プラシーボ効果と自己暗示 ~催眠療法(ヒプノセラピー)についての知識~

催眠(ヒプノセラピー)

0.はじめに

前回のお話し

暗示と聞くと、オカルトチックで怪しい・・と感じる人が多いのではないでしょうか?
過去に、オウム真理教による集団洗脳事件を思いだす方もいるかもしれません。
暗示は、一見特殊なもののように考えがちですが、実はとても身近な存在です。
催眠術による暗示以外にも、学校教育、躾け、メディアから入ってくる情報なども、大衆催眠術と捉えることができます。
人は生まれてからすぐ、親の教育や躾け、家庭的風習などの暗示を受け、個人の価値感が形成されていきます。
そのため、人の価値感は多種多様で、自分の価値感が正しいと思ってはいても、世間からみると非常識に見られることもあるかもしれません。
また、暗示は他者から受けるものばかりではなく、「思い込み」によって受ける場合もあります。
そんな、「思い込み」は自己暗示効果でもありますが、時には、健康・精神状態に良好な効果をもたらしてくれることもあります。

1.プラシーボ効果とは~利用の仕方によっては高い効力が得られる不思議な効果~

自己暗示の代表の一つとして、「プラシーボ効果」というものがあります。
プラシーボまたはプラセボとは「偽薬」とも呼ばれ、本来対象とする病気に効果のない成分の薬というものです。

本来ならこういった薬を飲んでも何の効果もないはずですが、効果が効くことがあり、これを「プラシーボ効果」と言います。
プラシーボ(Placebo)の語源はラテン語の「I shallplease」(私は喜ばせるでしょう。)に由来しているそうです。
例えば、胃の調子が悪い人に、小麦粉の塊のようなものを胃腸薬といって手渡し飲ませると調子がよくなることもあります。
風邪の9割は、ウィルスが原因で起こると言われており、抗生物質の風邪薬では緩和効果があっても治癒までの効力がないと言われています。

そのため、治癒は自然治癒あるいはプラシーボ効果によるものとも言われています。
内科で出してもらう7割の薬はプラシーボ効果ともいわれており、侮ることができない効果をもたらします。
プラシーボ効果の原因は良くわかっていませんが、これも一種の
自己暗示」効果ではないかと考えられています。

2.自己暗示効果を与えるもの~自己暗示グッズは身近にいっぱい~

そのため偽薬だけでなく、プラシーボ効果を与えるものは数多く存在すると思います。
例えば、神様へのお祈り、ご利益、お守り、パワーストーン、パワースポット、風習、宗教、おまじない、健康食品、占いなども安心を与える点では一種のプラシーボ効果ともいえます。

似非科学的な健康食品、健康器具も蔓延していますが、信じて効果が少なからず現れる人もいるので、詐欺のようでも完全な詐欺ではないとも捉える事ができます。

人間、効果云々よりも安心・満足が得られればそれでいい生き物なのかもしれません。
とはいえ、霊感商法詐欺やスピリチュアルのように、信じすぎて大きな痛手を負う事や道を外れてしまう可能性もありますので、ほどほどの心掛けも必要だと思います。

3.負の自己暗示~マイナス思考のスパイラル~

プラシーボ効果のように、精神・健康面状態にプラスの効果を与えてくれる場合もあれば、逆にマイナスの効果を与える自己暗示もあります。

うつ状態であるのに、悲観的な人はうつ病と勘違いしてしまう場合もあります。
うつ状態とうつ病は似ているようでも全く別ものです。
医師からうつ病と診断されると、安堵する人もいますが、それによってうつ病と思い込み、向精神薬を処方されて症状を悪化させてしまうケースも多々あります。

「私はうつ病」
と思ってしまう人ほど、「マイナスの自己暗示」にかかり、例え鬱状態でも前向きに克服しようと取り組まず、薬を多量服用する傾向にあるようです。
うつ病であるほうが、都合の良い面も多々あるので、「治りたくない」という人も少なからずいます。
逆に、うつ病にかかっていても、前向きに克服しようとする人は、薬の服用量も少なく軽症で、薬に頼らないように取り組んでいる方が多いようです。
あまりうつ病と思い込んでしまうと、症状を悪化させるばかりで、負のスパイラル状態となっていき状況は悪化していくばかりですので注意が必要です。

4.アフォーメイション~自己肯定・自信を高めていくときに有効~

「引き寄せの法則、願えば叶う」といったものではないですが、自己肯定感・自信を高めていくときにはアフォーメイションといったテクニックが効果的です。
スピリチュアル的な自己暗示テクニックとして利用されていますが、使いようによっては良い効果を与えてくれます。
かつて、私も自信が全くなく自虐的な思考でしたが、上手くアフォーメイションを利用していくと自己否定することもなくなりました。
人間、反省が必要といいますが、反省のしすぎは自己肯定感を低下させる原因にもなります。
自信のない人ほど、傲慢的なほどにアフォーメイションを利用するのが高い効果が得られます。

次のお話し

自己暗示用としても利用できる自己催眠療法!

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!