Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

向精神薬の副作用と多剤投与の危険性

向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

1.副作用とは

脳内には無数の神経細胞がネットワーク状に広がっています。

細胞によって所有する神経伝達物質は異なり、GABA、ドーパミン、セロトニン等の神経系統に別れて沈静、快楽、安らぎ、興奮といった精神状態を働かせる役割をもっています。
向精神薬は各神経系統の神経細胞間(シナプス間隙)に入り込むことで細胞間を伝わる情報電気信号を調整し精神状態をコントロールします。

神経の作用
proj319-connectome

本来ならば、各精神薬は目的とする役割をもった神経系統のみに作用することが望ましいのですが、実際神経細胞は下図のように繊維状に交錯し分布しているために、都合よく選択的に作用させることは難しく、関係のない多くの神経系統にも作用してしまいます。
この関係ない神経細胞に薬が作用することで、意図しない症状である「副作用」を起こしてしまいます。

抗精神薬や三環系抗うつ薬などでは、それぞれ、ドーパミン、セロトニン、アドナリンのトランスポーターや受容体に作用させることを目的としていますが、アセチルコリン、アドレナリン、ヒスタミンといった神経系統にも作用して副作用をもたらします。

例えば、三環系抗うつ薬の場合はセロトニンのみに作用させようとしても実際は他の神経にも作用し副作用を起こす。

2.向精神薬と副作用

向精神薬の種類には、睡眠薬/抗不安薬、抗精神薬、抗うつ薬といったものが処方されますが、
神経伝達物質に関わる薬は副作用があると考えたほうがいいでしょう。

どの薬でも最初の頃は体調が良くなり
「良くなるかな?」
と思い飲み続けていても、
次第に副作用の効果が強くでてくる場合があります。

怖いのが、長期間飲み続けると薬を止めることが困難になってくることです。

向精神薬は、長期服用し慣れてしまうと減薬や中断時に離脱症状が襲い、症状が服用前より悪化してしまうことが多くなります。
その症状はとても苦しいもので、頭痛やめまい、身体が重く感じて起きられないなどの症状が数か月以上は続くため、薬が止められなくなってしまうケースが多くなります。

当然、薬の量が増えるほど止めにくくなりので、服用を勧められてもなるげく抑える心掛けが必要です。

(私は薬を増量させられても1種類だけしか飲まないと決めていたので、症状はそれほどひどくはなりませんでしたが、1種類でも離脱症状はとてもつらくて1日も我慢できず止められませんでした。)

3.向精神薬の主な副作用の特徴

睡眠薬  ・・・離人症(若い人)、不眠、眠気、
長期大量服用すると突発的に症状がでてくる。
抗精神薬  ・・・ろれつが回らなくなる等の異常動作
抗うつ薬   ・・・アクチベーションシンドローム(自殺願望、自傷行為、攻撃的になるなど)
セロトニン症候群
 効果副作用(薬の種類によって異なる)

睡眠薬
抗不安薬

ベンゾジアゼピン系/
非ベンゾジアゼピン

眠りやすくする
不安を軽減

睡眠改善効果はない

6ヶ月以上になると身体的、精神的な健康の悪化をもたらす。

一般的なもの

眠気、めまい、覚醒と集中力の欠如
性欲の減衰や勃起の問題
吐き気、食欲の変化、目のかすみ、混乱、幸福感、離人症、悪夢

奇異反応

境界性パーソナリティ障害の患者、子供、高用量の投与計画下の患者ではより高い頻度

てんかん発作、攻撃性、暴力、衝動性、易刺激性、自殺行動

記憶・認知障害
新たな記憶の形成と統合を妨げたり、完全な前向性健忘症を誘発

胎児への有害
胎児へ悪影響

長期的な影響
不安障害の増加

離脱症候群

4か月以上の長期服用時に出現することが多い。
重篤な症状は、たいてい突然あるいは急速すぎる離脱によって生じるため、徐々に減量する処方計画が推奨。

不眠、消化器問題、震え、恐怖、激越、筋けいれん
易刺激性、発汗、離人症、現実感喪失、刺激への過感受性、抑うつ、自殺行動、精神病、発作、振戦せん

広場恐怖症・過敏性腸症候群、知覚異常、不安の募り、パニック発作

抗精神薬     

定型・非定型 

幻聴・妄想をなくす

異常運動

ドーパミンD2受容体遮断作用

急性ジストニア
アカシジア
パーキンソン症候群(硬直と振戦)
頻脈、低血圧、勃起不全、傾眠、発作、強烈な夢あるいは悪夢、高プロラクチン血症

遅発性ジスキネジア
(治療法がない)

悪性症候群
(無動、寡黙、筋固縮、高熱、意識障害などの症状)

ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断作用
(抗コリン性作用)

口渇、便秘、排尿障害の他、視力調節障害や緑内障の悪化

ヒスタミンH1受容体遮断作用

眠気、鎮静、体重増加

α1アドレナリン受容体遮断作用

起立性低血圧、射精障害、勃起

平均余命の減少

心臓発作
肺炎:非定型では高齢者に対し6倍の危険性

脳容積の減少

一般の人より脳容積は萎縮する。

離脱症状

抗精神薬の離脱は困難
クロザピンは最悪。
ほぼ不可能という見方もある。

 

