Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

パニックとうつ病が同時にでるケース

生い立ちと精神疾患

厳格な父親の躾け⇒努力しても褒めてもらえない⇒反抗・家出⇒うつ病⇒パニック⇒広場恐怖症

私は、会社経営の厳格すぎるほどの父と影の薄い母親の元育つ。
父親は絶対自分が正しいと思っており、家庭は父親のエゴに支配されていた。
ほめられようといい成績や賞状を努力してとったときも褒めてもらえない。
鬱憤や不満を胸の内に抑え込み、もし口答えしたら思い切り張り倒された。
見返し、復讐してやろうと復讐にも似た感情で頑張ったが、報われることもなく、ついに爆発し家出することになる。

その後会社を立ち上げ、上手く軌道に乗っていたが過度の投資で資金操りが厳しくなってきた。
銀行ではどこも断られ、恥を忍んで、絶交していた父親に頼み込んだ。
久々に会うと、父は勝ち誇ったような顔で、母親がさかんにとりなしてくれたが断ってきた。
頭に血がのぼり、父親の顔を思い切りなぐり家を飛びだした。

しかし、後日、口座に父親の金が振り込まれ、負けたと感じ、倍になって抑圧やあるマイナスの感情が襲いかかった。

その後、会社の問題・夫婦間の問題・子供の問題・・・様々な難問が一気に襲いかかり、うつ病、パニック障害に同時にかかってしまう。

心療内科を転々とし、一方で瞑想なども実践する。
瞑想で、宇宙的な変性意識を経験するが期待外れに終わり、心療内科に通院することに。
しかし、次第に薬の副作用がきつくなっていった。
電車に乗っているとパニック発作が起こり、電車に乗ることも怖くなり、電車に乗れない恥ずかしさで劣等感と自信喪失に陥り広場恐怖症となってしまう。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害