Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

神話と不思議な旅④  無の境地

神話

中学の修学旅行のときの行先が京都で、そのときから関西に住みたいと思ったことがあった。
実際、念願の関西に住んでみたものの、うつ病のせいで旅行する気力もあまりなく、無駄な時間を多く過ごしてしまった。
楽しいという実感もなく、ただ何をやっても満たされるものもない空しいだけの十数年が過ぎていた。

自分の道を歩めず、積み重ねてきたものを、いつも破壊したい衝動に駆られる日々。
表向きは自分はどちらかというと、世間的には成功の道を歩んでいたが、 うつ病になると、自己破壊の道に陥っていく。
うつ病になった当初は、怒りといった感情もなかったのに、年々増していく、胸の焼けるような熱さに耐えきれなくなっていた。
年月が経つほどに楽になるどころか、湧きおこる悪魔の怒りの炎との闘いで葛藤が増し、性格もひねくれてしまう。

何度か会社の同僚、上司、部下と旅行にいったりしたものだが、疲れるばかりで、旅行から帰った次の日はぐったり。
リフレッシュどころか、疲れが増すという悪循環。
すべてにおいて、健常者と「逆」ということにあとになって気づいた。
幸い、良い上司と部下に恵まれていたのに、そういったものもありがた迷惑に感じてしまう。
とにかく、一人になりたいという気持ちでいっぱいだった。

1人になれて、奈良の三輪山の旅行で外出する意欲がでてくると、三輪山は、私にとっては癒しの場となり、何度か足を運ぶようになっていた。
「なんだろう。。この引き寄せられる場所は。」
何か探し求めていた地を見つけたような感じだった。
この、まほろばの大地。

東北大震災の影響で、雇用率がさらに悪化し、転職も難しくなっていた時期。
とあるセラピストの指導の元、不安をかき消すために、日々ストレッチ、マインドフルネス瞑想、呼吸法を実践するとともに、十数年間の空白の時を取り戻すかのように、外出し気分転換をしていた。
転職よりも、まずはうつ病を治さねば・・。

うつ病者の身体は、常に緊張感がつきまとっているため、身体が硬直してしまっている。
身体がほぐれると、緊張感や不安感もほぐれてくる。
特に、首、肩、肩甲骨、あばら骨あたりをほぐすと効果的だ。
シャワー生活だったのを止め、湯船にアロマオイルを入れ、いい香りを嗅ぎながら目を閉じぷかぷか瞑想とストレッチを行う。
これだけでも、不安感や緊張が和らいでくる。

自分の場合、股関節が特に硬いので、重点的に取り組んでいたが、無理だと分かり諦めた。
只管打坐などとてもできるような柔軟さがない。
瞑想も1時間するのも最初のうちは辛いものだが、毎日やっているとそれも苦痛でなくなってくる。
風呂に入った後は、瞑想を何時間も行っていた。

ある夜。
夜の12時頃から目を閉じ、ずっと瞑想を続けていたときのこと。
普段ならそのまま眠ってしまうところ、なかなか寝付けず、明け方になっていた。

カラスや雀の声が聞こえ始めた頃、ふっと体験したこともない意識状態に入っていた。
夢と現実が混在し、身体が宙に浮いたような不思議な感覚と恍惚感・・。
5分程、その状態は続いた。
どうやら、これが瞑想でいう

「無の境地」

というものらしい。

β-エンドルフィンがでているのか、終わった後はすがすがしく感じる。
只管打坐やら難しい方法でなくとも、ただ寝そべっていても入れるということは分かった。
それから、何度かそういった意識状態を経験することもあり、瞑想も数年間続けたが、結局、憎きうつ病は治らなかった・・。

無の境地に達してもうつ病は治らない。
うつ病を治すなら、これしかない!
おまけに無の境地への入り方も伝授しているよ!

 


Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため薬のような副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。


>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について



うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害