Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

うつ病克服日記 ~新型うつ病~

ブログ

header_temp3

 

うつ病キャンペーンの始まりとともに、次々と聞きなれない用語を聞くようになります。

統合失調症、双極性障害。。さらにアスペルガー症候群

統合失調症は昔の精神分裂症、双極性障害は躁うつ病から変化したものです。

さらに、テレビを見ていると、「新型うつ病」という言葉も聞くようになります。

2000年前半だっただろうか?

内容をみると、

「これは、ただの甘えではないのか?」

と、当時はあまり気にしていなかった。

しかし、過去を振り返ってみると、確かに職場にそういったタイプいたなと思いだした。

 

理系は精神疾患が多いと言われますが、確かに入社時期から病んでいたタイプは多い気がします。

特に印象的だったのが、入社してからほとんど会社に来ないのに、会社に来るときは、大きな声で元気満々に話す人だった。

要領はいいのか、だいたい現場へ指示書を大量に発行し、あれやっといてこれやっといてといって、数日欠勤する。

だいたい3日間隔くらいで休んでいた。

会社での飲み会があると、必ず出席して、わいわい騒いだ翌日には来なくなる、といったパターンだった。

報告会のような自己主張する場においては、とても元気がいい。

 

 

昔は、そういうことはなかったらしく、失恋してからおかしくなったという・・。

こういう状況が1年以上続いていたので、現場や部内の人から次第に無視されたり、文句を言われるようになり、しばらくして退職していった。

ただ、「母子家庭」という言葉を耳にした記憶がある。

 

「新型うつ病」という言葉はメディア用語で、正式な名称ではありませんが、このパターンに良く似ていた。

また、twitterなどみると、新型うつ病タイプもたまにみかけるのですが、従来のうつ病タイプとは明らかに違います。

従来の鬱病者は

「頑張ってという言葉は禁句」

であったのに、新型うつ病タイプは自分から

「頑張ろう、ポジティブにいこう」

とツイートしていて

何もかも真逆なのです。

 

従来タイプのうつ病者は当然、不快感を感じるのでブロックしたり、もめごとになってしまう。

同じうつ病といっても、水と油の関係みたいな感じでしょうか。