Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

大うつ病(定型うつ)・気分変調症(非定型うつ)

精神障害種類
aks9215 / Pixabay
heart-1133761__180

1.うつ病とは

1-1.うつ状態・うつ病のタイプ

うつの症状は、症状の軽い
 ・抑うつ性障害(うつ状態)
 ・適応障害
 ・気分変調症(ディスチミア・非定型タイプ)
と、症状の重い
 ・大うつ病(メランコニー・定型タイプ)
に分かれます。

また、脳機能の損傷によって起こるうつ病と似た症状を
 ・身体因性うつ病
といいます。

うつ状態とうつ病は異なり、うつ状態は環境やストレス的な出来事から解放されたときに自然消滅するものですが、うつ病はストレス要因がなくなっても常に気分が回復しない状態です。

抑うつとうつ病の診断は問診だけでは分かりにくく、初診のときは、大うつ病であっても、抑うつと診断名がつくことがあります。
診断基準のあいまいさや、医師の感覚的な診断によって診断名がつけられるため、医師が変わると双極性障害、統合失調症など診断名が変わり余分な薬を処方されることもあるので注意が必要です。

一般的にいう「うつ病」は症状の重い、大うつ病(メランコニー型・定型タイプ)のことですが、近年は気分変調症(ディスチミア・非定型タイプ)もうつ病と呼ばれています。

同じうつ病と呼ばれていますが、症状は対照的で、定型うつタイプは副交感神経優位、非定型うつタイプは交感神経優位気味の症状がでます。

いずれにしても、うつ病になるタイプは、幼少期の家庭環境、親子関係や教育環境のストレスが強い人ほどなりやすくなる傾向があります。

1-2.うつ病の主な症状

体の不調としては睡眠障害や疲労感・倦怠感、首・肩のこり、頭が重い、頭痛といったもの、心の不調としては、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ気分、不安・取り越し苦労などが挙げられます。

うつ病を診断するときに特に重要なのが、「憂うつな気分」と「何に対しても興味が持てない」という2つの症状です。

この2つのうち、どちらかひとつでも、ほとんど一日中、ほとんど毎日、2週間以上続いている場合、うつ病の可能性が高いと考えます。

・気分が落ち込む、憂うつだ
・心身ともに疲れを感じる。
・悲しみから抜け出せない。
・思考がまとまらない、集中できない、判断ができない。
・イライラする、落ち着いていられない。
・自分がみじめに感じる、劣等感にとらわれる。
・頭が重い、体がだるい。
・目覚めが悪い、朝起きられない。
・寝つきが悪い、眠れない。
・本や新聞が読めない、読んでも理解できない。
・人と会いたくない、家に引きこもる、動くのがおっくう。
・さびしい、不安を感じる、疎外感を感じる、違和感を感じる。
・食欲がない、食べ物がおいしく感じない。
・つらい、絶望感を感じる、死にたいと思う。

1-3.発症のきっかけ

発症年齢は20代~30代に多く、環境変化、対人関係のストレス、ショッキングな出来事などストレスの大きな負荷がかかるときに発症する傾向にあります。

・大切な人との死別や離別(「対象喪失」と言います。ペットも同様です)
・人間関係の悩み
・転職、転勤、昇進、人事異動、定年退職、リストラ、会社の倒産
・学業や仕事の失敗、挫折
・失恋、離婚、子供の独立
・病気、過労、事故、更年期障害、妊娠、出産
・引っ越し、新築
・急激な生活環境の変化
・惨事に巻き込まれる。犯罪の被害者となってしまう
・生育歴や生活史からくる内面的ストレス
・パーキンソン病、C型肝炎、膠原病などの治療薬の副作用

2.うつ状態・うつ病の分類

2-1.抑うつ性障害(抑うつ状態)・うつ状態

誰でも悩みや嫌な出来事を抱えると
「憂うつ」
「気分が落ち込む」

いったネガティブな精神状態は経験しますが、そのような症状を「抑(よく)うつ気分」といいます。

日常経験でみられる抑うつ気分のほとんどの場合は多くの人が経験し、悩みや嫌なことがなくなると自然消滅しますが、何日も消えない状態が長く続くことを「抑うつ性障害」「抑うつ状態」、一般的には「うつ状態」といいます。

