月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)

精神障害種類
heart-1133761__180

1.月経前症候群(PMS)/月経前不快気分障害(PMDD)とは

女性の生理3~14日前に精神的に不安定になりますが、この精神症状を月経前症候群
(PMS:PreMenstrual Syndrome)といいます。

月経前不快気分症(PMDD:Premenstrual Dysphoric Disorder)とはPMSの症状が重いもので、イライラ、変わりやすい気分、不安といった精神症状、また睡眠や食欲に変化があり日常生活に大きな影響を及ぼす精神障害です。

2.発症

月経のある女性の50~70%がPMS症状に苦しみ、約5%の方がPMDD症状で悩んでいるといわれています。
PMDDは、PMSと同様に生理3~14日前に症状が現れ、生理がくると数日で治まるのが特徴です。

3.症状

PMDDは精神症状が非常に強く出現し、生理前になると攻撃的、暴力的、あるいは自殺願望や自傷行為を引き起こしてしまうことがあります。

家庭不和や離婚に発展するケースもあり、同じ女性同士でも理解されにくいほど重篤な場合があります。

3-1.身体の不調

  • 乳房が張る、痛い
  • 下腹部や腰が痛い
  • 頭痛
  • のぼせる
  • むくみやすくなる
  • すぐ眠くなる、倦怠感がある
  • ニキビが出る
  • 食欲増進 など

3-2.精神の不調

  • 悲しみ、絶望感、時に自殺念慮
  • 緊張感、不安感
  • パニック発作
  • 焦燥感、動揺、涙もろくなる
  • イライラ、怒り、対人的衝突
  • 集中力低下
  • 疲労感
  • 過眠または不眠
  • 自分を制御できない感じ

4.なりやすい人

ストレスをためうつ病になりやすいといわれる、真面目、大人しい、几帳面といった性格に当てはまるケースが多い傾向にあるようです。
機能不全家庭など育成環境とも関わりが深い可能性があります。

5.精神医療での治療法

一般的にはSSRIが用いられていますが、一時的に症状を抑える薬でPMDDを改善させる効果はありません。
うつ病者以外の人が使うと、セロトニン濃度が高まり、セロトニン症候群、アクチベーションシンドロームなどの副作用がでて、攻撃性、自傷行為を高めて逆効果になる可能性が高くなります。

6.PMDDの改善には

PMDDはストレスにより自律神経が乱れ、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌過不足によるものと考えられています。サプリメントではチェストベリーなどが効果的とも言われています。

また、症状はうつ病と似たようなもので、自律神経を整える事で改善できます。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害