Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

下垂体(前葉)機能低下症  ~定型うつ病に似た病気~

ホルモンと病気

 1.下垂体(前葉)機能低下症とは

定型うつ病に似た症状として

下垂体前葉から分泌される6つの刺激ホルモン(下記参照)の一部またはすべてが減少した状態

のことで、それにより、抑うつ、定型うつ病に似た体調不良を生じる病気です。

基礎疾患として、腫瘍、炎症・自己免疫、分娩時大出血(シーハン症候群)、外科手術・薬剤服用などによる続発性、原因不明(特発性)、遺伝子異常に起因する家族性などがあります。

指定難病であり、中等症および重症などの場合は申請し認定されると、保険料の自己負担分の一部が公費負担として助成されます。

参照:6つの刺激ホルモン

ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)
TSH(甲状腺刺激ホルモン)
PRL(プロラクチン・乳汁分泌ホルモン)
GH(成長ホルモン)
LH(性腺刺激ホルモン・黄体ホルモン・ゴナドトロピン)
FSH(卵胞刺激ホルモン)

2.下垂体(前葉)機能低下による症状

下垂体前葉機能低下が起こることで刺激ホルモンの分泌量が低下しますが、その種類によってでてくる症状に特徴があります。

例えば、
ACTHは副腎皮質を刺激することで副腎皮質からコルチゾールの分泌を促し、血糖値をあげたり、血圧をあげストレスに対抗しようとしますが、ACTHの分泌量が低下してしまうと、コルチゾールの分泌量も低下し、低血糖、低血圧になります。

他の種類の刺激ホルモンも同じように、下垂体から分泌される量が低下することで、抑うつ、定型うつ病と似た症状が現れてきます。

下垂体から分泌されるホルモン低下する
ホルモン
でてくる症状治療法
ACTH
(副腎皮質刺激ホルモン)
コルチゾール
  • 倦怠感
  • 低血糖
  • 低ナトリウム血症
  • 低血圧
  • 食欲がなくなり痩せる
  • 頭がぼーとする

  • 毛が抜ける
  • 色白
コルチゾールの補充
TSH
(甲状腺刺激ホルモン)

甲状腺ホルモン

T3(トリヨードサイロニン)
T4(サイロキシン)

  • だるさ
  • 便秘
  • 皮膚が乾燥する
  • 心拍数低下
  • 低体温
  • 寒がり
  • 発汗減少
  • 脱毛
  • 記憶の低下
  • 集中力低下
  • 声が低くでにくくなる

サイロキシンの補充療法
PRL
(プロラクチン)
母乳

  • 乳汁分泌の低下
  • 妊娠しにくい

 
GH
(成長ホルモン)
IGF-1
(インスリン様成長因子)

  • 筋力低下
  • 体脂肪増加
  • 成長不良
  • スタミナ低下
  • 骨粗鬆症
 
性腺刺激ホルモン・ゴナドトロピン
LH
(黄体ホルモン)

 

FSH
(卵胞刺激ホルモン)

性ホルモン
テストステロン

 

エストロゲン

プロゲステロン


  • 月2度の無月経
  • 不妊
  • 性欲低下
  • 乳房・性器の委縮
  • 骨粗しょう症

  • 基礎体温が低温相だけ
  • ED
  • 男性不妊
カウフマン療法

症状は抑うつ、定型うつ病ととても似ている

3.下垂体(前葉)機能低下症の分類

3-1.分類

下垂体前葉機能低下症は、下垂体前葉ホルモンの欠乏数により大きく3つに分類されます。

・汎下垂体前葉機能低下症
すべての下垂体前葉ホルモンが欠損
部分型下垂体前葉機能低下症
2種以上の下垂体前葉ホルモンが欠損
下垂体ホルモン単独欠損症
1種類の下垂体前葉ホルモンのみ欠損

3-2.下垂体機能低下症の変遷

発症は通常潜行性で、気づかない場合もありますが、ときに突然または劇的に発症することもあります。

一般的には,まず成長ホルモン(GH)が欠乏し,次にゴナドトロピン(LH),最後に甲状腺刺激ホルモン(TSH)およびACTHといった順で欠乏していきます。
全てのホルモンが欠乏した場合(汎下垂体機能低下症)、あらゆる内分泌腺の機能が低下します。

単独欠損→部分的下垂体機能低下→汎下垂体機能低下

3-3.下垂体ホルモン単独欠損症

下垂体ホルモン単独欠損症の特徴。

・GH欠損症
小児期では小人症の原因となりますが、成人では活力減退の一因となるものの,通常は無症状で臨床的には検出されることはありません。小人症の人

・LH,FSH欠損症
LH(黄体形成ホルモン)およびFSH(卵胞刺激ホルモン)が子供の時に欠乏すると,思春期の発達遅延につながります。
閉経前の女性では,無月経,性欲減退,第二次性徴の退行,および不妊、男性では,勃起障害,精巣萎縮,性欲減退,第二次性徴の退行,および精子形成低下とそれに続く不妊が生じます。

