メンタル改善~現実感が感じられない離人症・解離性障害の克服~

メンタル改善プログラム

1.離人症とは

ベルリンの医師ポール・シルダーが1928年に書いた「離人症」「離人感」(depersonalization)の特徴について記した文章があります

離人症の人の目には、周りの世界は、異様で、奇妙で、なじみがなく、夢のように映る。
物はときおり不思議なほど小さく見え、平たくなることもある。音は遠くから聞こえるように思える。

読書をしても流し読みしているようで頭に入らない
暗記はできても文章読解問題や作文が苦手
器用で工作が好きであったのに面倒くさくなって不器用になった・・

日常生活に支障がでてきたということはないでしょうか?

離人症を言葉で表現すると、
 「頭に霧がかかった状態」
あるいは
 「透明のビニールがかぶさったようだ」
と表現する人が多く、現実感がなくなり、思考がまとまらなくなるといった不快な症状がでます。

HSP(Highly Sensitive Person)とも深い関わりがある離人症

HSPの人には、哲学者のように深く考える癖がありますが、それも離人症と深い関わりがあるのかもしれません。

離人症にかかる割合は、全人口の2%と言われています。
HSPの人口比率は、約20%と言われているため、離人症にかかる人はHSPの中でも特に感受性の強い人と言えます。

哲学者の多くは、離人症を発祥しているのではないかと言われており、不快な代償と引き換えに、深い思考、洞察力を養っていくものなのかもしれません。

また、離人症は、時間の間隔を麻痺させるため、「過集中」を引き起す原因とも考えられています。

2.ブレインフォグと離人症のタイプ

2-1.ブレインフォグとは

脳の血流が低下すると、顕著に現れる症状が「霧がかかった状態」です。

脳に霧がかかったような状態になると、思考がまとまらなくなり、適切な言葉を探すことも難しく、コミュニケーションも困難になります。
また、物忘れもひどくなり、ミスを犯しがちになります。
これは、発達障害の症状にも似たところがあるので、勘違いする人もいるかもしれません。

この「霧がかかった状態」をブレイン・フォグともいいます。

2-2.2つの離人症のタイプ

離人症は、ブレイン・フォグを伴うものですが、2つのタイプがあります。

精神疾患などによる合併で起こる離人症

1つは、うつ病などの精神疾患、脳神経疾患、慢性疲労症候群などに合併してみられるものです。

うつ病にかかったときから多くの人は、
「今の自分がかつての自分と、まったく異質な状態になって、それがずっと持続している」
と感じるのではないでしょうか?

頭が朝から起きた時から、「ぼー」として、時間の間隔が麻痺し、一日の充実感や感動が全く失われてしまった。
人の話しを聞いてもなかなか入ってこない。
作業をしていても、手が自分のものとは感じられない・・。

解離性障害で起こる離人症

もう一つのタイプが、解離というメカニズムによっておこるもので、解離性障害の中に分類されるものです。
こちらの症状は、何等かの強いストレスを受けたとき、意識が浮き上がり、夢の中にいるようで夢か現実か分からない感じがする感覚です。

解離性障害というと、多重人格(解離性同一性障害)や記憶喪失(解離性健忘)などが有名ですが、実際には、そうした典型的ともいえる症状は少なく、解離性障害の8割~9割が離人症を伴っていると言われています。

発祥年齢は平均16歳で、40歳以上には認められません。
うつ病、あるいは慢性疲労症候群を発症する方は、この時期に離人症を経験している方も多いのではないかと思います。

あすかの人生劇場さんのイラストがわかりやすいです。

3.私の例

私の例でいうと、 両親が離婚したときに解離性の離人症を発病し、離婚日から数日間、空間が歪んだような感覚を覚えました。
天井を眺めていると、ぐらぐらと空間が揺らいで意識が抜けていったような感じです。
それから、空虚さや現実感を喪失し、物思いに耽る時間が増え、集中力が欠けて勉強にも支障がでていました。
それほど、重い症状ではなかったので、当時はあまり気にしていませんでした。

その後、24歳の時に鬱病になり、ずっとカプセルの中にいるような感覚で、過集中の傾向が強くダラダラと時間が過ぎていく日々。
統合失調症者のように、買い物でも、店内をうろうろするばかりで、買う物を決められずに無駄に時間が過ぎていくばかり。
歩いているときも、しっかりと足に地がついている実感がなく、風景の記憶も希薄で、ただ、時が流れていっただけの感じでした。
当然、仕事にも支障がでていましたが、過集中のおかげでそれなりの仕事はこなしていました。
振り返ってみれば、この離人症がでた時から疲れやすい、遅刻する、ミスをするといった発達障害的な症状が出始めたので、後天的な発達障害を引き起しているのは離人症ではないのかなと感じています。

4.離人症の克服法

うつ病や慢性疲労症候群はともにHPA軸(視床下部ー脳下垂体ー副腎皮質)の機能低下と関わっており、離人症は、その2次障害として生じるものと考えられています。

そのため、自己催眠療法でうつ病などの症状が改善すると、この離人症もなくなります。
マインドフルネスや瞑想法で改善できそうな感じがしますが、実際のところ単独での効果の実感はありません。

長い期間うつ病状態にいると、現実感がなく、生きている感覚をあまり感じられなくなりますが、症状が改善されたときは、長い牢獄から解放されたようなすがすがしい気分になります。

また、メンタル改善プログラムでは、さらに脳をすっきりさせ集中力を高める瞑想法も紹介しています。

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!