表層意識、潜在意識とは~自分は実は本当の自分ではない!? 催眠療法(ヒプノセラピー)についての知識~

催眠(ヒプノセラピー)

0.はじめに

「潜在意識」という言葉は、2000年代のスピリチュアルブームをきっかけに、よく耳にする言葉となりました。
意識とは、脳の働きによってつくられるもので、脳の働きと意識との間には密接な関係があります。

意識単独、あるいは脳単独ではなく、お互いが共存しあって人間は動いており、どちらか片方が崩れると体調に影響を与えてくるようになります。

潜在意識は、大脳の「大脳辺縁系」と呼ばれる部分の働きであり、健康的にたくましく生きていくうえでのベースとなる重要な部分です。
また、潜在意識とは反対の性質をもつ表層意識も精神疾患と深い関わりがあります。
潜在意識は、大脳の「大脳辺縁系」と呼ばれる部分の働きであり、健康的にたくましく生きていくうえでのベースとなる重要な部分です。

うつ病、双極性障害、パニック障害等の精神疾患を治していくうえでも、潜在意識を高めていく事がメインの取り組みとなってきます。
ここでは、脳の働きと、意識との対応関係について説明していきます。

1.脳の構造~意識をつくる三層構造~

人間の脳は大きく「大脳」、「小脳」、「脳幹」の3つの領域に分けられます。大脳は、表層を覆う
大脳新皮質(あるいは大脳皮質)
と内部領域を占める
「大脳辺縁系」
と呼ばれる領域で構成されており、
「大脳新皮質」、「大脳辺縁系」、「脳幹」
の3つの領域が表層意識と潜在意識に関わってきます。

大脳新皮質とは理性を司る領域で、人間がもっとも発達した部分であるため
「人間脳」
と呼ばれます。

大脳辺縁系は本能、感情を司る領域で動物本来のもつ脳であり
「動物脳」
とも呼ばれます。

また、脳幹と呼ばれる部分は主に身体をコントロールする部分で
「爬虫類脳」
と呼ばれます。

一般的に、潜在意識は「本能、感情、記憶」の部分とされており、大脳辺縁系と脳幹部をまとめた脳の内部の働きの部分が潜在意識の領域になります。

2.表層意識とは~本来の思っている自分~

人の意識は心理学的に大きく2つの意識に分けられます。
一つは「表層意識」と呼ばれるもので、普段活動している時に頭で考えている意識に該当します。また、「顕在意識」とも呼ばれます。
起きている状態のことは「覚醒状態」と言い、表層意識は起きているときに働く意識でもあります。
この表層意識は脳の「大脳新皮質(人間脳)」にある「前頭前野」という頭のおでこあたりの部分でつくられます。
表層意識は人間らしい道徳と優しさ、創造性の働く「理性」を司る部分でもあり、顕在意識と言われるように「現実を見極める脳」でもあります。

3.潜在意識とは~気付いていないもう一人の自分~

もう一つの意識が、巷でよく聞く「潜在意識」です。
本人も気づかない自覚のない意識であるため「無意識」ともいいます。
この意識は、脳の内部にあたる「大脳辺縁系(動物脳)」と呼ばれる領域に相当する意識です。
この意識も言い換えると動物的な「本能」と「感情」を司る部分になります。
この意識はどちらかというと、寝ている状態ほど強くなるもので、表層意識が弱くなるにつれて
「催眠状態」→「レム睡眠」→「睡眠」→「ノンレム睡眠(熟睡)」
となり、眠りが深くなっていきます。

「催眠状態」はちょうど表層意識と潜在意識が重なった領域で催眠療法で使われる部分になります。
一般的に表層意識と潜在意識の関係は海に浮かぶ氷山として例えられ、意識の90%が潜在意識で自覚がないものと考えられています。
しかし、90%の根拠が良くわかっておらず、実際は90%もないと言う立場の人もいます。

4.心の中に潜む対立する2つの意識

一見、頭の中で意識している自分が本当の自分と思いがちですが、自分でも気づかない、もう一人の自分が、心の中に存在している感じになります。
もう一人の自分とは「潜在意識」であり、本来の行動力を引き起す源となります。
表層意識と潜在意識はそれぞれ「覚醒」、「睡眠」に影響する部分でもありますが、それぞれ「理性」と「本能」をコントロールする部分でもあります。
お互いの意識は、性質的には相対する関係と言えます。

相対するとは、+とー、男性と女性、外交的、内向的といった感じです。
車に例えると、表層意識は、「ブレーキやハンドル」、潜在意識は「エンジン、アクセル」のような関係となります。

・理性(表層意識)=ブレーキ(抑制)、ハンドル(判断)
・本能(潜在意識)=アクセルまたはエンジン(前進)

表層意識が強いと、ブレーキが強く、前進しないように、行動がなかなかできない慎重タイプに。
潜在意識が強いと、アクセルが強いように、行動的タイプとなります。

5.まとめ

意識表層意識(顕在意識)潜在意識(無意識)
脳の働き大脳新皮質(前頭前野)大脳辺縁系、脳幹
人間脳動物脳・爬虫類脳
頭で考えている自分頭で考えていない自分
機能理性(創造力・道徳)本能・感情
車でいうとブレーキ・ハンドルアクセル・エンジン

次のお話し

うつ病、パニック障害、HSP気質の疲れやすい人に効果的

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!