Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

催眠療法、精神疾患に関する知識

本コンテンツ内容に関して、論文、著作にすることは禁止します。

工事中

当療法では催眠効果を利用し、自律神経から改善していく精神疾患改善手法です。
催眠について知るには、まず表層意識、潜在意識の知識が不可欠です。

本章は、様々な催眠療法を体験する中で、
「催眠術にかけては世界に右に出る人はいない」
と言われる先生から教わった知識をもとに、表層意識、潜在意識と脳の働きを関連づけてまとめていった理論です。

スピリチュアル的な、綺麗な見方はしていないので、スピリチュアル好きな人は見ないほうがいいかもしれません。
表層意識と潜在意識はオカルト的にみえますが、脳の働きと対応させていくことができます。

0.表層意識と潜在意識の基礎

表層意識と潜在意識と催眠療法などの概要について

 

1.表層意識(顕在意識)と潜在意識(無意識) ‐自分は実は本当の自分ではない!?

表層意識、潜在意識はお互いブレーキとアクセルといった相対する性質があります。

 

2.ポジティブとネガティブ思考の形成

ポジティブ思考、ネガティブ思考は生い立ちと表層意識、潜在意識と関係しています。

 

3.意識の形成~潜在意識、表層意識、トラウマはどのようにして成長していくのか~

性格の形成、表層意識、潜在意識、トラウマと関係について

 

4.意識の成長に伴う悩みの増幅と改善法

悩みの解消と表層意識と潜在意識のパワーバランスについて

 

5.トラウマとは

トラウマの実態とは何かについて

 

6.表層意識と潜在意識のメリットデメリット

表層意識と潜在意識のもつメリットとデメリットについて

 

7.うつ病(精神状態)を回復するまでの流れ

本プログラムでの対処法の流れを説明しています。

 

精神疾患(心の病)の根本原因は潜在意識内に存在するトラウマと深く関わっています。(厳密にいえば、悩みが脳、中枢神経機能の低下を引き起こしています。)

潜在意識にコンタクトする方法が催眠療法や瞑想で意識を変革させる手段には一つの有効な方法といえます。

1.催眠の発見と歴史 ~メスメリズムから精神分析、自律訓練まで~

催眠の発見から発展までの歴史について

 

2.潜在意識ブームの広がり

現代の潜在意識ブームの広がり

 

3.催眠・瞑想・睡眠と脳の働き 催眠療法(ヒプノセラピー)の知識

催眠状態、瞑想、睡眠等の意識状態を表層意識や潜在意識を交えて説明しています。

 

4.変性意識(トランス)状態の存在体験

変性意識状態についての経験について

 

5.暗示効果と精神疾患(うつ病など)の関係  

催眠術の暗示のかかりやすさのメカニズムと精神疾患との関係について。
また、暗示にかかりにくい精神疾患の克服法
※本催眠術は一般で行われているような催眠術ではありません。

 

6.プラシーボ効果と自己暗示

暗示とは特殊なものでもなく、思い込みも大きな暗示効果をもたらします。

 

 

意識(心)と脳はそれぞれ単独で働いているわけではありません。
脳は意識をつくり、意識が脳を働かせているといった関係にあり、心と身体は連動しており、どちらかの調子が狂えば心と身体ともに悪影響がでます。
「病は気から」といいう諺がありますが、うつ病のように、何等かのショッキングな出来事で発症するように「気から病に」なることもあります。
精神疾患を直し体調をよくしていくためには、気と身体の両面から健全化していく必要があります。

精神治療は初期の頃は、催眠療法や自律訓練といった催眠効果を利用した手法が行われていましたが、いずれも十分な成果をあげることができず、1950年の精神薬の開発を機に、投薬治療にとって代わるようになり、現在では主流となっています。

しかし、うつ病などの精神障害のメカニズムはよくわかっていないのが現状で、製薬会社の販売促進により流布された「うつ病はセロトニンの減少起因」とする、モノアミン仮説が独り歩きしてしまい薬物被害が増加してしまっています。
近年では、双極性障害キャンペーン(2009年)により双極性障害も増加傾向にあります。

精神障害を真に理解するには世間に出回っている光の部分だけでなく、見えない闇の部分を知っておく必要があります。

 

1.精神医療に関わる歴史

1.精神医療の歴史(その1) 精神疾患の診断名の変遷(神経症~発達障害)

精神疾患の診断名の歴史について
細分化され、誰でも何等かの診断名がつくほど増加。

 

2.麻薬の歴史

投薬治療が行われる前の、覚せい剤やモルヒネといった麻薬が精神薬として使われていた時代について。現在の投薬治療も覚せい剤に似たもので、じわじわと年月を重ねて身体と精神を蝕んでいきます。

 

3.うつ病等精神疾患の原因とされる仮説の種類 (モノアミン仮説、HPA仮説など)

 

4.うつ病、双極性障害キャンペーン
金儲け主義に走った製薬会社。1998年から始まったうつ病キャンペーンに始まり、薬害被害をもみけすかのように双極性障害キャンペンに移行

 

 

2.投薬療法の知識(神経伝達物質の働きから向精神薬について)

1.精神疾患(うつ病、双極性障害等)と投薬療法① ~神経細胞と神経伝達物質~

神経細胞と神経伝達物質、投薬療法関係の知識

 

2.神経伝達物質の種類とつくられる場所

神経伝達物質の働きなどについて

 

3.精神疾患(うつ病、双極性障害等)と投薬療法③ ~モノアミン(ドーパミン・ノルアドレナリン・セロトニン)の特徴と薬との関係~

向精神薬に関係するモノアミンの特徴

 

4.神経細胞への向精神薬の作用

向精神薬と神経伝津物質との関わりについて

  4.1 睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)の作用と副作用

  4.2 抗うつ薬(三環系、SSRI,SNRI,NaSSA)の作用と副作用

  4.3 抗精神薬の作用と副作用

 

3.その他

1.セント・ジョーンズ・ワートの作用と副作用

ハーブの一種で、副作用の強い抗うつ薬の代用として使われることがあります。

 

2.向精神薬の副作用と多剤投与の危険性

日本は多剤投与大国!多剤投与の薬漬けにならないように注意しましょう。

 

 

修正予定

脳の仕組み関係

記憶のメカニズムと記憶力の高め方
記憶力は情動と関係する
健忘

精神疾患とサイコパスの比較ー対照的な特徴

神経伝達物質関係

オレキシン睡眠薬(ベルソムラ)の作用と副作用

アルコール・タバコ類と向精神薬の比較

投薬遅漏とTMSの比較でうつ病の原因箇所がわかる

 

 

 

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

 

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害

 

 

mind createをフォローする
Mind Create~うつ病、パニック障害、自律神経失調、HSP体質等神経症等精神疾患を、特殊自己催眠療法で克服!~