Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

メンタル改善~自己催眠療法を利用して、パニック障害、過呼吸症候群・広場恐怖を克服する手順~

メンタル改善プログラム

1.パニック障害、過呼吸症候群、広場恐怖について

パニック障害は、何等かのショックで起こることや、抗うつ薬の服用で発症し、近年増加傾向にある症状の一つです。

パニック障害は、特に身体の病気がないのに、突然、動悸、呼吸困難、発汗などのパニック発作を繰り返し、そのため発作への不安(予期不安)が増して、外出が困難になる症状です。

電車や飛行機などの乗り物にのったときや、人ごみの中にいるときに発作を起こす広場恐怖症にも繋がります。
以前は、不安神経症、自律神経失調症の一つに考えられていたように、自律神経と深い関わりがあります。
パニック障害の方は、発作を起こしている時以外に、自律神経失調症になっており、特に病気でもないのにあまり体調が優れない場合が多く、普段から緊張や不安が強く、疲れやすかったり、肩こり症腰痛になる人が多い傾向にあります。

また、パニック障害をもっている人は、過呼吸症候群を併発している人も多く、特に不安や緊張がない普段の呼吸も浅くなっており、呼吸だけでも神経や筋肉の負担になっています。
そのため、特に、肩や肩甲骨周辺の可動が狭くなり、肩こり症を引き起す原因ともなります。

うつ病と同様、服薬と休養では治りませんが、自然経過で変動があり、一時的に回復するため、それを治った、寛解したと考えるようです。

自己催眠療法を行うと、パニック障害以外にも、過呼吸症候群、自律神経失調症、肩こり症、広場恐怖症などすべての症状は短期で解決できます。

ほとんどの方はだいたい、1~2回行っただけで、電車などには乗れるようになっています。
5回目の催眠療法で1人で海外旅行にいけた方も!

自己催眠療法は、うつ病以外にもパニック障害にも即効性があります。

2.克服までの流れ

では、パニック障害の克服手順について書いていきたいと思います。

2-1.自己催眠療法を実践

まず、最初に自己催眠療法を1週間間隔で実践していきます。
自己催眠をする時間は90分間と長く感じますが、やっていくうちに心が落ち着き、だんだん眠気が襲って、気持ちよくリラックスした状態になっていきます。

1回終わっただけでも、気分は大分楽になっていると思います。
外に出られるようでしたら、外に出てみましょう。

最低1週間間隔で、5回は実施してください。

最初のうちは不安でいっぱいかもしれませんが、もし、途中で発作が襲ってきそうな不安感が襲ってきても、
『パニック発作がくると不安だ』
と思わずに、逆に
『パニック発作起こってくれないかな?』
と思って鼓動を観察するようにしてください。

普通の思考と逆にすることで、落ち着いて冷静さを取り戻してきます。
(逆説的思考法を利用)

2-2.外にでる練習をする(広場恐怖症のある方)

広場恐怖症で外に出られない方は、体調が整い不安がなくなってきたら外にでるようにしましょう。
最初は近場を目的地として、だんだん遠距離まで出かけるようにしていってください。


1週目:終わったら近所の駅まで歩く。
   (不安だったら最初のうちは誰かに付き添ってもらいましょう。)
2週目:1人で電車に乗ってみる。
3週目:1人で新幹線に乗って旅行する。

もし、歩いている時や電車の中で不安になってきたときは、ここでも逆説的思考法を利用し

『パニック発作起こってくれないかな?』

と、胸に意識を向け観察するようにしてください。

2-3.ストレッチでメンテナンス

自己催眠療法が終わった時点で、肩こり症、不安感、緊張感がかなり解消できるのですが、肩甲骨や首回りの筋肉状態の硬直は、残念ながらすぐに解消はできません。

パニック発作の再発や、さらに緊張感をほぐすには日頃から肩甲骨周りのストレッチ運動を心掛けていくといいでしょう。

緊張感、不安感と身体のかたさは密接な関係があるので、身体がほぐれ、呼吸が楽になってくるとリラックス感がさらに高まり、緊張感がより一層解消されていきます。

※メンタル改善プログラムでは効果的なストレッチ方法も紹介しています。

自己催眠療法

 


Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP、発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。


>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について



うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症、不眠症