常で、仕...