心理療法の種類

心理療法の種類

実存分析 ロゴセラピー

他の精神療法はこちら↓ 1.ロゴセラピーとは ロゴセラピーとは英語で「意味中心療法あるいは実存分析」という意味。人が自らの「生の意味」を見出すことを援助することで心の病を癒す心理療法のこと。ジークムント・フ...
心理療法の種類

マインドフルネス瞑想

他の精神療法はこちら↓ 1.マインドフルネスとは 仏教において、瞑想は「止観」ともよばれ、「止」に相当する瞑想がサマタ瞑想、「観」に相当するものがヴィッパサナー瞑想と呼ばれます。 サマタ瞑想は、「心を落ち着...
心理療法の種類

行動療法ー逆説的思考法

他の精神療法はこちら↓ 1.逆説思考法とは ロゴセラピーで知られるヴィクトール・フランクルによって提唱された「逆説思考」を利用した療法。 フランクルはユダヤ人であり、第二次世界大戦中にナチスド...
心理療法の種類

行動療法ーインプロ―ジョン/フラッディング法

他の精神療法はこちら↓ 1.インプロ―ジョン/フラッディング法とは インプロ―ジョン/フラッディング法は恐怖・不安を除去するために使用される行動療法の一つです。 この手法はERPや系統的脱感作のように...
心理療法の種類

行動療法ー暴露反応妨害療法(ERP)

他の精神療法はこちら↓ 1.暴露反応妨害療法(ERP)とは 暴露反応妨害療法(ERP)とは、不安・恐怖障害を軽減する行動療法の一つで、強迫性障害(OCD)、パニック障害治療で最も使用されています。「暴露」と...
心理療法の種類

催眠効果療法ー自律訓練法

他の精神療法はこちら↓ 1.自律訓練法とは 1932年にドイツの精神科医シュルツ(Schultz,J.H.)によって創始された自己催眠法で、精神医療分野ではよく使われている心理療法です。 シュルツは催眠状態...
心理療法の種類

行動療法ー系統的脱感作

他の精神療法はこちら↓ 1.系統的脱感作とは 系統的脱感作は、恐怖や不安に対処していく技法で、「恐怖症、不安障害」といった症状の緩和に利用されています。 考案者は南アフリカで戦争神経症の治療を行ってい...
心理療法の種類

精神分析法ー自由連想法

その他の精神療法はこちら↓ 1.自由連想法とは 自由連想法とは、精神分析における無意識を意識化する技法で、19世紀末に神経症治療として利用していた催眠療法に見切りをつけたジークムント・フロイトが精神分析手法...
心理療法の種類

行動療法ーEMDR(眼球運動による脱感作および再処理法)

その他の精神療法はこちら↓ 1.EMDRとは EMDRは不安や恐怖、PTSDを緩和するための治療法として、アメリカの行動療法家であったフランシーン・シャピロにより開発された手法で、眼球運動とトラウマの想起を...