向精神薬の長期服用の影響~症状悪化と離脱症状のメカニズム~

向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

0.はじめに

精神疾患の症状を和らげてくれる向精神薬は、服用初期段階では大変ありがたい存在です。
医師からは、
「副作用もなく、安全な薬です」
と処方され、安心して使ってしまう向精神薬ですが、長期で服用していくと、副作用による症状悪化だけでなく、薬を途中で中断すると現れる離脱症状(禁断症状)が襲いかかります。
離脱症状は、副作用とは異なる、さらに激しく苦しい症状で、一旦、この罠にはまってしまうと、抜け出すことが困難になる症状です。
医師は、副作用だけでなく、離脱症状のことについては全く知らせてくれません。

この離脱症状のせいで、薬の呪縛から抜け出せなくなり、永久に服用を余儀なくされ、次第に脳がじわじわと破壊されていくのが向精神薬の恐ろしいところです。
それは、信頼されるような医師が処方するものであることと、マスコミによる
「安全であり、安心して使用できる」
といった刷り込みであることから安易に服用してしまうため、危険とされる麻薬や覚せい剤の使用よりも恐ろしい存在と考えることもできます。
精神疾患を治してくれるであろうと期待していた向精神薬も、いつのまにか、薬との格闘になっていきます。
この悪魔のような離脱症状が、長期服用していくとなぜ起こるのか、神経細胞の働きの観点からみていきます。

1.向精神薬の作用機序

向精神薬(抗精神病薬、抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬など)は、脳内の神経細胞間の情報伝達を担う神経伝達物質の機能を促進、抑制することで、精神状態をコントロールする薬です。
薬の種類によって、制御する神経伝達物質の種類は異なります。

・抗精神病薬(統合失調、双極性障害用)・・・ドーパミン抑制
・抗パーキンソン病薬・・・ドーパミン促進
・抗不安薬、睡眠薬(不安を静める、不眠症)・・・ドーパミン、ノルアドレナリン分泌抑制
・抗うつ薬(うつ病)・・・トランスポーター阻害しセロトニン、ノルアドレナリン分泌促進

詳しい作用機序については、こちらをご覧ください。

2.向精神薬を長期服用するとなぜ悪化するのか?

例えば、睡眠薬、抗不安薬に含まれるベンゾジアゼピンは、脳内のGABA神経細胞間に存在する、ベンゾジアゼピン受容体上の結合サイトに付着することで、GABAの活動を腑活しノルアドレナリン、ドーパミンを抑制することで鎮静効果を高めます。

しかし、長期服用すると、しだいに脳は
「GABAが過剰になっているのではないか?」
と判断し、受容体の数を減らしていきます。
その結果、脳のGABAへの感度が全般的に低下、つまり興奮性が高まっていくため、ストレスに対する感度が増大した状態におかれていくことになります。

受容体数の減少につれ、薬の効果も実感できないようになり、処方量が増えていきます。
また、ストレスに対する感度が増大し交感神経が高ぶることで不安が強くなり、動悸、パニック状態、対人恐怖といった症状を引き起こす可能性も高まってきます。

抗うつ薬の場合も同様に、受容体の数が減少することで、セロトニン、ノルアドレナリンの減少が顕著になり、鬱症状の落ち込みがひどくなっていきます。

抗精神病薬はドーパミンを抑える薬ですが、統合失調症者の場合、ドーパミンが過剰になっているという仮説に基づいて処方されています。
抗精神病薬の場合は、
「ドーパミンの量が減少していないか?」
と判断し、睡眠薬、抗うつ薬とは反対に受容体を増やしていきます。
結果的に、ドーパミン過剰状態が起こり、統合失調症の症状を増進していくことになります。

最初の頃は向精神薬の効果は高く、症状を和らげてくれるため、
「薬を飲めば治る」
と勘違いしてしまいがちです。
症状が悪化しても、それがストレスの強さや、精神疾患の症状であると思い込み、薬自体による症状の悪化に繋がっていることに気づいていない方も結構多いようです。

また、本来なら精神疾患でもないのに長期服用すると、本当の精神疾患になるのも、この受容体の増減と関わっています。
初めは適応障害、不安障害、抑うつ、ただの過労といった軽い診断だったのが、ただの薬害であるのに
「実は双極性障害だった」
「統合失調症だった」
と誤魔化され、さらに薬が追加されているケースが多くみられます。
かつて先天的、かなり稀なケースと考えられていた 双極性障害、統合失調症も2000年前半はほとんどみかけませんでしたが、いまや普通に増え続けているのは、ただの薬の長期服用による影響がほとんどなのでしょう。

3.急に服薬を中断すると危険な理由

薬がどんどん追加され、
「症状がよくなるどころか、悪化している・・」。

必ずといっていいほど様々な副作用が起こり悪化することが多い向精神薬ですが、その原因が薬によるものであることが分かると、いざ断薬することを試みる方もいます。
しかし、向精神薬は、薬を途中で急にやめてはいけません。

薬に慣れてしまった段階で急に止めると、副作用の症状とは異なる激しい離脱症状が襲ってくることが多いからです。
薬の処方量が少ない、処方日数が短い時は、すぐ止めることが出来る場合もありますが、大体の人は医師の言葉を信じてしまうため、服用を続けてしまいます。
離脱症状が襲ってくるようになると、その苦しさから1日耐えることも辛く、寝たきり状態になることもあります。
精神疾患そのものの症状よりも薬の服用のせいで、仕事や家庭を失う方も多いのです。

なぜ、離脱症状が起きるのか?
それは、長期服用の結果起こる、受容体の増減、機能異常が起こっているためとされています。
受容体の数は、薬に慣れた状態に適応した数であるため、急に薬が切れてしまうと、急激に受容体の数は変化できないため暴走してしまいます。
急な減薬は、飛行機がエンジンを切って急降下するハードランディングのような危険行為です。
その影響は、薬の量に比例していくため、服薬期間が長い人ほど注意が必要です。

4.減薬はゆっくりと行う理由

長期服用により損なわれた受容体の元での急激な断薬は、激しい離脱症状を生じるため、離脱時は、飛行機がソフトランディングするように、薬の量を減らし、受容体の回復を期待しながらゆっくりと行うことが大切になってきます。

「薬が精神疾患を治療する」
というイメージをもっている方は、
「薬を減らすことで症状が改善される」
と思考を転換していくことが必要です。

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!