時代は繰り返す!向精神と麻薬の歴史 ~精神医療の闇~ 

精神医学の闇

~0.はじめに~

前回のお話し

さて、今回から精神医療の話しについてまとめていきたいと思います。
世の中、裏と表で成り立っているように、精神医療も裏を返せば、どろどろとした世界が見えてきます。

現代精神医療の主流の治療法は、向精神薬(抗うつ、抗精神、抗不安薬)を用いた投薬療法です。
最初の向精神薬は、アルコールであったと考えられていますが、他にも、アヘン、大麻といった植物も利用されていました。
近代以前の向精神薬としては、1850年代に臭化カリウムなどが不眠症に用いられるようになります。
過去の向精神薬の歴史を見てみてみると、すべて現在では禁止されている麻薬、覚せい剤がほとんどで、副作用の危険性が軽くなっているだけにすぎないことが分かります。
当時は「安全」を売りに出していたものが、後に危険とされる歴史は、現代の向精神医療も同じことを繰り返しているに過ぎないことが見えてきます。

~1.近代以前の麻薬の歴史~

麻薬の歴史は古く、6000年以前まで遡ります。
古代バビロニアではケシを「歓喜の植物」と呼び、乳液にして飲んだり、乾燥させアヘンとし快楽を高めたり、負傷した時、鎮痛剤として使用されていました。
アレキサンダー大王の遠征時には、兵士達はアヘンを食べて勇敢に戦い、致命傷を負っても痛みを感じることなく命を落としていました。
ケシの実は亜熱帯地方で栽培が広がり東洋ではインドでも栽培されるようになります。

ケシ

西暦150年頃にはアヘンの危険性が指摘されるようになりますが、当時は麻酔がないため、治療のためには一般的に用いられていました。
15世紀末、スペインはアラブ諸国を排除しますが、アヘンはアラブ貿易で流入していたため、別の入手ルートを模索しはじめます。
1492年、スペイン王がアヘンを持ち帰らせようとコロンブスにインド派遣を命じます。
しかし、コロンブスはインドに到達できず、アヘンを持ち帰ることはできませんでしたが、新大陸で「タバコ」を持ち帰ります。
そして、時代とともにタバコにアヘンを少量混入して吸う吸引法が流行するようになります。

~2.アヘン貿易と裏の世界の構築~

19世紀になると西洋列強時代の到来とともに、アヘン貿易も盛んになってきます。当時、イギリス、インド、清の間には三角貿易が行われていたことはよく知られていると思います。
当時のイギリスは、茶、陶磁器、絹を大量に清から輸入し、イギリスから清へ輸出されるものは時計や望遠鏡のような富裕層向けの物品はあったものの、大量に輸出可能な製品が存在せず、イギリスは大幅な貿易赤字となっていました。
その赤字解消のために、植民地のインドで栽培したアヘンを清に輸出し、その対価として銀で支払わせることにしたため、清では銀の大量流出とともにアヘン中毒者が蔓延することになります。
清では、イギリスから輸入されたアヘンを焼却し抵抗するなどしたことがきっかけで、1840年から2年にかけ「アヘン戦争」が勃発します。

20110724231836cda


これに清が敗戦すると、列強国は清に進出していくとともに植民地化とアヘン貿易が活発化していくようになります。
ヨーロッパではすでに資本主義社会となっていたため、植民地化とともに多くの企業も清に進出していきます。
ロスチャイルド、ジャーディン・マセソン商会、インドのサッスーン財閥、アメリカのラッセル商会等々は、アヘン貿易により、アヘンを清に蔓延させるとともに莫大な資金を獲得し、現在にまで至る大企業、銀行、大学といった機関を次々と創設します。

特に、アメリカのアヘン輸入専売会社であるラッセル商会は、アヘンと中国人奴隷の輸出入業社で、アヘン常用者の中国人苦力(クーリー)を奴隷としてアメリカに運びました。
1846年には既に約12万人のクーリーが、ハリマン鉄道の西方延長工事に従事させられていました。

ラッセル商会の役員には現代の名門家と言われる者が多く、ラッセル一族のノディア・ラッセルはアヘン資金でエール大学を創設します。
後にアメリカ大統領を輩出するブッシュ一族はトルコのアヘン農園を保有しドイツのゼボッテンドルフ一族に経営を任せていました。
これが後にドイツでトゥーレ協会を結成し、ナチスへと発展していきます。
また、この農園を警備していたのが後にアルカイダとなります。
また役員の一人ジョセフ・クーリッジは南米でバナナ農園を開園しますが、奴隷監視のためにつくった組織が後にCIAとなります。
実はアメリカという国家の実体は多くはアヘン貿易で富を得て成長した国家ともいえます。