病院にいくと、初診の場合はだいたい「抑うつ」といった診断名がつきます。
このようなうつ状態がある程度以上、重症である時、大うつ病(うつ病)と呼んでいます。

2-2.適応障害

適応障害は「反応性うつ病」ともいいます。

職場や学校といった環境からのストレスが原因で、一過性のうつ状態を引き起こしたものだと言えます。

例えば、職場や地位が変わることで、苦手な業務や慣れない仕事を任されるようになったり、パワハラを受けるなどの環境要因や、担当しているプロジェクト、研究がなかなか上手くいかない、といったストレスが原因で起こる一過性の抑うつ状態となる場合です。

適応障害でみられるうつ状態は、小うつであり、精神身体症状を伴わないのが普通である。
もし、体重の顕著な減少(増加)、動きが緩慢、頭の回転が鈍く、集中できないといった症状が強く見られる場合は、小うつではなく大うつを呈しており、メランコリー型うつ病か、双極性うつ病が疑われます。

本来のメランコリー型、ディスチミア型との見分け方は、そのストレス環境から離れる、あるいは改善することで症状がなくなるかどうかで、ストレスがなくなると自然消滅します。

適応障害は、人間なら誰しももつ症状で無くすことはできません。
職場の環境改善、人間関係改善のサポートなどで対処すべきもので、薬物療法の使用は推奨されていませんが、病院では対処が難しいため、抗うつ薬、抗不安薬が出されます。

対処法は
環境を変える、上司、身近な人に相談する、苦手意識を克服する
など

2-3非定型うつ病(気分変調症・ディスチミア型)

大うつ病より比較的軽いうつ状態が長年にわたって続くタイプで、非定型うつ病・気分変調症(ディスチミア)と呼ばれます。

メランコニー型に比べると、食欲、体重、身体の動き、頭の働きといった面での症状は軽度で20代~30代の女性に多いタイプです。

「うつでつらい」
「気分が晴れない」
と、本人が感じる主観的な症状は強いのですが、客観的な症状はあまり目立たず、一見したところでは、うつ病には見えないようにみえます。

性格的には、神経質で、自信がなく、不安の強い性格で、活気が乏しく、疲れやすく、絶えず悲観的な考えに囚われ、溜め息ばかりついているというタイプです。

また、本来のうつ病では自責的で自分を過度に責めてしまう傾向がありますが、このタイプでは、見捨てられ感が強く、周囲を責める傾向が見られます。

ネガティブな思考パターンが染みついていて、どんなことも悪いようにばかり考えてしまう傾向があり、親子関係に問題を抱えている人に多いといった点も特徴的です。

不眠または過眠、疲労感または低活動性、食行動の変化(増加または減少)、易怒性または過剰な怒り、自尊心の低下、絶望感の症状、足の鈍重感、拒絶過敏性(社会でのあるいは職場での人間関係を著しく損なう)といった面が現れます。

また、アルコール依存症、全般性不安障害、パニック障害、強迫性障害、摂食障害、社交不安障害(SAD)など、身体の機能に症状が生じやすく、境界性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害、回避性パーソナリティ障害と関わりが深いとされています。

特徴の傾向

・リストカットなどの自傷行為、アルコール依存、薬物依存、全般性不安障害、PTSD,パニック発作、強迫性障害・摂食障害など身体的症状を伴う場合が多い。
・性格は、強迫傾向が強く、全般に不安が強い。ネガティブ思考をする。
・病気の最中でも好きなことは積極的になれる。嫌いなことはやる気が出ない。
・夕方から夜間にかけて調子を崩すことが多い。突然、感情のコントロールができなくなる。
・自己保身が強く、よくいい訳をする。自己愛的傾向がみられる。
・見捨てられ感がつよい。
・他罰的傾向が強い。他人を責めたり、非難する。
・他人の些細な一言にひどく傷つく。自分のつらい気持ちを分かってもらいたいという気持ちが強い。
・人に頼まれても、自分の都合で簡単に断ることができる。つらいとすぐに逃避する。
・自ら休職に関する診断書を求める。傷病手当金の申請を請求する。会社や学校を休もうとする。
・時には背中を軽く押す程度の励ましが必要になることもある。
・過食、過眠がみられたり、さまざまなものに対する依存度が増す。
・薬物療法があまり効かない。
・病識が薄い。
・人と比較して優越感、劣等感を持ちやすい。神経が繊細で、神経質である。
・人の思惑を気にする。イヤなことがあると逃避する。
・元々仕事熱心ではない
・幼い頃から競争原理が働いた社会で成長した世代が多く、現実で思い通りにならない事態に直面した際に個の尊厳は破れ、自己愛は先鋭化する。回避的な傾向が目立つ。

