メンタル改善プログラム長期療法について

1.長期療法とは

交感神経優位型(パニック障害、非定型うつ)、副交感神経優位型(定型うつ、メランコリー型)の症状は、当催眠療法で自律神経の働きを健全な状態にリセットすることで、極短期で改善していきます。
身体が憂鬱感で鉛のように重かった人でも、外にでて運動できるほど回復するので、億劫だった運動、趣味なども積極的にできるようになります。
さらに、メンタル改善プログラムの長期療法では、脳科学に基づいた脳強化に効果的な呼吸法・瞑想法・有酸素運動などの紹介をしています。

うつ病にかかる人は、機能不全家庭など長年ストレス環境に晒されてきた人が多く、うつ病の症状は改善されても、心の内面には抑圧されたネガティブな感情とストレスが押し込まれており、再発する可能性もあります。
また、うつ病にかかると、ストレスホルモンである腎臓の上部にある副腎皮質から分泌されるコルチゾールの分泌状態が続き、さらに、脳内にまで浸透して神経細胞を破壊する毒素として働くので、脳内の働きを弱めるばかりか、将来的に、認知症リスクを高めていくことが知られています。

定型うつは、まさに炎の心が氷でフリーズされた状態。最初は小さな炎でも、年齢を積み重ねるごとに、炎の勢いが強まり、じわじわと心を蝕んでいきます。

有酸素運動、瞑想など一生懸命取り組んで効果が得られなかった人もイキイキと。

脳の神経細胞を増やし、脳機能を高めるには有酸素運動、マインドフルネス瞑想法などが効果的と言われています。
しかし、うつ病状態の時に取り組んでも、負荷がかかる上にコルチゾールの分泌が続いているため、せっかく成長した神経細胞も再度破壊されてしまい水の泡に・・。
コルチゾールの分泌が続くのは、視床下部の働きの低下によりHPA軸が上手く機能していないために起こるものですが、当催眠療法によって視床下部の働きを健全化すると、有酸素運動、瞑想法の効果を無駄にすることはなくります。

慢性ストレス、うつ病では脳の神経細胞が破壊され、働きが弱った状態。
年齢を重ねるごとに思考が停滞していきます。これはさすがに、短期で修復することはできません。

「自己催眠療法」、「呼吸法」、「有酸素運動」、「マインドフルネス瞑想」を組み合わせ、長期で取り組んでいくことで、さらに精神状態、集中力、感情、自意識が高まり、解離性障害特有の霧がかったような、ぼんやり感も消滅し、脳内がクリアになっていくようになります。

青空の日は、セロトニンの分泌が実感でき、すがすがしい気分になります。

自己催眠音声、アロマを併用利用すると精神状態がさらに安定し、心地よい気分に。

また、心地よい「音」、「香り」は副交感神経を高め、癒し効果を与えてくれます。
α波音声は、脳波をα波状態にすることで、深い潜在意識に誘導し、瞑想、睡眠効果を高めてくれます。
リラクゼーション、瞑想、睡眠用としてのα波音声も収録しています。

自己催眠療法は、トラウマの記憶を消したり、暗示効果を利用するものではありませんが、体調が整ってくると、過去の嫌なことを思い出しても憂鬱な気分はほとんどなくなります。
うつ病になる人、HSPの人は、自己肯定感が弱い人が多いのですが、潜在意識状態へ誘導する自己暗示用音声(トランスビート)と組み合わせる事で、自信を高めていくことができます。
苦手なイベントの前日、嫌な人に会う、嫌なことがあり憂鬱感を感じた時に利用すると、憂鬱感を払拭し前向きになれます。

暗示用音声を毎日聞くと、脳が活性化。その先には・・

長いうつ病状態から解放されると、思考も変わっていきますよ!

うつ病を発症すると、ブレーカーが落ちたように意欲が根こそぎ喪失されていく怖い心の病です。
自己催眠療法によって、無気力状態から解放し、さらに、脳内にある報酬系回路の働きを高めていくと、「意欲の脳」と呼ばれる側坐核が活性化し、さらにモチベーションが湧いてくるようになります。
無趣味だった人でも、多くのことに好奇心を持ち、生きがいをもてるようになります。
うつ病改善以外にも、その他多くの場面で利用できるツールも豊富に収録しています。
症状は各個人異なるので、自分にあったものを重点的に行ってください。

2.コンテンツ内容の紹介

メニュー画面

精神状態、意欲に関わる脳の主要な、各器官の働きに沿ったトレーニング内容について動画で説明しています。
概要動画を最初にみて全体の流れを掴んで下さい。

テキスト

テキストは、脳の働きについても基礎知識と、トレーニング内容についての2部構成となっています。

トレーニングメニュー

トレーニングは、特に脳の機能について分からなくても、取り組めるようになっています。
最初は、室内でもできる軽めのトレーニングから行い、無理なく進められるように配慮しています。

リラクゼーション用音声

自己催眠療法と自律訓練、軽めの運動を組み合わせた、10種類のリラクゼーション用音声もダウンロードできます。
音楽も楽しみながら取り組んでください。

その他音声

自己催眠用音声以外にも、マインドフルネス用、α波音声、暗示用音声なども収録しています。

mind createをフォローする
Mind Create~うつ病、パニック障害、自律神経失調、HSP体質等神経症等精神疾患を、特殊自己催眠療法で克服!~