人間らしさの理性と創造性に関わる大脳新皮質の働き ~催眠療法(ヒプノセラピー)についての知識~

催眠(ヒプノセラピー)

0.はじめに

前回のお話し

これまで、潜在意識、表層意識に関わることについてお話をしてきましたが、これらを形成する脳の働きについて今回から説明していきます。
人の脳は、脳脊髄液という液体とともに頭蓋骨の中にすっぽりと収まっています。
大きく大脳、小脳、脳幹の3つの領域で構成されていますが、そのうち表層意識に関わる部分が大脳と脳幹の部分になります。
大脳は脳の外側を覆う領域、脳幹は脳の内部にありますが、その中間には多くの器官で構成される大脳辺縁系と呼ぶ領域が存在します。
表層意識は、脳の大脳部分、潜在意識は内部領域の働きが関わっているとされています。
今回は、大脳の働きと、表層意識に関わる大脳新皮質の構造と機能についてのお話です。

1.大脳の構造と働き方~右脳と左脳について~

大脳は人の脳において発達した、最も大きな部分で、表面の大脳新皮質(大脳皮質)、白質、大脳基底核で構成されています。
大脳の外観は、カリフラワー状のピンク色かかった灰色をしており、かためのゼリー状程度の軟らかさをもっています。
右脳(右大半球)と左脳(左大脳半球)に分かれ、それをつなぐ脳梁の上に乗っかるように覆いかぶさっています。

脳は主に神経細胞とグリア細胞でできています。(グリア細胞とは神経細胞以外の細胞の総称)
表面の数mm程度の厚さの領域に多くの神経細胞が密集し、この領域を大脳新皮質といい、いくつかの領域に分かれて役割を分担しています。
大脳は脳で占める体積割合が大きいですが、内部のほとんどは脂肪でできています。

1.1 右脳・左脳の役割

右脳と左脳の脳は、言語を司る言語野という領域が左右どちらかに偏って分布しているといった違い以外、構造的には大きな差異はありません。

それぞれ独立した意識をもって働いており、お互いが連携しあって機能しています。
右脳には、直観、イメージ、感情的な非言語コミュニケーション機能、左脳には計算、論理、分析といった言語コミュニケーション的役割があるとされています。

そのため、右脳は感性豊かでクリエイティブ、左脳は論理を重んじ理論派という俗説が広く知られるようになりました。

感受性の強い人を指すHSP(Highly Sensitive Person)の子供は先天的に、右脳の働きが活発だと言われています。
また、右脳は左半身、左脳は右半身を対角線上にコントロールし、ています。

1.2 男女間差の脳の働き

男女間において脳の構造に違いはありませんが、情報伝達のネットワークに違いがあることが近年の研究でわかってきています。
男性の場合は、右脳内、左脳内で広範囲領域に渡って情報の処理がなされているのに対し、女性の場合は、前頭葉で右脳、左脳の間で情報のやりとりをしている傾向にあります。
男性は、例えば、道に迷いにくかったり、迷路を解くのが得意といった「空間認知能力」が高く、女性の場合は、表情やしぐさ、身振りなど言葉以外の「非言語コミュニケーション」が得意といった機能の違いが明らかになっています。
とはいえ、ASD(自閉症スペクトラム)の女性は男性脳的で、道に迷わない人が多いと言われているのも、情報のネットワークが男性よりになっているのからかもしれません。

2.大脳新皮質(大脳皮質)とは~神経細胞の密集地帯~

大脳新皮質は灰白質の領域表面1.5~4㎜程度の薄い層で神経細胞が密集した大脳表面を覆う組織です。
神経細胞は規則正しく整列し六層からなる層状組織を形成し、知覚、随意運動、思考、推理、記憶など、脳の高次機能を司っています。
また、神経細胞は細胞体からケーブルのような軸索が伸びた形状をしており、「神経細胞(ニューロン)とシナプスの項参照」軸索に電流が流れることにより情報を伝達しています。軸索にはミエリン鞘と呼ばれる脂肪で被覆され電流が漏電しないような仕組みとなっており、大脳内部のほとんどはこのミエリン鞘と呼ばれる脂肪からできています。

3.大脳新皮質の各領域~4つの葉領域~

脳の大部分を占める大脳表面は、大脳新皮質で覆われています。
大脳新皮質にはいくつかの溝があり、特に大きい溝は出来る位置が決まっています。
大きな溝を境界とする領域を「前頭葉」「頭頂葉」「後頭葉」「側頭葉」と呼び、さらに「~野」という細かい領域が存在します。
「~野」には1~52の番号がつけられ、これを「ブロードマンマップ図」といい、葉よりもさらに細かい領域に分かれ、細かい働きを担っています。

ブロードマンマップ図

3-1.前頭葉~脳の総司令官的役割~

主に思考や理性を担っている部位です。ヒトが人間らしく、思索にふけり、倫理観や理性などといった高次の精神的な活動を担当します。
中でも「前頭連合野」という領域は五感から集まってきた情報を整理・統合、理解して、それに基づいて様々な価値判断や意志決定し指令を出す司令塔です。
前頭連合野がつかさどる機能は、計画の立案、将来の予測、時間の判断、情動の抑制、善悪の判断、創造性、やる気、反省、希望、野心や自己顕示欲など多岐にわたり、人間として社会活動を行っていくための動機付けをする根柢の部分になります。
また、この「前頭連合野」の中に海馬と扁桃体に働きかける「前頭前野」(おでこ部分)で表層意識がつくられています。

3-2.頭頂葉~体性感覚・空間認知を司る~

頭頂葉は、身体の様々な部位からの感覚情報の統合、視覚空間処理に関わっています。
体性感覚を司る部分で、空間認知を担います。
目で見た空間的な位置関係だけでなく、自分がどこにいるか、見ているものや自分がどこに向かって動いているか、などの情報を整理します。
頭頂葉は、他の3つの大脳葉に比べてほとんどよく分かっていない領域でもあるようです。

3-3.後頭葉~視覚情報を処理する~

後頭葉は脳の後部に位置し、葉の中では一番サイズの小さい領域になります。
視覚に関わる部分で、網膜で受けとった視覚情報は、一度ここに送られ、脳の様々な部位に伝達されます。
視覚や色彩の認識をつかさどる機能を持っており、視覚的なイメージもここで処理されます。
後頭葉が損傷を受けると、目は正常であっても視野に欠損が生じてしまいます。



3-4.側頭葉~記憶・言語・聴覚処理に関わる~

聴覚で得た言語情報処理や記憶や形状の認識を担います。
この部分がダメージを受けると、「昔のことは思い出せるが、新しいことが憶えられない」ということがあります。
実験で側頭葉に電気的刺激を与えると、過去のことを「今まさに体験している」かのような感覚を受けるようです。
言語中枢(ウェルニッケ領域)は、左脳の側頭葉にありますが、稀に右脳にある人もいるようです。
ここが損傷すると、言葉を聞いても理解できないという「感覚失語」という症状が出ます。
左側頭葉底面には字を読む能力もあります。

次のお話し

催眠療法(ヒプノセラピー)・瞑想で脳を鍛えられ、意識も改善!

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!