Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

全般性不安障害(GAD)

不安障害・パニック障害
heart-1133761__180

1.全般性不安障害とは

不安は誰もが感じる症状ですが、理由もなく過度な不安な状態が6ヶ月も続き生活に支障がでている症状を全般性不安障害といいます。
1980年以前は不安神経症と呼ばれていたものが、「全般性不安障害」と「パニック障害」に分類されました。
パニック障害が突発的に起こるのに対し、全般性不安障害はいつから起こったのか本人も気づきにくく、得体の知れない不安に襲われます。

他の不安障害では不安や恐怖の対象が限定されますが、全般性不安障害では1つの心配が終わると別の対象に移り変わり、新たな心配が始まります。

全般性不安障害の六割以上はうつ病を併発しているか、または将来発症するといわれています。
また、パニック障害、恐怖症(広場恐怖、特定の恐怖症)も併発しやすく、不安を紛らわすためにアルコール依存症に陥りやすい疾患でもあります。
慢性的な疲労や不安が続くため、無駄な時間を費やし、自分でもなかなかコントロールできない状況が続きます。

2.発病年齢

全体人口の約5%つまり、20人に1人が発症し、女性のほうが男性の2倍ほど高いと言われています。
発病は10代半ばからが多く、どの年齢でも起こりうる障害です。

3.症状

精神状態症状として

・常に心配でたまらない
・疲れがとれない
・集中力がなくなる
・いらいらする
・よく眠れない
・気分が落ち込む
・記憶できない

といった症状があります。

身体症状としては

・頭痛、しびれ感
・肩こり
・筋肉の緊張
・ふるえ、もうろうとする感じ
・めまい感
・下痢
・自分の身体ではないような感じ
・悪寒や熱感
・動悸、息切れ
・のどのつかえ、吐気

などがみられます。

4.原因

何等かの精神的ショック、不安、心配事、悩み、ストレスといった心因的要因で起こることもありますが、そのような要因もなく起こる場合があります。
小児期の逆境や親の過保護などの環境要因や、遺伝要因が指摘されており、過労、睡眠不足といった身体的要因でも発病します。
悩みを抱えやすい人、内向的な人に多いこともあり、長い間無意識に蓄積されたストレスがなんらかのきっかけで引き起こしているとも考えられます。

5.精神医療的治療法

一般には薬物療法(ベンゾジアゼピン系の抗不安薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬:デプロメール、ルボックス、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロ))が行われています。

抗不安薬は、不安や恐怖をおさえる薬で即効性がある反面、長期使用では精神的依存性、眠気などの副作用があらわれるため、一時的に不安を除去する時に使用します。

6.薬を使わず全般性不安障害を改善するには・・・

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害