抗うつ薬   

三環系
四環系
SSRI
SNRI
NaSSA

神を安定させる      

 

倦怠感をなくす

 ・一般的なもの
吐き気、下痢、血圧の上昇、精神運動性激越、頭痛、不安、神経過敏、情緒不安定、、不眠症、薬物間の相互作用、食欲不振、口渇、眠気、振戦、性機能障害、性欲減衰、無力、消化不良、発汗、人格障害、鼻血、頻尿、月経過多、躁/軽躁、,悪寒、動悸、味覚倒錯、排尿障害、傾眠、胃腸の不整、筋力低下

・ムスカリン性アセチルコリン受容体遮断作用
(抗コリン性作用)三環系、四環系で強く出る

口渇、便秘、排尿障害の他、視力調節障害や緑内障の悪化

・ヒスタミンH1受容体遮断作用
三環系、四環系で強く出る

眠気、鎮静、体重増加

・α1アドレナリン受容体遮断作用
三環系、四環系で強く出る

起立性低血圧、射精障害、勃起障害、循環器障害、めまい

・妊娠期
自然流産、出生異常、発育遅延の危険性の増加、自閉症の危険性が2倍に増加する。

母乳中にさまざまな量で含まれているが、乳児に対する影響は不明。

・アクチベーションシンドローム(腑活症候群)

自殺、自殺念慮の増加、自殺企図
殺人、暴力、強盗、DVなど
境界性人格、双極性障害的症状

・セロトニン症候群
過剰摂取の場合起こる

・自律神経症状
体温の上昇、異常発汗、緊張、高血圧、心拍数の増加、吐き気、下痢

・神経・筋肉症状
ミオクローヌス、筋強剛、振戦、反射亢進、緊張と緩和の繰り返し(あご、歯をがちがちさせる、など)
精神症状
混乱、興奮、錯乱、頭痛、昏睡

・体重増加
糖尿病
通常は5〜25キログラムの範囲で、まれに50キログラム以上の体重増加
また、2年の服用で糖尿病の危険性を68%増加させる。

・抗うつ薬中断症候群
(離脱症状)

怒り、不安、パニック、抑うつ、離人症、剥離、精神錯乱、集中力の低下、記憶の問題、号泣発作、幻覚、躁、せん妄、平衡感覚の問題、視覚障害、電撃の感覚、無感覚、知覚障害、むずむず脚、うずき、振戦、震え、パーキンソン、攻撃性、緊張。

3.多剤投与の危険性

多剤投与とは、同じような薬効の薬が必要数を大幅に超えて多数処方され、かつ、それぞれの薬の量自体も本来必要な量より多い処方のことをいいます。

向精神薬には副作用が起こる可能性があるものですが、日本の病院では複数の種類の薬を処方されることもめずらしくありません。

日本では、多剤投与が当然のように行われているのが現状ですが、海外では70~90%は単剤投与で、3剤以上の投与は極稀です。

2011年の国立精神・神経医療研究センターの調査によれば、入院患者の42%がほかの精神科で3剤以上投与されていたようです。

日本における処方箋種類の数(2013年)

 外来入院
1種類38.7%43.5%
2種類18.9%23%
3種類21.9%11.7%
4種類5.7%5.9%
5種類8.2%6.1%
無回答15.6%9.8%

下図の抗精神薬の例のように、薬の量がある量になるとほとんど治癒反応は一定となり、副作用の効果が大きくなってきます。

d48162e8ea2688b06222af9d113586ed

なぜこのような多剤処方がなされるのかというと、wikiによるとこう記載されていました。

多剤大量処方に陥る原因は、単純に薬を多く投与したほうが効果が高くなるだろうという、誤った思い込みであるとされる。

また、副作用を抑えるために投与するといったことも考えられますが、2次的に投与した薬でも副作用がでてくるので、さらに別の薬を・・・
といったことで薬が増えているとも考えられます。

不安が強い時に処方される抗不安薬は、GABAの促進で副交感神経を高め、不安を弱める作用があるのですが、過剰投与によって副交感神経が強まりすぎると抑うつ症状がでてきます。

一方、抗うつ薬は交感神経を高めることで覚醒作用を強めるので、定型うつ病者の場合は適量であると頭がすっきりとした感じがします。
しかし、過剰に摂取すると不眠、動悸、パニック発作といったセロトニン症候群が起こります。

海外で処方されているように、薬は本来1種類で十分なのですが、多剤投与される理由については、医師が儲けたいから(特に開業医)といった見方もあります。

多剤投与が行われると、薬の種類分だけ副作用が強くでることもあるので、害悪にしかありません。
さらに、薬を断薬するときには、離脱症状もひどくなるため、断薬が困難になる可能性もあります。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害

Mind Createの自己催眠療法なら、真正の治りにくいうつ病でも短期で改善可能です。

自律神経中枢から改善していくので、投薬療法よりはるかに安全、確実に効果が実感できます。

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。 (完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。