不安障害・パニック障害

ブログ

記事No05 自己催眠療法を利用して、パニック障害、過呼吸症候群・広場恐怖を克服する手順

パニック障害を起こすと予期不安が高まり広場恐怖に。
自己催眠療法と、逆説的思考法を併用して対処していくことができます。
逃げようという思考ではなく、リスクをとって慣れていこうという思考に切り替えることがポイントです。

不安障害・パニック障害

小児期発症流暢障害(吃音症・どもり)

1.小児期発症流暢障害(吃音症・どもり) 吃音症は話言葉がつっかえスムーズにでてこない、なめらかに話すことが難しい症状で、昔は「どもり」とも呼ばれてたものです。差別禁止用語となり「吃音症」、DSM-5では「小児期発症流暢障害...
不安障害・パニック障害

全般性不安障害(GAD)

1.全般性不安障害とは 不安は誰もが感じる症状ですが、理由もなく過度な不安な状態が6ヶ月も続き生活に支障がでている症状を全般性不安障害といいます。1980年以前は不安神経症と呼ばれていたものが、「全般性不安障害」と「...