Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

両親の過干渉が影響しうつ病に+ASD(ADHD)

生い立ちと精神疾患

過干渉の強い家庭⇒ASD(ADHD)、解離性健忘⇒うつ病

父親は短気で、すぐに物を投げたり、怒鳴ったり、ちゃぶ台をひっくり返したりする昭和的な家庭だった。
小さい頃から国立大学に入って、公務員になることを期待されて育つ。
小学1年生のときに「肥満児」と診察を受け、食事制限、両親に運動を強いられ、高校2年生までクラブで運動をすることになった。

小学3年生のころまでの記憶がない。(解離性健忘)
想像して物を作る、早く走る、楽器を演奏する、休み時間に友達と遊ぶということがとても苦手な性格で、特に決まった友達がいなかったので、教室で本を読んでいたりすることが多かった。

中学の頃も友達はほとんどおらず、1,2年生のころはいい思い出がないため記憶がほとんどない。
食べたいものも日曜の昼食だけだった。(反抗期がない)

高校時代は友達も少ない。
高校2年で運動クラブをやめるものの、授業についていけず、嘘をついて早退していた。
このころから、食事制限が解除され太り始めていく。

大学時代は寮生活となる。
集団の輪にとけこめない学生生活を送る一方、大学は運動の推薦入学ではいっていたため運動をしていたが、この頃は太っていたためついていけずストレスを溜めていた。
ストレス発散は食べることと飲むことに・・。

卒業後、会社は両親の思い通り教員試験や市役所試験を受けるも落ちてしまい、大学教授の勧めてくれた会社にいくことになった。
どちらかというと、窓際族的な部署でストレスはあまりない環境だったので続けていくことができたが、年とともに他の部署の女性社員から距離をおかれるようになる。

結婚後 生活環境の変化、妊娠などのストレスで「うつ病」に。
別の病院では「中程度のアスペルガー」「ADHD」と診断された。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害