2-4.定型うつ病(大うつ病・大うつ病性障害・メランコニー型)

大うつ病(大うつ病性障害)と呼ばれる、本来の深く落ち込みの激しいタイプのうつ病です。
抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴としています。

「大うつ」と書くことから「重症のうつ」と思いがちですが、スタンダード的なうつ病のことをいいます。
これはDSMで「Major depressive disorder」と記載されていたものを、日本語訳の担当者が「Major」を「大」と訳したため使われるようになりました。
本来は「主要な、中心的な」という意味で使われることが多いため誤訳であるという意見もあります。
単極型(短極性)うつ病とも呼ばれます。

『精神障害の診断と統計マニュアル』において、うつ病(大うつ病性障害)として扱われるのは、1日のほとんどや、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合とされています。

過去は代表的なうつ病でしたが、近年では、非定型うつ病が増加し、うつ病全体に占める割合は、一~二割にまで下がり主要なタイプとは言えなくなってきています。
家庭環境、躾け方、教育環境(受験戦争による競争社会)、生活スタイルの変化も考えられますが、うつ病キャンペーンにより、軽度の症状でも心療内科を受診する率が高くなってきたことも考えられます。

メランコリー型うつ病は、生真面目で、律儀な性格の人に多く、発症すると服装、身なりの乱れや、体調不良、生活習慣が乱れがちになるなど大きな変化がみられるようになります。

特徴の傾向
・物事に興味や関心が持てない。何もやる気が起こらない。
・早朝から午前中にかけて気分が落ち込み、夕方ごろから比較的元気になる。
・自己犠牲的な献身的態度が目立つ。自分が苦しいのに周りの人のことを思いやる。
・自分がいたらないから病気になった。自責的で罪悪感を持つ。
・自分の発言に控えめで慎重である。できませんとはなかなか言わない我慢タイプ。
・仕事熱心で物事を頼まれるとノーと言えない。極度の過労に至る。
・自ら休職に関する診断書を求めない。傷病手当の申請もしない。
・定型うつの人は、周囲の人は励ましてはいけない。休養が必要。
・不眠、食欲低下がみられる。
・薬物療法で調子がよくなる。
・病識は比較的強い
・性格は几帳面、生真面目、責任感が強い、仕事熱心、規律正しさ、秩序を重んじる。

2-5.身体因性うつ病

うつ病は、心因性あるいは内因性的なストレス起因により神経機能や神経伝達物質の低下などが原因で引き起こされるものですが、脳の損傷によってひきおこされる病気ではありません。

アルツハイマー型認知症のような脳の損傷によって、うつ病的な症状がでるものを「身体因性うつ病」といいます。

DSM-IVでは例として以下のようなものが挙げられています。

  • 内分泌疾患: 甲状腺機能亢進症、低下症
  • 神経変性疾患: パーキンソン病、ハンチントン病、アルツハイマー病
  • 自己免疫疾患: 全身性エリテマトーデス、多発性硬化症
  • 脳血管疾患: 脳卒中
  • 感染症: 肝炎、探求増加症

・定型うつ病に似た脳の病気
下垂体前葉機能低下症

・非定型うつ病に似た脳の病気
下垂体前葉機能亢進症

3.うつ病(定型、非定型うつ病)の治療には・・・

症状の重い定型うつ病は投薬治療で精神状態は安定しますが、痛み止めのような対処療法で生涯飲みつづけなければなりません。
投薬治療では、副作用、離脱作用もあり、長期で飲み続けると症状が悪化し双極性障害に発展する可能性が高くなります。

でも当催眠療法なら短期で投薬治療もなく短期で改善できます。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害