・TSH欠損症
甲状腺機能低下症をもたらし,顔面腫脹,嗄声,徐脈,耐寒性低下などの症状を伴います。

・ACTH欠損症
副腎機能低下症をもたらし,疲労,低血圧,低血糖、体重減少、腋毛、陰毛の減少、ストレス不耐性,易感染性などが認められますが,原発性副腎不全に特徴的な色素沈着は生じません。

・PRL欠損症
分娩後に乳汁分泌のない女性でまれに認められています。

4.下垂体(前葉)機能低下症を引き起す原因

下垂体機能低下症が起る原因には、下垂体腫瘍、腫瘍の出血、炎症などが主に起因しています。

①下垂体腫瘍
 ・頭蓋咽頭腫(クラニオ)
 胎生期より遺残した組織から発生する良性の腫瘍。
 腫瘍の性格は良性腫瘍に属しますがその発生する場所が脳の中心に位置するため放置すると死
 に至ります。

②出血性梗塞(下垂体卒中)
 下垂体腺腫の5%に、梗塞・出血・出血性梗塞が生じ、いきなり目が見えなくなることがあります。
 ショック、分娩後のショック(シーハン症候群)、糖尿病、鎌状赤血球、貧血、血管血栓症または動脈瘤
 などが原因で起こります。

③炎症過程
 ・髄膜炎(結核性,その他の細菌性,真菌性,マラリア性)
 ・下垂体膿瘍
 ・サルコイドーシス

④浸潤性疾患
 ・ヘモクロマトーシス
先天的または後天的な原因によって、体内貯蔵鉄(健康な人の体内(鉄含量は1~3g)が異常に増加し、肝臓、膵臓、心臓、皮膚、関節、下垂体、精巣などの諸臓器の実質細胞に過剰に沈着し、その結果そ れぞれの臓器の実質細胞障害をもたらす病気  

 ・ランゲルハンス細胞組織球症(Hand-Schüller-Christian病)
ランゲルハンス細胞と同じ形質を持った異常なLCH細胞が増殖して、皮膚や骨、内臓などさまざまな部位に多彩な症状をきたす稀な疾患。
小児に多く、発症は小児100万人に5例程度、日本では年間60-70  例。原因は不明

⑤医原性
 ・放射線照射
 ・外科的摘出

⑥自己免疫性機能障害
 ・リンパ球性下垂体炎

5.うつ病と間違われた症例

日本心身医学会より

うつ病が疑われ心療内科に紹介された下垂体性副腎皮質機能低下症3例の特徴

副腎皮質機能低下症は食欲不振, 悪心・嘔吐, 易疲労感など非特異的症状を呈することが多く, うつ病との鑑別が難しい. うつ病を疑われ心療内科に紹介され, 下垂体性副腎皮質機能低下症と判明した3例を報告する. 

症例1 : 59歳男性 : 特に誘因なく悪心嘔吐が出現し体重が6カ月で18kg減少, 抑うつ気分や倦怠感がみられた. 一般血液検査, 内視鏡検査, 腹部CTにて異常なしとして紹介された. 低血糖・低ナトリウム血症のほか, cortisol 1.03μg/dl, ACTH<5.0pg/mlと低値, ACTH単独欠損症と判明した. 

症例2 : 77歳男性 : 愛犬の死後に抑うつ気分や腰下肢痛が出現, 一般血液検査や腰部X線で異常なく紹介された. cortisol 4.21μg/dl, ACTH 5.7pg/mlと低値, 脳MRIでRathke囊胞を認め, 続発性副腎皮質機能低下症と診断した. 

症例3 : 47歳男性 : 東日本大震災で被害を受け悪心嘔吐や倦怠感が出現, 抑うつ気分がみられ一般血液検査で異常なしとして紹介された. cortisol<0.8μg/dl, ACTH<2.0pg/mlと低値, 部分的下垂体機能低下症と甲状腺機能亢進症の合併と判明した. 

心療内科において非特異的な身体症状や抑うつ気分を呈する患者には, 一般検査で異常がなくとも副腎皮質機能低下症とうつ病を早期に鑑別すべく副腎皮質機能検査が推奨される.

6.まとめ

下垂体前葉機能低下症は、下垂体に腫瘍、炎症が起ることで前葉から分泌される刺激ホルモンが低下することで起ります。
その症状は抑うつ、定型うつ病に似た症状で、問診だけの精神医療分野では鑑別が難しいようです。

うつ病を克服するなら

 


Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため薬のような副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。


>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について



うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害