Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

意識の成長に伴う悩みの増幅と改善法 催眠療法(ヒプノセラピー)についての知識

催眠(ヒプノセラピー)

1.悩みとは

人間なら誰もが持つ悩み。
人はなぜ悩むのだろうか?

動物と異なり人間の脳は大脳(大脳新皮質)が発達している点にあります。
大脳新皮質の発達は、人に知恵、理性の力を与え文明の発達や集団秩序を維持する恩恵を与えてきました。

しかし、一方で、あらゆるものすべてに長所・短所があるように、「悩み」さらには「心の病」という短所を授かった動物でもあります。
つまり、「悩み」というのは動物本来がもつ潜在意識(本能・感情)と表層意識(理性)との間にあると考えることができます。

悩み

2.成長するとなぜ悩みをかかえるのか?

子供の頃は学校で先生に叱られても、家に帰るとケロっとして怒られたことも忘れて遊びに夢中になっていた。
そんな経験はないでしょうか?
大人になると、上司に叱られるといつまでも引きずってしまう人と、気にしない人がいます。

その違いも生い立ちによるトラウマや意識の形成と関わっています。

子供の頃はまだ大脳新皮質の発達が未熟でもあり、記憶はほぼ大脳辺縁系(にある海馬)に保存され、嫌な記憶も心の傷(トラウマ)として蓄積されやすいとも考えられます。
表層意識は身を守るガードの役割を果たしますが、表層意識の発達していないときのストレスは、潜在意識にかかりやすい未防備の状態であるため、育成環境が悪いとトラウマによるダメージを受けやすく、性格形成にも影響してしまいます。

また、小さい頃は多くの人がわんぱくであり、外にでて遊ぶ子供達も多いと思いますが、傷ついてトラウマを多く受けてしまうと、潜在意識の力が弱くなり、大人になって成長していく表層意識の自制心、抑制力に押されてしまい、しだいに行動力が鈍り、内向的で反省的な大人へとなっていきます。

大人になってあまり悩まない人というのは、トラウマを受けることが少なかった人であり、悩みをかかえやすい人は育成環境の運が悪くトラウマを多く背負ってしまった人になります。

%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e6%82%a9%e3%81%bf

3.催眠術と潜在意識の強さとの関係

催眠術は暗示で人を誘導する手法ですが、表層意識、潜在意識の強さは催眠術のかかりやすさで知る事ができます。
また、精神疾患と暗示のかかりやすさも関係があります。

一般には外交的でおしゃべりな人は暗示にかかりやすく、内向的な人は暗示にかかりにくいと言われています。

精神疾患にかかっている人は警戒心が強く、よく考え事をしているので、抵抗力である表層意識が発達し、暗示にはかかりにくい傾向にあるようです。

私の世話になったプロのセラピストの方の話を聞いたところ、催眠術のかかりやすさによって、その人の生き方、性格、特性など様々なことが分かると語っていました。

表層意識、潜在意識の強さは、催眠術のかかりやすさによって知ることができますが、逆に精神疾患の症状、自己愛の強さ、生い立ち、表情などからも間接的に推測することができるのです。

(例えば、ASDタイプとADHDタイプではADHDタイプのほうがかかりやすい。)

一般的に潜在意識が強いと良いイメージに思えますが、
「洗脳されやすい、騙されやすい」
という危険性もあるので注意が必要です。

※自己催眠療法は、催眠術ではありません。

4.うつ病等を克服していくには

うつ病等の精神疾患の克服、ストレスを軽減していくには潜在意識を高めていくことが必要になってきます。

潜在意識とは、記憶、感情、本能(愛情)で構成されており、それらは脳機能の海馬、扁桃体、視床下部といった器官に該当します。

記憶=>海馬
感情=>偏桃体
本能(愛情)=>視床下部

海馬はストレスに弱く、うつ病者の海馬は萎縮してしていると言われていますが、運動をすることで回復することが知られています。

また、扁桃体の安定化にはマインドフルネスが効果的と言われています。

視床下部は自律神経中枢部で、ストレス信号の集約される部分であり、健康面、精神面に大きく影響する部分ですが、自己催眠療法で機能を回復していくことが可能です。
主にこれらの部分を鍛えていくことで、憂鬱感、疲労感等を軽減しストレスに対し強い健康体にしていきます。

記憶=>海馬⇒運動で克服
感情=>偏桃体⇒マインドフルネス
本能(愛情)=>視床下部⇒自己催眠療法

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害