Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

催眠療法 Q&A

Q&A

ご質問の多い事に関してはここにQ&A形式で記載しておきます。

Q1:どういった人が適していますか?



例えば
・精神疾患を患い、多くの療法を試したが万策尽き果て、好転が期待できないと考えている。
・投薬治療、サプリといった長い目で見て継続的な購入に抵抗がある。
・楽に治したい方
・前向きに考えられるようになりたい
・ストレスを感じやすく憂鬱感を消し去りたいといった方

など

Q2:不適な人はどういった人ですか?


パソコンを扱えて、前向きに取り組める方であればかまいません。

Q3:催眠状態とはどのようなものですか?


起きて目が覚めている状態を覚醒状態、寝ているときが睡眠状態とすると、覚醒状態と睡眠状態の間が催眠状態と言えます。うたたねしている時のような気持ちいい状態です。
※催眠術のような暗示にかかった状態ではありません。

Q4:どれくらいの効果があるのですか?


効果は初回からでも大きく改善する人もいれば、まだ少しという方もいますが、確実に効果は現れてきます。マインドフルネスや瞑想を数年間やっても効果がでなかった方でも驚くほどの改善を実感できるでしょう。

他の瞑想や催眠療法と違い、一時的なリフレッシュ効果でなく、永続的に体調が回復する効果があります。うつ病の人でも頭がすっきりし、倦怠感もとれ、朝は快適に起きれて昼間も眠けがなくなるといった体調の変化が奇跡といえるほど短期で実感できます。

悩むことも減り、前向きに考えられるようになるので、性格も明るく、他人も受け入れられるように自然と考え方、意欲にも変化がでてきます。

Q5:具体的にどのようなことを実践するでしょうか?


企業秘密なのでお答えできませんが、難しいことはしません。
マインドフルネスをさらに効率化させた改良瞑想法といったほうがいいのかもしれません。
全体的には催眠、瞑想効果を利用して行っています。
装置を使ったり、何かを飲んだりといった危険行為や大きな出費が重なることもありません。

Q6:催眠誘導とか施術者の技術が影響するのではないですか?


本自己催眠では暗示や記憶をなくすというものでなく、従来の概念と異なった視点で行っているため催眠誘導は特に必要ありません。

Q7:自己催眠を覚えることは大変ではないのですか?


複雑な動作や激しい運動をすることもなく、誰にでも簡単に覚えられるシンプルな流れにしています。時間は90分と長いですが、ほとんどがじっとしているだけです。

Q8:薬を服用しているのですが、服用しながらでも可能ですか?


できれば服用を止めてからのほうが好ましいのですが、服用しながらでも可能です。
服用していても、やりながらやると離脱症状は軽減されるため止めやすくもあります。

減薬方法は個人差、薬の種類により適切な方法も確立されていないのが現状で、結局は自己管理のもと行うしかないといえます。

参考http://睡眠薬断薬.net/

Q9:自己催眠効果はどのくらいででてきますか?


催眠を終えた段階ですっきりし、外にでるとすがすがしく感じる時もあります。
むしろ、効果は時間がたつにつれでてくる感じで、睡眠をとった後からじわじわと効果が感じられることが多いです。
頭痛、嫌なことで憂鬱、疲れがたまったときでも、翌日に解消されるため、精神疾患改善だけでなく健康維持にも効果的です。

Q10:うつ病の再発はないでしょうか?


精神疾患の原因はストレスにあるので、環境や大きなショックで再発する可能性もあります。しかし、一度動作をマスターしてしまうと自分で回復させることも可能です。

 

Q11:副作用はありませんか?


最初のほうは、若干痺れのような感覚がでてくるときがありますが、数日たてばなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

mind createをフォローする
Mind Create~うつ病、パニック障害、自律神経失調等神経症等精神疾患を、特殊自己催眠療法で克服!~