Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

気分循環性障害(気分循環症)

双極性障害
geralt / Pixabay
heart-1133761__180

1.気分循環性障害(気分循環症)とは

気分循環性障害(気分循環症)とは、躁状態とは言えない気分の高揚と、ごく軽度の抑うつが短周期で繰り返される軽度の双極性障害のような疾患をいいます。
慢性の双極性障害とも言え、本人や周囲の者は周期に気づきにくく性格上の問題で片づけられてしまう場合も少なくありません。

2.発症

気分循環性障害は、一般的には10代後半から20代にかけて発症することが多い傾向にあり、疾患者の3~5%程度と言われています。

調査により差はあるものの気分循環性障害の患者の15%から50%が双極Ⅰ型障害、もしくは双極Ⅱ型障害に移行するといわれています。

3.症状

症状は双極性障害と似ていますが、それほど重度ではありません。
気分の高揚、抑うつの程度は軽く数日間しか続きませんが、不規則な間隔で頻発に起こります。
悪化して双極性障害に発展したり、極端な気分の変動が続いたりすることもあります。

「軽い躁状態」のとき

  • 話し出すと止まらない
  • イライラ感が強い
  • 自信過剰で羽目を外しやすい
  • 楽観的になる

「軽いうつ状態」のとき

  • 気分が落ち込む
  • 口数が少なくなる
  • 集中力の低下
  • 自分を責める
  • 疲れやすい

<具体的な行動例>

  • 活動を最後までやり遂げることが難しい。
  • 仕事にムラがあり、成果が出せない。
  • 学校成績が一定しない。
  • 転職や引っ越しを繰り返す。
  • エネルギッシュに見える時もあるが、すぐ落ち込むこともある。
  • 人との関係が安定せずに、喧嘩別れや離婚回数が多い。
  • 自傷行為がある。

このような気分の不安定性による生活への支障が大きく、様々な不安障害や摂食障害などを合併しやすいです。

4.なりやすい人

家族が役割を果たせていないご家庭で育った方や、幼少期のトラウマが関与して感情のコントロールができずに育った方に多いと言われています。

性格的には双極性障害と同じように、過度に快活で自信家で明るく社交的な人が多い傾向にあります。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害