中国の広東で、阿片と中国人奴隷の輸出入を担当した取締役が、ウォーレン・デラノで、そのデラノ一族は阿片の利益で大統領を輩出しますが、その大統領が第二次世界大戦中のフランクリン・D・ルーズベルトです。
大統領は、中国の阿片・奴隷密売人のウォーレン・デラノの孫にあたります。
日本の土佐出身ジョン万次郎は漁中に嵐にあいアメリカの捕鯨船に助けられアメリカに渡りますが、ウォーレン・デラノの援助のもとアメリカで成長します。
黒船で有名なペリー提督はデラノと親友です。相関図
実は日本の開国はジョン万次郎を最初に帰国させた後、2年後にペリーが出向いて行われたもので、ジョン万次郎はスパイではなかったのかということも疑われています。
近代の歴史の裏を紐解いていくと、実は麻薬と深い関係が浮き彫りになってきます。

~3.近代の麻薬の歴史~

1835年 精神病という名称がつくられる。
1859には、ハインリッヒ・ノイマンが、精神病はそれ以上に分類できず単一であると主張

1861年アメリカで南北戦争が勃発します。アヘンから抽出された「モルヒネ」は1804年に鎮痛催眠薬として開発されたものですが、この南北戦争では兵の手足の切断手術などのために麻酔として用いられました。その結果40万人のモルヒネ中毒が蔓延することとなります。

1884年 1855年にドイツのフリードリヒ・ゲードケが南米で採取されるコカの木からアルカロイド(天然の有機化合物)の抽出に成功し後に「コカイン」と命名されます。
精神分析者のジークムント・フロイトはこれを「精神の病だけでなく、あらゆる病気に効き、しかも中毒性がない万能薬」と論文で多数発表し、コカインの使用者がヨーロッパ全土に広がりコカイン中毒者が蔓延する事態となります。裏では製薬会社メルク社とパーク・デーヴィス社から資金提供を受けていた事実があります。

1886年 この薬物の評判を聞いたジョン・ペンバートはコカの葉を原料とした清涼飲料「コカ・コーラ」を開発して大人気を評し20世紀まで販売されていましたが、その中毒性が確認されてからはカフェインが用いられるようになります。
1903年当時はモルヒネ中毒にも効用があると信じられていましたが、結果的にコカイン中毒を招く結果となってしまいました。

1885年 薬学者長井長義が「麻黄」から覚せい剤原料となるエフェドリンの抽出に成功します。日本国内ではアヘンは蔓延しませんでしたが、この発明がきっかけで日本にも戦前から戦後にかけ「覚せい剤」中毒が蔓延することになります。

1889年にドイツのバイエル社が商品名「ヘロイン」が発売されます。
どのような病気にも効く、副作用のない奇跡の薬
としてモルヒネに代わる依存のない万能薬のように国際的に宣伝され、医師と薬局から無制限に市場に流れることとなります。

特記

1899年にエミール・クレペリン、精神病を、統合失調症と躁うつ病(今で言う双極性障害)とに二分。

~4.日本における覚せい剤の広がり~

1941年 大日本製薬(現:大日本住友製薬)からメタンフェタミン製剤「ヒロポン」、武田薬品がアンフェタミン製剤「ぜドリン」として発売します。前者のほうが使用者が多く、戦前戦中に使用され、中毒者は「ポン中」「シャブ中」と呼ばれました。

基本的にこの覚せい剤の作用が、現代の抗うつ薬と同じ作用機序になって使用されています。

第2次世界大戦中
工場作業員には覚せい剤は配布され、10時間以上の強制労働を強いられることになります。戦闘兵には疲労回復、士気向上、視力向上目的などで、パイロットに重点的に配布され、「ヒロポン入りチョコレート」といったものまで登場します。

戦後は覚せい剤の乱用期が大きく3つ存在し、第一次~第3次乱用期と呼ばれています。

第一次乱用期・・・終戦直後の混乱期
戦地からの引揚者や不定期労働者、学生、一部の芸術家や芸能人、暴力団、水商売の女性などの比較的限られた人々が乱用。
1951年 日本で「覚せい剤取締法成立」

第2次乱用期・・・1960年代半ば(昭和40年代)~1988年(昭和63年あたり)
健全層と呼ばれる主婦やサラリーマンまで乱用が広がったことが特徴。

第3次覚せい剤乱用期・・・1998年~ 
未成年者、中・高校生の乱用の急激な増加に特徴。

次のお話し

向精神薬はなくてもうつ病は克服可能!

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!