Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

精神疾患と生い立ち事例

 

 

 

1.はじめに

うつ病など精神疾患にかかったときは
「なぜ、自分は他の人に比べて精神的に弱いんだろう・・」
と自虐的、内省的思考が強くなり自信喪失を助長しがちになってしまいます。

しかし、精神疾患に陥った人の生い立ちをtwitterやブログなどで調べてみると、精神疾患名に関わらず同じような経験や思いをしていることがわかってきます。

精神疾患に至るのは努力不足でもなんでもなく、「家庭環境運」に左右されているだけで、神経伝達物質云々は結果的にでてくる症状であって、根本原因ではありません。
当事者のブログやtwitterなどみると、必ずといっていいほど精神疾患、発達障害でつぶやいている人の多くは「毒親育ち」あるいは「学校のいじめ」などであることが分かってきます。

この育成歴と精神疾患との関係は、フロイトや新フロイト派(H.S.サイヴァンなど)の時代に明らかにされていたのですが、次第に遺伝的、性格的、体質的、さらには神経伝達物質の減少が原因だとされるようになり、ベクトルがおかしな方向に向かっているように感じます。

この背景として、一つは神経伝達物質の減少を理由に、製薬会社が抗うつ薬の売り上げを伸ばしたいという思惑があるのではないかと思います。
さらには、フェミニスト関係(心理学者、精神科医に多い)で女性保護の動きとも影響しているのか・・

世の中、意地汚い連中の餌食にならないよう、情報に惑わされない考えかたや知恵を身に着けていく必要があります。

 

2.関連ブログ一覧

精神疾患について知るには、当事者さんのブログを読んでいくと理解しやすいかと思います。
都合の悪いことは隠す頭でっかちの精神科医や、臨床心理士の話しより信頼性がありためになります。

ブログ名症状概要
ブログ村
うつ病
双極性障害
パニック障害
統合失調症
ASD(アスペルガー)
ADHD
ひとみさんのブログうつ病、緊張感情、対人恐怖、過食症毒親虐待育ち
病院を何度も転院。
診断名がコロコロ変わる、
カウンセラーのひどさなど精神医療の実態がよくわかるブログです。
有名な医師やカウンセラーは詐欺ばかり!
ふく うつ凹のうつ病・アルコール依存症、精神病闘病ブログ非定型うつ、アルコール依存

会社でバリバリ働いてうつ病、アルコール中毒に。
非定型うつタイプの典型

『自己愛性人格障害』本人のブログ 

過保護の父の影響で自己愛となった自己愛性パーソナリティー当事者のブログ。

 

 

3.精神疾患と生い立ち例

かつて、うつ病はメランコニー型が多い傾向にありましたが、近年はディスチミア型が増加傾向にあると言われています。

メランコニー型の特徴は、内向的で感受性が強く、真面目で優しく人に気配りができるタイプですが、自己表現が苦手で自己犠牲をしやすいタイプです。
ASD(自閉症スペクトラム)で、職人気質、物作り、製作活動タイプが多いように感じます。
副交感神経優位型のうつ病になりやすく、そのためひどい倦怠感、疲れやすいといった症状がみられます。

ディスチミア型は逆に、外向的で自己願望の実現のために努力するタイプで、自己主張はできるタイプで、こちらはADHDが強く、リーダータイプ、自営業、企業家タイプに多い傾向が見られます。
交感神経優位型で、頭痛、肩こり、パニック障害、PTSDなど身体的症状がでやすい傾向にあります。

ディスチミア型が増加している背景として、過保護、少子化、共通一次試験からはじまった受験戦争、夜間業務の増加などが考えられます。

 

定型うつタイプ(メランコリータイプ 内向的 我慢系)

過干渉家庭 社交不安障害(ASD 対人恐怖 あがり症) 

父親の厳格なしつけが原因で結婚後うつ病に
厳格な父の家庭⇒会食恐怖、睡眠障害⇒失恋(抑うつ)⇒うつ病(投薬治療)⇒自殺未遂(薬のせい)父親は厳格で母親は父の顔色を窺い、何をするにも父親の許可が必要だった。食事時は喉が通らず、父親が帰りが遅いときは急いで食べて逃げていた...

厳格な父の家庭⇒会食恐怖、睡眠障害⇒失恋(抑うつ)⇒うつ病(投薬治療)⇒自殺未遂(薬のせい)

父親の躾けが厳しく食事中も会話のない家庭。
コミュニケーション能力も身につかず、いじめにあう。社会にでてうつになり、抗うつ剤の副作用で自殺未遂も

 

甘えることができない性格がうつ病のきっかけに
2歳離れた弟が自閉症で、弟の存在が大きく影響を与える。弟が子供の頃は、目を離すとどこか飛んでいったり、物を壊したり、気に入らないと本気で殴ってくるなど手におえず母親が苦労していた。父親は協力的ではなかったため、母といっしょに弟の世話をして...

