Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

プログラム対象者

Couleur / Pixabay

このページの目次

1.対象とする方2.対象としない方

1.対象とする方

●対象年齢

20歳程度~60歳程度(年齢要相談)

●主体性をもって取り組める方

向精神薬の危険性について熟知しており、薬に頼らず 、前向きに健全な精神状態、自信、モチベーションを積極的に取り戻したい方。

●薬に頼らないようにしたい方

精神科・心療内科などの病院に長期にわたって通院しても改善しなかった方。
精神安定剤、抗うつ剤、睡眠薬(睡眠導入剤)等の向精神薬を服用しても治らない事は、経験者の方ならご存知だと思います。
そういった方でも副作用や後遺症もなく安全に改善できます。
薬は、痛み止めのような対処療法であって、長期で服用すると薬物依存、離脱症状、腑活症候群(アクチベーションシンドローム)により症状が悪化し、最悪自殺やリストカットといった自傷行為、寝たきり状態、発がん、痴ほう症といったリスクが伴います。

※長期、大量服用すると、神経細胞の受容体がなくなることが知られており改善が困難になったり後遺症が残る場合もあります。

●ストレスを感じやすい方

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)などような感受性が高く、人に気を使いすぎ日々ストレスや疲労を感じやすいかた。

心の感情障害、自律神経に関わるものなど改善したい方

自律神経中枢から改善していくため、精神疾患だけでなく、神経全般に関わる症状に効果が期待できます。
特にうつ病やパニック障害がメインですが、疲れやすい体質や朝弱い方などの体調改善にも効果的です。

◇対象診断名◇

精神医療の診断名には数多くありますが、自律神経の乱れの程度の差であってあまり気にする必要はありません。基本は自律神経を健全な状態にすればすべての症状に対して改善効果が得られます。

気分障害(うつ病、双極性障害)

うつ病は本来大うつ病(定型うつ)のことで、ストレス環境になくとも気分の落ち込み、意欲低下、何も楽しめない、倦怠感が1日中続くものをいいます。 軽度のものを気分変症障害(非定型うつ)といいますが、近年は非定型うつ病者の割合のほうが上回っていると言われています。 非定型うつ病では、PTSD,パニック障害、不安障害、頭痛、肩こりなど身体的症状がみられるのが特徴です。

 ⇒うつ病
  抑うつ(うつ状態)・・・抑うつと診断されてもうつ病の場合があります。
  うつ病(大うつ病 定型うつ病 メランコリー型うつ病)
  気分変調性障害(非定型うつ病、ディスチミア型うつ病)
  季節性感情障害(ラピッドサイクラー)
  産後うつ病(PMDD)
 ⇒双極性障害(躁うつ病)

主にメランコリータイプ~ディスチミア(新型うつは除く)を対象としていますが、似た症状の脳の障害(橋本病、バセドゥ病、物理的ショックによる症状など)は効果ありません。
また、薬の服薬や、時間経過、ストレスの蓄積度とともにこれらの症状は変化するのではっきりとした区別はつきにくいのが現実です。
そのため、お試しコースで効果があるか確認して頂きます。

 
気分障害に以外に関連する症状

気分障害(うつ病、双極性障害)を伴っている方は、単独でなく不安障害、解離性障害、強迫性障害、発達障害(自閉症スペクトラム、ADHD)なども伴っているケースが多く、それらの改善にも繋がります。 あるいは、逆に不安障害、強迫性障害から2次障害としてうつ病に発展することもあるため、将来的なストレス改善、うつ病予防にもなります。

全般性不安障害(GAD)
パニック障害(パニック症候群)、過呼吸症候群(過換気症候群)広場恐怖症

非定型うつ病者によく見られる症状です。
何等かのショックで起こる場合や、薬のアクチベーションシンドロームによりパニック障害を引き起している場合もあります。

社会不安障害 (SAD) 

対人恐怖症(対人緊張・対人不安)、視線恐怖症(自己、他者)、緊張症、あがり症など

一般的にはあがり症とも言われています。
内向的な定型うつ病者に多くみられる症状です。

・その他

解離性障害(離人症)、不眠症(睡眠障害)、摂食障害(拒食症・過食症)
心的外傷後ストレス障害(PTSD)
自律神経失調症、過敏性腸症候群
など

下記のような症状も改善が期待できます。


・疲れやすい
人にあうと疲れやすい、疲れがとれない、疲れてすぐ寝てしまう
・朝が弱い
・足つぼ改善(痛みがなくなります)
頭、足裏のツボを押すと痛い
・失恋による悲壮感によりなかなか立ち直れない
・気分が落ち込み意欲が湧かない
・ストレスによる胸やけ
・前向きになれない
・人に優しくできない
・自虐的思考が強い
・貧血
・マイナス思考
・外出が億劫
・生理不順
・肩こり症
・頭痛
・イライラ
・下痢、

2.対象としない方

・交通事故や物理的衝撃の後遺症で起こったもの
・脳の障害を持っている方
・集中が困難な方(むずむず症候群、じっとしていられない、寝たきりなど 要相談)

・下記の方は適用外としています。

・自己愛・妄想性・反社会性パーソナリティー
・薬物乱用者
・知的障害者

●商用で技術習得目的の方

・資格を与えるなどのことは行っていません。
・技術は個人利用のみとなります。
・他人への施術、情報漏えいは禁止しております。(家庭内での利用は結構です)
・カウンセラー・催眠療法・心理学・精神医療分野の指導に関係する方はお断りしています。

mind createをフォローする
Mind Create~うつ病、パニック障害、自律神経失調等神経症等精神疾患を、特殊自己催眠療法で克服!~