精神疾患について考える(その10) ストレスに注意!精神疾患者(うつ病)と関わりのある手相

手相

0.はじめに

前回のお話し

うつ病などの精神疾患は、神経伝達物質が関係していると言われていますが、かつて「神経症」と呼ばれていたように、神経の過敏さとも深い関係があります。
また、手は「第2の脳」と呼ばれるように、手の働きと脳は密接な関係があり、手相から脳の働きや神経の過敏さを知ることもできます。
今回は、ストレスを溜めこみがちで、精神疾患になりやすい人の身体や手相の特徴について取り上げていきます。

大脳新皮質の感覚野と運動野は手と口の部分が大きく占めている

1.手相

手相は20代前半の頃から興味をもち、ずっと自分の手相を眺めていたのですが、ストレス、環境の変化で基本的な線や細かい線の小さな変化が起こるようです。

うつ病になってから、いつになったら、いい出会いがあり、転機が訪れ幸福になれるのかと、手相をまじまじと見つめながら時を過ごしていました。
占いにも興味をもち、それで気晴らしをしていましたが。
しかし、うつ病にかかると、思い切ったことができず忍耐、我慢でストレスを溜めこんで、思うような行動がとれず、人生は転落してしまいますね。

今回は、うつ病になりやすい手相について取り上げてみました。

1-1.手相の基本線(7掌線)

手相占いは、 基本7大線と呼ばれる 生命線、知能線、感情線、運命線、太陽線、財運線、結婚線といった太目の目立つ線や、丘といったふくらみ、紋(サイン)といった小さい線などみながら行います。
ここでは、特にうつ病や精神面に関わるものを取り上げます。

掌線

丘の種類

1-2.知能線が垂れ下がっている

知能線とは、知性に関わるものと考えられていて、うつ病と最も深い関係があるとされています。
知能線が水平であると現実的で、垂れ下がるほど、想像性が高まり自分の世界に入ってしまう傾向があります。
特に、知能線が生命線に寄り添うように垂れ下がっていたり、S字状になっている人程、落ち込んだとき、悲観的になるようです。

1-3.細かい横線が多い

手の皮が厚く、細かい線がなく、線が太くさっぱりしている人ほど鈍感でストレスに強く、白魚のような手で、細かい線が多いとデリケートでストレスを溜めやすい傾向にあります。
ただし、細かい線でも縦線が多いと吉相で、成功を手に収めやすく、横線が多いと神経質で精神を病みやすい

さっぱりタイプ
あまりくよくよしない

デリケートタイプ
くよくよして悩みやすい

1-4.疲労線がでている

生命線中央から下部にかけて線がたくさん出ている事があります。
これは疲労線といってその人の疲労具合が現われる線です。
2,3本なら全く問題ありませんが、何本も細い線があるようなら、身体が非常に疲れている事を示しています。
似たような線で「旅行線」というものがあります。
この線は疲労線よりもくっきりとでており、旅行好きであったり、生まれ故郷を離れて仕事をしている人にでやすいと言われています。

1-5.生命線と知能線の重なりが鎖状になっている

この線が出ているときは、その名の通り、精神疲労がピークにきており、ストレスがたまっている状態です。
だいたいにおいて、このようなストレス線が出る人は非常に繊細でデリケートな人が多く、
人一倍気づきやすく気が利く人でもあります。

1-6.健康線がでる

健康線とは、月丘から小指方向に向かってでる線のこと。
名前から健康であると思いがちですが、その逆に不健康線とする見方が多いようです。

ひどかったときは、この健康線が太くいっぱいでてましたね。
今も線は残っていますが、当時に比べるとだいぶ細くなっています。

1-7.手首線が鎖状

手首線とは、手首にでる2~4本でる線のことで精神、健康面とも関わっています。
線がはっきりしていると健康体で、鎖状になっていると虚弱体質傾向になります。

1-8.島紋でみる

島紋とは、〇状の紋のことで、どこにでてもその線の強さを弱める凶相として知られています。
健康、精神状態が悪い時はこの線がでやすくなるようです。

生命線に島がある

生命線は、線の長さから寿命を知る目安としてよく知られています。
また、線の太さから体力があるかを見ることもできます。
一般的には、線が切れ目なく太いと健康的、線が細くきれきれだと体力があまりないとみます。

生命線に島紋がある場合は、何等かの病にかかって体力が落ちている可能性があります。
その場合は、健康診断を受けて身体に異常がないか確認するといいでしょう。

知能線に島紋がある

知能線に、島紋がある場合、 うつ病などの精神状態や、頭、目の病気と関係があるとされています。

うつ病になって特に変化が大きかったのが知能線に島ができたこと。
今でも消えないので、痕跡として残るのだろうか?

頭がこわれた?

感情線に島がある

感情線は、先端が中指程度の長さで短かったり、線が乱れなくスーッと刻まれているとクールな傾向で、幅が広がって線が少々乱れていると感情を表に出しやすいようです。
感情線には島ができやすく、1つ、2つの島があってもめずらしいことはありませんが、島がたくさんある時や、島が連なってチェーン状になっている場合は、感情を上手く表現できずストレスが蓄積されている場合があるので注意が必要です。
感情が不安定で、ガラスのハートを持ち些細なことで傷ついて落ち込んでしまうこともあります。

運命線に島がある

運命線とは、仕事や出世運をみるものですが、運命線に島紋があると仕事にスランプがあることを示しています。

過去に過労で倒れ休職したときに、運命線に島がでてましたのはびっくりしました。
復帰したら消えましたが。

まとめ

うつ病になりやすい人の手相は、細い線が多い人がなりやすい傾向にあります。
ストレスがたまったり、体調不良になると、基本的な線に島紋や細かい線が現れやすくなります。
島紋がでてきたときには注意しましょう。

疲れやすい体質も自己催眠療法で改善!

 

施術体験談

※家庭でやっても同じような効果がすぐに得られます。

 

 

 

 

 

 

Mind Createの自己催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 
薬のような副作用もない上、離脱症状を緩和させることも可能なので、断薬もしやすくなり、ほぼ5回程度の実践で大幅に改善可能です。
家庭で音声と動画を利用して身に着けることができるため、生涯にわたる健康療法として利用できます。

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用し
抑うつ病、うつ病、自律神経失調症、解離障害(離人症)、パニック障害、広場恐怖症、過呼吸症候群、双極性障害、自律神経失調症、不眠症(睡眠障害)、肩凝り症、HSP(Highly Sensitive Person)-発達障害的体質の疲労など
自律神経に関わる症状なら改善していきます。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方へ提供しています。

>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について


うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、解離障害(離人症)、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害、広場恐怖症

短期で様々な症状が改善されます!