甘えることのできない家庭⇒いじめ(高1)⇒パワハラ⇒転職でいじめ、睡眠障害、うつ病⇒障がい者枠

ヒステリー気味の母と自閉症の弟のせいで甘えることのできない子供時代を過ごす。
高校1年のときいじめにあい、内向的な性格に。
社会人になり転職でのいじめやパワハラを受けうつ病を発症する。

 

毒親両親と異常な兄に囲まれ奴隷的生き方で統合失調症(診断名だけ)に
いつか、雨はあがるさんのブログより 過干渉、醜形恐怖、おねしょ(反抗期なし)⇒リストカット、オーバードーズ(睡眠薬)⇒統合失調症と診断(ただし医師の勘違いで症状悪化)⇒うつ、パニック発作、拒食症、希死念慮、自殺...

過干渉、醜形恐怖、おねしょ(反抗期なし)⇒リストカット、オーバードーズ(睡眠薬)⇒社交不安障害(SAD)、統合失調症と診断(ただし医師の勘違いで症状悪化)⇒うつ、パニック発作、拒食症、希死念慮、自殺未遂(薬のせい)

毒親両親と異常行動がある兄に囲まれた機能不全家庭で育つ。
暴言、過干渉、親の監視で奴隷的な洗脳を受け、働き出してからは親に金を工面。
リストカット、パニック障害、うつ病で一時は精神科医に薬漬けされるも、危険を悟り思い切って断薬。カウンセリングも効果なく、親子の関係を断つことで心の安定を得る。

 

厳しい躾が2人の子供たちを精神疾患(うつ、対人恐怖)に
初めて、私たちの子供となる長男が生まれた。幼い頃からやんちゃで、時々親を困らせる手のかかる子供だった。しっかりした子供を育てるには「甘やかしたらいけない、厳しく育てないといけない」と私の親から言われてきたので、子供らしい行動もすべ...

妻のヒステリー、夫婦喧嘩で子供を恐怖⇒息子引きこもり⇒投薬治療(症状悪化)⇒娘リストカット

厳しい躾けが子供達を強くすると考えていたが、逆に2人の子供達を追い詰めることに。
また、両親も育児に次第に病んでいく。

 

 

プライバシーのない家庭育ちで統合失調症に
小学生のとき、キーホルダーつきのテトリスで遊んでいると、母が「そんなものは目が悪くなる。30分にしなさい」と言って、毎日時間を測り、時間がきたら取り上げかくしていた。(大人になって話をしていると、母親は「昔は変なゲームをし...

過干渉、監視する母⇒統合失調(多量投与)⇒家出し結婚(通院中)

母親の監視でプライバシーがない家庭。高校時代は環境になじめず軽いいじめや頑張りで統合失調に。

 

抜毛症の方の幼少期と克服
精神疾患名:抜毛症家族構成:両親・姉・本人(一卵性双生児)性別:女性幼少のときに母親と祖母から八つ当たり的に叱られたことがきっかけで、人見知りが激しく内向的な性格に。ストレスが蓄積し9才から抜毛症が始まり、中高生のときは落ち武者状...

過干渉⇒抜毛症(投薬治療効果なし)⇒自力で克服

幼少のときに母親と祖母から八つ当たり的に叱られたことがきっかけで、人見知りが激しく内向的な性格に。ストレスが蓄積し9才から抜毛症が始まり、中高生のときは落ち武者状態に。思春期から克服をはじめ大学のときは治まる。

 

ASD(自閉症スペクトラム)

 

両親の過干渉が影響しうつ病に+ASD(ADHD)
過干渉の強い家庭⇒ASD(ADHD)、解離性健忘⇒うつ病父親は短気で、すぐに物を投げたり、怒鳴ったり、ちゃぶ台をひっくり返したりする昭和的な家庭だった。小さい頃から国立大学に入って、公務員になることを期待されて育つ。小学1年生...

過干渉の強い家庭⇒ASD(ADHD)、解離性健忘⇒うつ病

過干渉な両親の家庭で育ち、小さい頃の記憶があまりない。
学生時代は友達も少ない。

人に振り回されがちな幼少時代でアスペルガーとPMDDに
おねしょ、感受性が強い⇒アスペルガー診断⇒PMDD参考URL:アスペルガーを生きる。時に笑い、時に泣き。さんのブログ内向的な幼少時代とにかくよく泣く子供で寝ている時間が少なく、母は大変苦労したそうだ...

おねしょ、感受性が強い⇒ASD診断⇒PMDD(投薬治療で改善せず)

小さい頃から気の強い友達に振り回されがちで、相手に嫌われないよう気を遣う子供時代。
家庭でも「姉らしく」と両親から叱咤される。
23歳でアスペルガーと診断され、社会に馴染めず職を転々とし、PMDDも発症。
障がい者枠で手作りの仕事で充実した仕事生活。

 

双極性障害2型

中学時代のいじめがきっかけで双極性障害に
内向的⇒中学1年で集団いじめ⇒醜形恐怖、対人恐怖(社交不安障害)⇒双極性障害2型生まれてから1年後に両親が離婚。親権は母となり、母の実家で育つ。父親の記憶はなくあったこともない。保育園に通うまで、一人遊びが普通の日常で...

