変性意識(トランス)状態って本当にあるの!?(体験談) ~催眠療法(ヒプノセラピー)についての知識~

催眠(ヒプノセラピー)

0.はじめに

前回のお話し

変性意識状態、またはトランス状態と聞くとオカルト用語のように思ってしまう方が多いのではないでしょうか?
私はオカルトや目で見えないものは信じないほうですが、ニュートンが万有引力を発表したとき「オカルトフォース!」と非難されたように、オカルトっぽいものが認められることもあります。

ほとんど催眠や瞑想で体験するような「変性意識状態」は、ぼんやりして空想に浸っているときや、集中しているとき、まどろんでいる時のような軽い意識のある状態がほとんどです。
私も過去いくつかの催眠療法を受けた経験があるのですが、なかでも、著名な先生のところで、意識がとぶほどのトランス状態を経験しました。
今回は、私の体験談でこの 変性意識状態 について話していきます。

1.体験談

そこは、集団で毎回20人ほどが集合しているところで、常に全国からくるため、毎回のように予約はいっぱいでした。
小学生から大人まで、パニック障害、うつ、強迫性障害など様々な精神障害をもった方が一緒に受けます。
だいたいみなさんの幼少期の話を聞くと、家庭環境に問題があり、同じような経験や感情をもち、結局精神障害は家庭環境が一番の原因だとわかりました。

まず、トランス状態に入るための下準備運動をし、先生が一人一人トランス状態へ入れていきます。
一人あたり数分程度ですが、一瞬で意識が飛び、力が抜けていきます。
痙攣のようなものを起こしているのですが、終わった後
「気持ちよかった!」
「すごい!」
「なにこれ!」
と言います。
正直、やってることは外からみると宗教団体が怪しいことをやってる雰囲気ですが、ほぼすべてといっていい人が意識が飛ぶほどのトランス状態を経験します。

トランス状態が終わったあとは、ある程度潜在意識状態にあるようで、深いトランス状態に入った方ほど、先生の催眠誘導で暗示にかかっていきます。
しかし、意識がとぶほどのトランス状態に入ったとしても、必ず催眠術のように暗示にかかるわけではなく、ある程度深いところまでいかないとかからないようです。深い領域にいくにはいかに抵抗となる「表層意識の壁」を壊すかにかかっています。
(若い学生さんなどは入りやすい傾向がありますが、長年精神疾患になっている人は、疑い深く、表層意識がつよいため、なかなか最初ははいりにくいのだと。)

潜在意識にも深さがあり、トラウマが存在するのは潜在意識の最深部にあり、ここまで深くいかないとトラウマ処理しても暗示効果は消えてしまい意味がないそうです。

トランス状態の深さをレベルに大まかに書いてみるとこのような感じです。

1.暗示にかからないレベル(浅いレベル)
2.先生の言う通りに体が動く
3.五感(味覚、聴覚、視覚、臭覚、触覚)がコントロールされる、記憶が消  される(自分の名前までも)
4.超リラックス、快楽状態(トラウマ処理ができる最深レベル)

トランス状態が終わって、暗示のかかりそうな人には、暗示をかけ、テレビでみるような「催眠術ショー」を遊び半分で見せてくれることもあります。

針を血がでるほど手にプスプス刺したり、失恋した人には相手の名前を聞きだしたり、味覚を変えるものなど過激なことをすることも。

私もある程度の暗示にかかるところまではいきましたが、時間がたつと元に戻っていたので、ただ暗示にかかる程度ではメッキのように剥がれてしまうようです。

目標は、最深部のトランス状態までいくことで、そのためのトレーニングは家で自己トレーニングをします。(いかに表層意識をこわせるか)
最深部領域にたどり着けた人は、先生が暗示をかけ、トラウマ処理をかけていき、その時の様子も実際見学できます。
処理をされている時は昔の苦しい感情が湧いてくるのか、大声で子供のように泣きわめく方が多いのですが、トラウマ処理が終わった後は、何事もなかったかのようにすっきりとした表情をしていました。

トランス状態時の感覚はどういったものかというと、トランス状態の深さもよりますが人によって感想は違うようです。

例えば、
・真っ白だった あるいは真っ暗だった。
・何日も深い眠りに入っていた感じ
・映画のように過去の記憶が早送りで流れているようだった。
・感じたことのない快楽感
・宇宙をただよっている感じ
・表現できない空間
等々・・

実際にトランス状態中に入っているのは30秒程度と長くはないのですが、周囲の音や声は聞こえず、完全に遮断された別の世界にいるような感じで、終わったあとは丸一日眠っていたかのように感じます。

私は残念ながら、潜在意識の最深部にたどり着けず、トラウマ処理まで受けることはできなかったので、うつの症状はよくはならなかったのですが、多くの不思議な体験と、催眠の知見を得る事ができました。

次のお話し

うつ病に神秘的なトランス状態、トラウマ処理はなくても克服可能!

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!