Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

フラワーエッセンス(バッチフラワー)

精神疾患治療法

他の精神療法はこちら↓

1.フラワーエッセンスとは

フラワーエッセンスは、1936年にイギリスの医師エドワード・バッチ博士が提唱した方法です。
別名、バッチフラワー(Bach flower remedies)ともいいます。

フラワーエッセンスは、レメディーと称する植物の葉や花を蒸留水や新鮮な水に浸しただけの液体に、水、アルコール(ブランデー)、ジュースに混ぜて服用することで精神状態を高める手法です。

そのため、ホメオパシーのレメディーとほぼ同じように、高度に希釈されているためほとんど原成分は残りません。

レメディーに使用される植物の種類は38種類あり、それぞれの植物にはなんらかのエネルギーがあるとされ、精神状態に影響を与えると考えられていますが、詳しい根拠はわかりません。

レメディーは市販で購入できますが、一般的には「プラクティショナー」と呼ばれる専門家が精神状態に応じてレメディーを処方し服用させます。
使用するときは、1種類か数種類を複合して使用します。
また、プラクティショナーを利用せず、レメディーを購入し、直観的に自分で処方することもできます。

メタ解析によってプラセボ効果以上の実効性はないと報告されていますが、効果が得られたという声も多くあります。

科学的根拠に乏しいにも関わらず、イギリスでは王室でも愛好され、一般市民でも根強い愛好家が多いようです。

現在、フラワーエッセンスは世界60ヶ国以上で親しまれている自然療法ですが、日本でも近年、抗うつ薬の代わりに医療現場でも使用されることがあります。

<過去の体験談>

実際に私もうつ病のときに試したことがありますが、

「プラシボ程度以上の効果」

を実感できた経験があります。

その時は、スピリチュアル系のダウンジングで選んでもらい、半信半疑で信じてもいなかったのですが、家に帰って、舌に数滴たらして試したところ、突然物凄い睡魔が襲い、そのまま爆睡状態に陥りました。
昼間の出来事であったのに、起きたら深夜0時になっていたのを覚えています。

起きたときには、長年消えなかったうつ症状の倦怠感がすっかりとれていました。
朝起きるのも辛く、仕事に行くにも重々しい毎日だったのが、楽々起きれて清々しく通勤できていたので

「うつ病が治った」

と思いました。

趣味や楽しみも湧かない状態であったのが、急に子供の頃を思い出し、好きだったプラモデルをつくりはじめるほど充実していたのですが、残念ながら2週間目で切れてしまいます。

また元のうつ病状態に戻ってしまい、再度、別のバッチを処方してもらったのですが、今度はあまり効果がなく、当たり外れが大きい処方であると思い諦めてしまいました。

科学的根拠もなく、予想外の効果であったので、スピリチュアル嫌いであった私も

「スピリチュアルの世界も侮れない・・・」

と思い催眠療法の世界へとのめり込んでいったのですが、実際、こうして完治まで辿りつくことができました。

単なる思い込みで決めつけるよりも、

「騙されてもいいから、とにかくやってみる」

ことが大切だと感じた良い経験でした。

(注:特にスピリチュアルを勧めるものではありません)

2.効果のある症状

ストレス、パニック緩和、うつ病、疲れたときなど

3.手法

使い方は基本的にレメディーを原液で使用せず、薄めて使用します。
飲んで利用する方法以外にも、皮膚に塗って使用するやり方もあります。

3-1.飲料水に入れて使用する場合

<値段>

1種類のレメディーで約2000~3000円程度
自分で38種類のレメディーを揃えると10万円近くかかります。

1.レメディーの選択
そのときのネガティブな感情や気分にあったものを6~7種類以内を目安にレメディーを選択します。
※体調によって効果の効き具合が変わってくるので、「当たりと外れ」の日があります。

2.飲み物に入れる

レメディー1種類につき、ジュースやウィスキーなどの飲み物に2~3滴入れて飲みます。
ウィスキーなどのアルコールにいれると保存が効くため、2週間程度保存できます。

3-2.スプレーにして吹きかけて使用する方法

アロマなども添加し、部屋や自分自身に吹きかけて使用します。

3-3.お風呂に入れて使う方法

お風呂に入れて入浴すると、心地よい時間を過ごせます。

3-4.身体につけてマッサージして使う方法

直接身体につけたり、ジェルやオイル、クリームなどに混ぜてマッサージして使用します。

4.副作用

レメディーの選択性の難しさと、やや高価というデメリットはありますが、抗うつ薬以上の効果でありながら離脱症状、依存症もなく、抗うつ薬よりも安心に行える自然療法といえます。
また、他の療法とも併用されています。

他の精神療法はこちら↓

フラワーエッセンスよりもさらに上の効果を目指すなら

当催眠療法もフラワーエッセンスと同じく、自然療法的に薬のような依存症や副作用もありません。
また、エッセンスの難しい選択の必要がないため、長期的にみてフラワーエッセンスよりも低コストで済ませることができます。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害