暗示効果と精神疾患(うつ病など)の関係  ~催眠療法(ヒプノセラピー)についての知識~

催眠(ヒプノセラピー)

0.はじめに

潜在意識の世界に入ると、失神したような状態になり、外界とは閉ざされた状態になります。
その世界は人によってそれぞれですが、存在することは間違いないようです。
潜在意識状態を利用した、催眠術ショーのような暗示は、人によってかかりやすい人、かかりにくい人と個人差があり誰もが簡単にかかるわけではありません。
一般的には、社交的な人はかかりやすく、内向的な人はかかりにくいと言われています。
こういった暗示へのかかりやすさは、表層意識と潜在意識の強さが関わっており、また、性格、生い立ちといった情報なども間接的に知る事もできます。
本ページでは、催眠術による暗示効果と精神疾患との関係についての内容です。

1.表層意識は暗示に対する抵抗力 ~理性の強さが暗示を阻害する~

普段、人間は暗示(情報、人の話しなど)を受けながら生きていますが、すべての情報をありのまま受け入れることも危険を伴います。
暗示は、潜在意識(無意識)に到達することで脳に組み込まれていきますが、その暗示をブロックする抵抗の役割を果たしているのが、表層意識です。
暗示にかけるとき、催眠状態(うたたね)にするのも表層意識のブロックを緩めることで、潜在意識にアクセスしやすくするためです。
表層意識の強さ、潜在意識の強さは個人差がありますが、それが暗示のかかりやすさに影響しています。
表層意識が強い人ほど、前頭前野の働きが強く、暗示に対する抵抗が強いため暗示にかかりにくくなります。

テレビでやってる催眠術ショーのような暗示ってあるの?

テレビにでよくやっている催眠術ショーは、有名人でもだいたいサクラでやっている場合が多いようです。
私の知り合った催眠療法の先生も、テレビにでていた有名な催眠術師のところに弟子入りしたそうですが、実際はやらせで失望した・・と語っていました。
事前にかかりやすそうな人を選抜して、催眠術ショーをやっているもので、誰もがあのように催眠術にかかるわけではないようです。

2.暗示のかかりやすさでみてとれる性格 ~潜在意識はアクティブ、表層意識はブレーキ~

前頭前野の役割は、理性、創造性に関わりがある部分であるため、暗示にかかりにくい人は理性と創造性に富んだ人と読み取ることができます。
また、潜在意識(行動、本能)にブレーキをかける役割を果たしているため、欲張らず、自分をあまりださない消極的な内向的タイプともいえます。
逆にブロックが弱い人は、相対的に潜在意識(本能、感情、記憶、愛情)が強いため、感情、愛情豊かで、行動的な社交的タイプになるといえます。
また、本能も強いため、向上心が強い人がかかりやすい傾向にあります。
潜在意識が強い人は多弁に、表層意識が強い人は慎重で無口になる人が多い傾向になるようです。

3.暗示のかかりやすさで分かる精神疾患との関係~理性の強さが暗示を阻害する~

暗示のかかりやすさから、表層意識や潜在意識の強さを知る事ができるように、精神疾患との関わりについても知ることができます。

表層意識は、防衛反応的な役割を果たすため、サバイバー的な厳しい環境で成長しやすいので、恵まれた環境に育った人よりも、機能不全家庭に育った人のほうが強くなる傾向にあるようです。

そのため、うつ病者、内省的で心の病をもった人ほど催眠術にかかりにくく、一般的な催眠療法では改善効果は得られにくいようです。

4.暗示にかかりにくいタイプの精神疾患(うつ病など)克服法~潜在意識の中核から改善していく~

催眠療法では、催眠術ショーのような暗示にかけることはありません。
強くかかるような暗示はインパクトはあっても、メッキを軽く施した程度で、すぐに戻ってしまいます。
暗示にかかりにくい、精神疾患者ならなおさら効果はありません。

一般の催眠療法は催眠状態で、過去の記憶などを思い出したり、イメージングによって、トラウマ処理を主にやっていますが、精神分析の父であるジークムント・フロイトも断念したように、催眠療法で精神疾患を克服するのは難しいのが現実です。

そのため、当催眠療法では、光と音声、イメージングを利用し、潜在意識の内側から改善していくイメージになります。
具体的には、 トラウマとは、自律神経の乱れと捉え、潜在意識の中核とも言える自律神経中枢から正常な状態にリセットしていくといったものになります。
ですので、催眠効果を利用した、自律訓練と類似した手法になります。

次のお話し

表層意識の強い人でもうつ病を改善可能!

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!