いじめ⇒対人恐怖(社交不安障害)、醜形恐怖⇒双極性障害2型

シングルマザーの家庭で育ち、人見知りが激しく一人遊びが好きな子供時代であったが、中学時代いじめにあい、対人恐怖で深い心の傷を負う。

 

非定型タイプ(ディスチミアタイプ 外向的 上昇志向)
+境界性パーソナリティー

パニック障害、PTSD,全般性不安障害など

パニックとうつ病が同時にでるケース
厳格な父親の躾け⇒努力しても褒めてもらえない⇒反抗・家出⇒うつ病⇒パニック⇒広場恐怖症私は、会社経営の厳格すぎるほどの父と影の薄い母親の元育つ。父親は絶対自分が正しいと思っており、家庭は父親のエゴに支配されていた。ほめ...

家出、企業⇒うつ病(投薬効き目なし)⇒パニック⇒広場恐怖症

厳格すぎる父の躾で、褒めてもらう事のない環境で育つ。褒められようと必死で努力するも報われず家出し起業。
会社、家庭の問題などによりストレスが増し
うつ病、パニック障害、広場恐怖症に。

 

母親の厳しい躾が境界性人格障害とうつ病に
私が1歳と数カ月後、年子となる弟が誕生した。生後5日目に重病のため入院手術。その後4度の手術を経て退院し、一緒の生活を送るようになった。しかし「病気だから仕方ない」とずっと言われ、何かあるたびに母親から敵視され、家をでる22歳まで...

偏疼痛、リストカット、境界性パーソナリティー⇒社会人で全般性不安障害⇒うつ病

母親は自分でお金をためて大学までいったが、その辛い人生の怨念を受けることになる。
虐待、進路にまで口を出す過干渉などで中学時代に反抗し不良に走る。
自我を確立したものの社会にでて過労などによりうつ病に。

 

教育家庭の抑圧された環境が引き起こすうつ病
父はトップクラスの大学を卒業し大企業の重役で、教育、躾けの厳しい家庭に育った。母は国語の教員で曲がったことは嫌いな性格。家族自体は躁うつ気味で、父もふさぎ込むことが多く、母は感情の起伏が激しかった。社会的体面を気にし、家族から落伍...

出世意欲高くプライドが高い。⇒出産、海外勤務でうつ病に。自己愛パーソナル的

裕福で、兄弟は皆優等生ながらもピリピリした雰囲気の教育家庭環境。
怠けることに罪悪感を感じ、責任感の強さで何でも抱え込んでしまう性格がうつ病のきっかけに。

 

 

 

 

4.まとめ

 


Point
・うつ病は後天的、双極性障害と統合失調症は先天性と言われている。
が、先天性でもうつ病者などと家庭環境は似ていること。
うつ病でも医師の感覚で統合失調症にされてしまうケースが多い。

・アスペルガー症候群(先天的)の疾患者も似た環境。
・抗うつ薬などを飲むとより精神不安定になり自殺願望がでる。

よくあるパターン
・過干渉→内向的性格形成(AC)→いじめをうける(心に傷を負う)→社会にでてもいじめ、パワハラ
・過保護・教育家庭→外向的性格形成(AC)→甘えられない性格→我慢しすぎて発症(転勤、子供、結婚などによる負荷増大)

・自分は絶対正しい、非を認めない親
・躾が厳しすぎる
・制限を強要する
 食事制限、門限制限、遊ぶ時間制限、友達制限
・宗教に熱心で子供に強いる→強い理性、抑圧、正義感
・プライバシーがない子供部屋
 日記をチェック、部屋を解放→秘密を隠すことは悪
 →社会にでて裏表のある行動に罪悪感を感じる
汚い世の中で生きていくには生きづらい

・子供の進路を決めてしまう。→子供のやりたいことを奪う
・やろうとしていることを取り上げる→自発性、自信喪失
・貶すばかりで褒めない→自発性、自信喪失
・「ダメ人間になるな」など語る→我慢し無理をする、弱音を吐けない
・食事時に会話しにくい→会食恐怖症、コミュニケーション力低下
・感情的(特に母親がヒステリー)になって叱りつける
・愛情が他の兄弟に偏る→愛されていないと寂しい思い
・世間体を気にする親(外と内にギャップ)
・恐怖、威圧で押し付け反抗させないようにする。→反抗期喪失
・学年で1番、テストは90点以上など完璧を期待する。→完璧主義
・子供が自発的にしようとしていることを取り上げ貶す。→自尊心、自発性剥奪
・夫婦喧嘩が絶えない、DVなど。
・子を奴隷として扱う(子は親の面倒をみるもの)
・兄弟間での偏りすぎた躾け方→愛情欠損と兄弟間の不仲の原因

 

 

Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、短期で改善できる催眠療法です。
(完治まで可能!)

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について

 

うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害

 

 

 

 

mind createをフォローする
Mind Create~うつ病、パニック障害、自律神経失調、HSP体質等神経症等精神疾患を、特殊自己催眠療法で克服!~