Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

精神疾患(うつ病、双極性障害等)と投薬療法① ~神経細胞と神経伝達物質~ 

向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

0.はじめに

現代の精神医療の主要な治療法である投薬療法は 、神経細胞間に存在する神経伝達物質を制御することで行われています。
一般的には、モノアミン(セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなど)神経伝達物質が減少することで精神疾患(うつ病、双極性障害、統合失調症)が起るといったモノアミン仮説が流布されていますが、いくつかの論文などで過去何度も否定されつづけている仮説です。

実際、投薬治療は一時的に精神安定状態をもたらしますが、長期服用すると離脱症状や副作用を起こし害にしかなりません。

投薬治療は一時的な痛み止め効果の対処療法であって、治療薬で、その危険性を知っておく必要があります。

1.神経細胞(ニューロン)

人の細胞は大人で60兆個あると言われています。
脳もニューロンと呼ばれる神経細胞と、神経細胞を除いた細胞の総称であるグリア細胞の2種類でつくられています。

さらにグリア細胞は、
「アストロサイト」「オリコデドロサイト」「ミクログリア」
の3種類があります。

1-1.グリア細胞

アストロサイト・・・日本語では星状膠細胞と訳されるように、星状の形態をしています。神経伝達物質の取り込み、シナプス周辺のイオン環境の維持、血液脳関門の役割などその役割は多く神経の生存環境の維持に関わる主な細胞です。

オリコデドロサイト・・・神経伝達速度を上げるため、神経細胞にまとわりつくようにミエリン鞘を作る細胞です。

ミクログリア・・・損傷を受けたニューロンの除去や修復機能など弐かかわります。

1-2.神経細胞の構造

神経細胞の数は大脳で数百億、小脳で800億個以上という膨大な神経細胞同士がつながり合って脳内でネットワークを形成しています。

神経細胞は、中心に細胞核を持つ細胞体とその周囲から伸びる樹状突起と細長い1本の軸索で構成されています。

樹状突起は他の神経細胞からきた情報を受け取る部分で、軸索は他の細胞に情報を送る役割をもっています。その情報は電気信号で送られるため、漏電防止で軸索にはミエリン鞘と呼ばれるオリコデドロサイトによってつくられた脂肪で被われています。

軸索の先端は枝分かれし、シナプスと呼ばれる他の神経細胞とのつなぎ目部分があり、その先端で神経伝達物質を放出して他の細胞に電気信号として情報を伝えます。

2.シナプス

神経細胞同士のつなぎ目をシナプスといいます。

受け手と送り手の間のつなぎ目の間は数万分の1mmサイズの電子顕微鏡でしか確認できない隙間が存在し、これを「シナプス間隙」といいます。

神経細胞は電気信号で情報を伝達していますが、このシナプス間隙は電流が流れません。その代りに「神経伝達物質」という化学物質でやりとりを行っています。

シナプス概略図

3.シナプスにおける神経伝達物質の役割

神経細胞の軸索を経由してきた電気信号がシナプスに到達すると、シナプス小胞に保管された神経伝達物質が放出されます。

放出された神経伝達物質は、シナプス間隙を伝達し他細胞へ到達すると電気信号へ変換されます。
ここではそのプロセスについて詳しく説明していきます。


①軸索から電気信号流入
軸索からシナプスに通ってきた電気信号が到達すると、シナプスに電位差が生じる。
②カルシウムイオン取組み
シナプスに生じた電位差により、カルシウムイオンがカルシウムチャネルを通ってシナプス内に流入。
③シナプス小胞開口
カルシウムイオンはシナプス小胞に刺激を与え、開口して神経伝達物質をシナプス間隙に放出。
④神経伝達物質の伝達
神経伝達物質は他細胞にある受容体(レセプタ)に到達し、シナプス間隙にあったナトリウムイオンなどがレセプタ内に取り込まれ他細胞に電気信号が流れる。
⑤神経伝達物質の回収
受容体に到達した神経伝達物質はトランスポーターに回収され、再度シナプス小胞内に貯蔵される。

シナプス

4.神経伝達物質の種類

精神疾患に関わる代表的な神経伝達物質として、

セロトニン
ノルアドレナリン
ドーパミン

があります。これらを総称してモノアミンといいます。

セロトニン、ノルアドレナリンはうつ病やパニック障害、ドーパミンは統合失調症などが関わっているとされたモノアミン仮説が1950年代から提唱されてきました。

抗うつ薬、向精神薬などはこの仮説を根拠として開発が進められてきましたが、1970年代からすでに否定され続けてきた仮説であって、海外の製薬会社は利益よりもリスクのほうが大きいとして研究を撤退していっています。

うつ病等精神疾患の原因とされる仮説の種類 (モノアミン仮説、HPA仮説など)

未だ日本国内では、投薬治療の安全性が掲げられていますが、情報に惑わされぬようにする注意が必要です。

5.再取り込み阻害薬(SSRI)とは

現在の投薬療法は、
「うつ病は、シナプス間隙の神経伝達物質(セロトニン)が減少することで精神状態が不安定となり発症する」
といったモノアミン仮説によるものが基本となっています。

抗うつ薬としてもよく使用されるSSRIは、トランスポーターを阻害することで、シナプス間隙の神経伝達物質濃度が減少することを防ぎ、受容体(レセプタ)に神経伝達物質が当たる確率を高めることで電気信号(精神状態)を高めていく作用があります。

しかし、投薬療法は一時的に濃度を高めているだけの対処療法であるので、効果が弱まると元の精神状態に戻っていきます。
麻酔のような痛み止め効果のようなもので、実際SSRIは痛み止めとしても利用されることもあります。

そのため、真正のうつ病であるなら精神状態を維持するには飲み続けていく必要がありますが、次第に離脱症状や副作用がでてきて症状は重くなっていきます。

もちろん、うつ病までとはいわず、軽いうつ状態である人が飲み続けると症状を悪化させていきます。特にSSRIは腑活症候群(アクチベーション・シンドローム)という、リストカット、自傷行為、自殺行為、パニック障害を引き起こすこともあるので安易な服用は慎むべきだと思います。

Mind Createの自己催眠療法なら、真正の治りにくいうつ病でも短期で改善可能です。

自律神経中枢から改善していくので、投薬療法よりはるかに安全、確実に効果が実感できます。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。