Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

行動療法ー暴露反応妨害療法(ERP)

心理療法の種類
sinriryoho

他の精神療法はこちら↓

1.暴露反応妨害療法(ERP)とは

暴露反応妨害療法(ERP)とは、不安・恐怖障害を軽減する行動療法の一つで、強迫性障害(OCD)、パニック障害治療で最も使用されています。
暴露」とは、不安・恐怖を感じるものに対して実体験をしていくことであり、「反応妨害」とは強迫行為をしたくなっても、あえて行為を行わず、安全であるということを学習し意識づけることを意味してます。

簡単にいえば、
「恐怖や不安を抱くものに対して、不安の小さいものから徐々に体験を通して慣れていくことで恐怖、不安を軽減していく手法」
といった感じになります。

例えば、

潔癖症の人に対しては、不安の小さい汚いものに触った後、手を洗うといった強迫行為を我慢して、「手を洗わなくても大丈夫だ」
と安心であることを意識づけていきます。
慣れてくると、次第に不安の強いものにあげていくことで、不安、障害を克服していきます。

2.効果のあるとされる精神疾患

強迫性障害(OCD)、パニック障害、PTSD、各種の恐怖症や不安症

例)
 ‧ 潔癖症(汚いと感じるものに触れない、手をずっと洗ってしまう
 ‧ 確認強迫・・玄関のドアやガスの確認を何度もしてしまう
 ‧ 縁起強迫・・物事を進める前に様々な儀式をしてしまう
 ‧ 不完全恐怖・・配置が自分が決めた通りになっていないといけない
 ‧ 強迫性緩慢・・一つ一つの動作を頭の中で確認してしまう
 ‧ 収集癖・・集めたものを捨てられずごみ屋敷になっている

3.手法

暴露反応妨害法は、不安や恐怖を感じる刺激や状況を具体的に10以上あげていき、それらを不安強度の小さいものから順番に10段階に分け、それぞれの段階に0~100点の不安強度(SUD)を付加した「不安階層表」というものを用います。

この「不安階層表」に従って、不安の小さいものから段階的に暴露し、対象の不安・恐怖を軽減していきます。

STEP1 不安階層表を作成する。

不安階層表を作らず感覚的に行っていくと進捗率がつかめないため作成します。

例)潔癖症の場合
 何かものを触ったときの具体例をいくつかあげて、不安度階級別にならべ、SUD値(値の低いものが軽いもの)をつけていく。治したい症状の最終目標を100とする。

No具体例SUD
何も触っていない0
着ている服を触る10
唾液が手につく20
外出したバッグに触れる30
お金に触る40
靴に触る50
鼻水60
食器を洗う70
手すりに触る80
地面の砂が手につく90
10便器に触る100

STEP2 実際にSUDの低いものから取り組んでいく

STEP2-1
最初は最もSUDの低い「着ている服を触る」を実施します。
着ている服に手を触り、手を洗う強迫の衝動を抑え1日我慢します。

STEP2-2

何日か実施し、だんだん慣れて不安を感じなくなったら、ランクを1段階あげ、同じように繰り返していきます。

STEP2-3

最終的にSUDが100のところで不安を感じなくなったら終了です。

参考ブログ

1番参考になったブログ。
強迫性障害*不潔恐怖症を治すまで -ブログ

一方で段階的でなく「思い切ってやめて成功した」という例もhttp://arata-media.com/nayami/ocd/

他の精神療法はこちら↓

暴露反応妨害療法(ERP)よりさらに効果的な手法は・・・

暴露反応妨害療法(ERP)は、うつ病を発症し精神状態が不安定な状態のもとでは、さらに症状を悪化させる可能性があります。

実体験を積んでいくことも大切ですが、当催眠療法と併用していくと恐怖や不安症を効果的に低減していくことが可能です。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害