Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

セント・ジョーンズ・ワートの作用・副作用

1.セント・ジョーンズ・ワートとは セント・ジョーンズ・ワートとは和名でセイヨウオトギリという名称のハーブの一種で、抗うつ薬の代替サプリとしてコンビニでも販売されるようになりました。 セント・ジョーンズ・ワートは古代ギリシャの...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

オレキシン睡眠薬(ベルソムラ)の効果と副作用

1.オレキシンとは Clker-Free-Vector-Images / Pixabay オレキシンは1998年に発見された神経ペプチドで、視床下部外側野にある神経細胞から生成されるものです。オレキシンとは「食欲」を意...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

アルコール・タバコ類と向精神薬との比較

1.はじめに 向精神薬(睡眠薬/抗不安薬、抗うつ薬、抗精神薬)は脳の中枢神経に作用し精神状態をコントロールする薬です。 同じ様に、精神状態をリラックスさせるタバコ、酒、コーヒーといった嗜好品や麻薬、覚醒剤はどのようにして精...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

向精神薬の副作用と多剤投与の危険性

1.副作用とは 脳内には無数の神経細胞がネットワーク状に広がっています。 細胞によって所有する神経伝達物質は異なり、GABA、ドーパミン、セロトニン等の神経系統に別れて沈静、快楽、安らぎ、興奮といった精神状態を働かせる役割をも...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

抗うつ薬(三環系,SSRI,SNRI,NaSSA)の作用と副作用

0.はじめに 抗うつ薬はセロトニン、ノルアドレナリン神経に作用する薬で、うつ病以外にも全般性不安障害、パニック障害、社交不安障害(SAD)、強迫性障害、心的外的障害(PTSD)といった症状にも使用されることがあります。 日本で...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

抗精神薬の作用と副作用

このページの目次 1.抗精神薬とは 2.抗精神薬の分類  2-1 抗精神薬の特徴  2-2 向精神薬のタイプ  2-3 定型、非定型の効果の違い 3.抗精神薬の種類と副作用 4.抗精神薬による副作用例  4-...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

睡眠薬(ベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピン薬)の作用と副作用

0.はじめに 睡眠薬は、よく病院にいくと眠れないときに処方されるもので、比較的なじみ深い薬だと思います。睡眠薬は「睡眠を改善する薬」といったイメージを持つ方もおられるかと思いますが、改善する薬ではなく、一時的に眠り易くする薬です。日...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

神経細胞への向精神薬の作用

0.はじめに 向精神薬は、脳内の神経細胞間にあるシナプス間隙に作用し、モノアミン等神経伝達物質の分泌量を調整することで精神状態の安定化をする薬です。向精神薬の種類によって、作用する神経系統、神経伝達物質の種類、作用方法が異なります。...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

精神疾患(うつ病、双極性障害等)と投薬療法③ ~モノアミン(ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン)の特徴と薬との関係~

0.はじめに 精神疾患(うつ病、統合失調症、双極性障害など)は神経伝達物質であるドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンといったモノアミンが関わっているとされる「モノアミン仮説」に基づいて、神経伝達物質を制御する投薬治療が行われてい...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

神経伝達物質の種類と作られる場所

0.はじめに うつ病の認知とともに知られるようになったセロトニンは神経伝達物質の1種です。神経伝達物質は神経細胞間を行き来する電気信号の伝令役のような役割を果たすもので、その種類は100種類以上にものぼります。種類の豊富な神経伝達物...