向精神薬の種類一覧表

メンタル改善プログラム

0.はじめに

向精神薬で利用される薬名称の一覧を記載しています。

1.抗精神病薬

統合失調症、双極性障害で使用されることが多い。
向精神薬の中では、副作用が最も大きいので、減薬優先度は最優先。

CP換算値についてはこちら

 一般名商品名の例
第一世代薬クロルプロマジンコントミン
ソデピンロドピン
ハロペリシアジンセレネース
プロペルスアジンニューレプチル
アリピプラゾールエビリファイ
第二世代薬オランザピンジプレキサ
クエチアピンセロクエル
クロザピンクロザリル
パリペリドンインヴェガ
プロナンセリンロナセン
ペロスピロンルーラン
リスペリドンリスパダール

2.抗うつ薬

本来ならうつ病(メランコリータイプ)のものに対して開発され、処方されるものですが、精神疾患全般に使われるようになっています。

 一般名商品名
三環系イミプラミンイミドール・トフラニール
アミトリプチリントリブタノール
トリミプラミンスルモンチール
ドレスピンプロチアデン
ノルトリプチリンノリトレン
クロミプラミンアナフラニール
アモキサピンアモキサン
ロフェプラミンアンプリット
四環系マプロチリンルジオミール
ミアンセリンテトラミド
セチプチリンテシプール
SSRIフルポキサミンルボックス・デプロメール
パロキセチンパキシル
セルトラリンジェイゾロフト
エスシタロプラムレクサプロ
SNRIミルナシプラントレドミン
ヂュロセキセチンサインバルタ
ベンラファキシンイフェクサー
NaSSAミルタザピンリフレックス・レメロン

3.抗不安薬・睡眠薬

ベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピン系。 精神科だけでなく、どの科でも処方される薬です。
処方量を検討する1つの目安として、ジアゼパム換算という方法があります。
これは、外国のお金を円に換金するように、各々の抗不安薬の効果を、ジアゼパム5㎎を1つの単位としてそろえて考える方法です。
適切な量は、ジアゼパム換算で1日15㎎までとされています。
ただ、抗不安薬等を急に減量すると、逆に不安になったり、眠れなくなることがあります。これは、くせになったため起こる『離脱症状』と呼ばれるもので、「この薬がないとダメ」と感じる人が多いのがこの薬の特徴でもあります。 毎日内服されていた方は、数か月かけてゆっくりと減らす必要があります。

 一般名商品名
短時間型
(3~6時間)
クロチアゼバムリーゼ
エチゾラムデパス
フルタゾラムコレナミール
中時間型
(12~20時間)
ロラゼパムワイバックス
アルプラゾラムコンスタン、ソラナックス
プロマゼパムレキソタン、セラニン
長時間型
(20~100時間)
ジアゼパムセルシン、ホリゾン
クロクサゾラムセパゾン
フルジアゼハムエリスパン
クロルジアゼポキシドコントール、バランス
オキサゾラムセレナール
メダゼバムレスミット
メキサゾラムメレックス
クロラゼブ酸ニカリウムメンドン
ロフラゼブ酸エチルメイラックス
フルトラプラゼパムレスタス
プラゼパムセダプラン

4.気分安定薬

気分の変調を抑えるために利用される薬で、双極性障害で利用される薬です。
抗うつ、抗精神薬に比較すると害は軽度ですが、服用を止める必要はあります。

一般名商品名
炭酸リチウムリーマス
バルプロ酸ナトリウムデパケン
カルバマゼピンテグレトール
ラモトリギンラミクタール

5.抗パーキンソン病薬

抗パーキンソン病薬は、副作用を抑える作用がありますが、突然中断すると悪性症候群をひきおこすこともあるので注意が必要です。

一般名商品名
レポドバドパゾール・ドパストン
カルビドバシネット・ネオドパストン・メネシット・レプリントン
ベンセラジドイースードパール・ネオドパゾール・マドパー
セレギリンエフピー
ラサギリンアジレクト
ソニサニドトレリーフ・エクセグラン
エンダカボンエムタン
アマンタジンシンメトレル
タリベキゾールドミン
プラミベキゾールピーシフロール・ミラベックス
ロピニロールレキップ・レキップCR
ロチゴチンニュープロパッチ
アボモルヒネアボカイン
カベルゴリンカバサール
ベルコリドペルマックス
プロモクリプチンパーロデル
イストラテフィリンノウアリスト
トリヘキツフェニシルアーテン
ビベリデンアキネトン
ヒロヘプチントリモール
プロフェナミンパーキン