Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

精神障害種類

精神障害種類

統合失調症

1.統合失調症とは 統合失調症に共通する症状は、精神分裂症(精神機能の分裂症)と呼ばれていましたが、偏見を助長しやすいということで2002年から統合失調症とよばれるようになりました。 現実と空想の境が分からなくなる状態...
摂食障害

中枢性摂食異常症(摂食障害)-過食症、拒食症

1.中枢性摂食異常症(摂食障害)とは 摂食障害は食行動の重篤な障害を呈する精神疾患の一種です。人間関係でのストレスや、社会適応性の未発達、コミュニケーションの不全などが原因とされています。 摂食障害の患者は、う...
発達障害

自閉症スペクトラム(ASD)、アスペルガー症候群

1.自閉症スペクトラム(ASD)、アスペルガー症候群 自閉症が知られるようになったのは、第2次世界大戦時頃、アメリカの児童精神科医レオ・カナー氏が論文で発表したことが最初で「早期幼児自閉症(カナー症候群)」と呼ばれていました...
発達障害

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

1.注意欠陥・多動性障害(ADHD) ADHD(Attenuation Deficit Hyperactivity Disorder)の子供は注意欠陥(ミスがおおい)、多動性(落ち着きがない)・衝動性(抑制がきかない)といっ...
精神障害種類

中枢神経損傷の影響がつよいもの(先天性)

1.中枢神経損傷 先天的、後天的な中枢神経の損傷により生じる精神障害です。うつ病などの投薬治療や催眠療法では効果がなく、主に手術、リハビリテーションによる療法が必要になります。 1-1.外傷性脳損傷(TBI) ...
不安障害・パニック障害

小児期発症流暢障害(吃音症・どもり)

1.小児期発症流暢障害(吃音症・どもり) 吃音症は話言葉がつっかえスムーズにでてこない、なめらかに話すことが難しい症状で、昔は「どもり」とも呼ばれてたものです。差別禁止用語となり「吃音症」、DSM-5では「小児期発症流暢障害...
発達障害

チック症・トゥーレット障害

1.チック症・トゥーレット障害とは チック症とは、幼児から学童期にかけてみられる、まばたきや首振りなど一見癖のようなもので、乳幼児期から学童期にかけ、心と体の成長・発達の過程で多くの子どもにみられる症状です。 ...
精神障害種類

月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)

1.月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)とは 女性の生理3~14日前に精神的に不安定になりますが、この精神症状を月経前症候群(PMS:PreMenstrual Syndrome)といいます。 月経前不...
精神障害種類

重篤気分調節症(DMDD)

1.重篤気分調節症(DMDD)とは DSM-5で抑うつ障害群の分類として追加。 子供の双極性障害の診断が20年間で40倍に増加し、多くは癇癪(かんしゃく)といった誤診であったため、誤診を避けるために設けられたもの。 ...
精神障害種類

大うつ病(定型うつ)・気分変調症(非定型うつ)

1.うつ病とは 1-1.うつ状態・うつ病のタイプ うつの症状は、症状の軽い ・抑うつ性障害(うつ状態) ・適応障害 ・気分変調症(ディスチミア・非定型タイプ)と、症状の重い ・大うつ病(メランコニー・定型タイプ...