副作用

向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

向精神薬について⑤ 向精神薬の副作用と多剤投与の危険性 ~精神医療の闇~

0.はじめに 前回のお話し 向精神薬は、症状を改善してくれるものの、対処療法の薬であって長期服用すると離脱症状と副作用の苦しみにより、断薬が困難になってきます。前回は、向精神薬の作用について述べましたが、今回は、副...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

抗うつ薬(三環系,SSRI,SNRI,NaSSA)の作用と副作用 ~精神医療の闇~

0.はじめに リンク元 抗うつ薬はセロトニン、ノルアドレナリン神経に作用する薬で、うつ病以外にも全般性不安障害、パニック障害、社交不安障害(SAD)、強迫性障害、心的外的障害(PTSD)といった症状にも使用されるこ...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

抗精神薬の作用と副作用 ~精神医療の闇~

0.はじめに リンク元 1.抗精神薬とは~ドーパミン抑制作用~ 統合失調症は、妄想・幻覚症状のある「陽性反応」と意欲・感情低下の症状のある「陰性反応」の特徴をもつ精神疾患です。抗精神薬は、脳の中脳...
不眠症

睡眠薬の歴史と作用と副作用(ベンゾジアゼピン、非ベンゾジアゼピン薬、メラトニン受容体拮抗薬、オレキシン受容体拮抗薬)

0.はじめに 睡眠薬は、よく病院にいくと眠れないときに処方されるもので、比較的なじみ深い薬だと思います。睡眠薬は「睡眠を改善する薬」といったイメージを持つ方もおられるかと思いますが、改善する薬ではなく、一...
向精神薬(抗うつ、抗精神、睡眠薬、抗不安薬)

向精神薬について④ 神経細胞への向精神薬の作用 ~精神医療の闇~

0.はじめに 前回のお話し 向精神薬は、脳内の神経細胞間にあるシナプス間隙に作用し、モノアミン等神経伝達物質の分泌量を調整することで精神状態の安定化をする薬です。向精神薬の種類によって、作用する神経系統、神経伝達物...