Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

精神分析法ー自由連想法

心理療法の種類
sinriryoho

その他の精神療法はこちら↓

1.自由連想法とは

自由連想法とは、精神分析における無意識を意識化する技法で、19世紀末に神経症治療として利用していた催眠療法に見切りをつけたジークムント・フロイトが精神分析手法として開発したものです。

ある言葉、「刺激語」を与えられた時に、心に浮かぶままの自由な考えを連想していく発想法であり、刺激語と連想語の関連を分析し、潜在意識を顕在化する事によって心理的抑圧を解明すると言う手法です。

言いにくいことを口にすることで、抑圧された感情を発散させ、幼少期のトラウマが問題を引き起こしている原因であるということに「気づき」、安堵感やストレス緩和的効果があります。

当初は世間から相手にされず、一人で実践を行っていましたが、次第に海外でも認められ広がっていくようになりなりました。

フロイトの当初の理論は、後に否定されたり、批判されたり、変更を加えられたりしたものが多いのですが、人間の心理を理解する方法として、今でも心理療法の基礎概念とされています。

2.効果のあるとされる精神疾患

トラウマをかかえた神経症治療

3.手法

1.クライアントは静かな部屋で寝椅子に横になり、治療者はクライアントの視界に入らない場所に座る。

2.治療者は「刺激語」を与え、クライアントはその与えられた刺激語をもとに、心に浮かぶままの自由な言葉を連想していきます。
この時、馬鹿げている、恥かしいなどと自己批判しないように、頭に浮かんだことを次々と思いつくままにだしていきます。

(例)
治療者:青色といえば?
クライアント:水

治療者:水といえば?
クライアント:お風呂

治療者:お風呂といえば?
クライアント:熱い

治療者:熱いといえば?
クライアント:火傷

3.途中で途切れたり、つまったりする言葉には潜在意識の抑圧された部分が存在するため、その言葉を中心にしてトラウマを探っていき、抑圧された原因を突き止め解放させていきます。

自己分析だけでは不十分。

実際に、現在ある精神疾患が過去のトラウマと結びついているかというのは本人でもあいまいであるので、赤の他人が「これがただしいトラウマだ」と正確に判断するのは難しいと思います。
ただ、正確性云々よりも、今ある病んでしまった自分になってしまったのも、
「あー、こういうトラウマがあったからだったんだ」
と気持ちは少しは楽になるとは思います。

昔と違い、今なら書籍を読むだけでも、トラウマの原因が分かる時代ですので、トラウマ関連の本を読んで心が楽になったという人も多いのではないかと思います。

ただ、心は気分的に楽になったとしても、精神疾患は治りません。

このフロイトの「目に見えない心」の対処で解決していく療法に対抗して、「目に見える形のもの」で対処していこうと誕生したのが、学習、訓練形式で行う「行動療法」になります。

その他の精神療法はこちら↓

精神=神経と深い関係があることは精神医学の初期の頃からすでに知られていたのですが、この基本的な考え方も心理療法の中では疎かになっています。

本当に精神状態を安定化するには、神経状態を健全な状態にする必要があります。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害