Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hinatashop/mind-create.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

精神疾患について考える⑥  ~うつ病ってどんな状態~

精神疾患について考える

1.はじめに

うつ病っていってもいっぱいあるよね。
適応障害、抑うつ(よくうつ)、定型うつ、非定型うつ、新型うつ、悩んでうつとか。

ある2万円の情報商材を販売している精神科医が
「昔うつ病でしたが、この方法で克服しました」
とか書いてたので買ったんだけど。
うつ病になったきっかけが
「家のローンをくんでしまって、お金のことで悩んでしまいましてね~」
とか。

内容が、
外をゆっくり歩きましょうとか、ゆっくりご飯を食べましょうとかで、治ったんだって。
これもうつ病なの?

それは
「ただの悩みだね」
そんなの誰でもあることよ。
「元うつ病〇〇」
とかって軽いうつ状態がほとんどだね。
健常者が本とか読んで元うつ病者の振りしてたりて結構ある話しよ。

10年前にその情報商材買ったのに、まだ売ってるの信じられないわ!

ちょっとうつ病のことについて整理してみよう。

2.うつ病の特徴

ところで、うつ病が認知されるようになったときは一般的に
「気分が落ち込むことがずっと続く」
ってことみたいだけど。

それがだんだん、イライラとか他罰的なものまでうつ病とか言われるようになったね。

うさぎさん、うつ病になったときってどんな感じだった?

私の暗いうつ病体験でも話そうか。
薬を飲まずに15年間は過ごした経験者だから、けっこうめずらしいかもよ。

それはそれは、若かりし大学院生活でのことだった。
いわゆるブラック研究室みたいなハードな研究室でね。
ほとんど年中無休で、家に帰らず徹夜とかあたりまえにやってたときのこと。

新テーマのことやらされてたから、毎日論文読んだ後実験してとかの繰り返しであったんだけど、常に
「このテーマで本当にいいのか?」
「意味のあることしてるのか?」
「すでにやられているのではないのか?」
「失敗したら次のこと考えないと」
とか頭にめぐってね、不安感でいっぱいの時期だったよ。

理工学系の院生は研究室入ってから病む人多いっていうよね。
特に有名な研究室はブラックがほとんどっていうし。
大学教授もほったらかしで自己愛なの多いよね。

ストレスいっぱいで、ひどい下痢が1週間ほど続いたり、眠れなかったりとか。
ここらあたりは「鬱状態」かな。

そんななか、ちょっとした失恋がきっかけでね・・。

そんな忙しい中よく恋愛なんかする時間あったね。
暇だったんじゃない?

ちょっと実験も上手くいきだして時間に余裕がでるようになったときに、友達が紹介してもらってだな。。
それから時間必死につくってちょくちょく会ってたんじゃよ。
短い期間だったけどね。

メンタル弱いのね

だから、うつ病になったんだよ・・。
「失恋ごときで病むなどアホか」
と思ってた自分がね。
ほんと自分でも情けなかったよ。

後になってわかったけど、家庭環境で見捨てられたようなことがあったらなりやすいようじゃよ。
家にいても居心地悪かったし親子仲悪かったしね。

まぁ、人それぞれ価値感や弱点はあるね。
なんか大事なものを失ったときほどショックが大きいよね。

2-1.うつ病の特徴 意欲の低下

その日をきっかけに調子がおかしくなってね。
胸のあたりに違和感を感じて重くなった感じ。
ブレーカーが落ちたような状態で向上心がなくなったよ。
なったらすぐわかるね。

ただ、疲れてとかじゃなくて、体調がおかしくなるのも特徴よね。

何か疲れてやる気がなくなったとかではなく、 もや~としただるさ(倦怠感)が1日中つきまとって。
ただ、休養とってから治るものではないね。
起きてるだけで、何もしてなくてもだるい。
入社してからは、一日中家の中でボケーとする日々が数年続いたね。

1ヵ月後に学会発表があって、データ必死にだそうとしてたんだけど、
「もう今あるデータで適当にだそう」
ってくらい手抜きしてやる気なくなったね。

魂がぬけたようになるね。

毎日論文を読むの日課にしてたのも、その日からただ、眺めてるだけの感じで、何度繰り返して読んでも頭に入らないし読むのもやめちゃったな。

就職活動の時期も、ほんとやる気なかったね。
ただ、運よく1社受けただけで受かったけど、入ってからがさらに地獄だった。
入社して3年間は研修とか、いじめとかあってね。
失恋、いじめ、過労、人間関係、将来の不安、やる気でない、自信喪失、仕事に慣れないとかとかで押しつぶされたよ。

卒業してからもOJTで、1年目と3年目で研究発表があったりね。
大学時代の繰り返しで辞めたくなったな。
また、テーマのことで悩んだり。

出世意欲とか、査定とかもどうでもいいって感じで、
「何のために生きているんだろう」とか、
人生の意味を考えたりよくしてたな~。

尾崎豊みたいな世界だね

2-2.うつ病の特徴 めんどくさがりになる

ほんと、怠けものになっちゃったのね。

怠けもの病ともいうしね。
得体のしれない疲労感で、何もかもやるのがめんどくさくなるよ。

入社したときから腑抜け状態で、まともに仕事できなかったから
「お前がうつ病になるか」
て言われたし。
人はあまり過去のことなんて考えないよね。

「現在ある自分は努力の結果だ!」
っとか
ただ、運がよかっただけだって。

調子悪くなって、8年後に朝起きれないくらいになって上司に病院に連れていかれたんだけど、ついた診断名が
抑うつ(うつ状態)」
だよ。
8年間憂鬱な気分がずっと晴れたことなかったというのに診断基準にあってないし。
「うつ病」の診断ついたのが15年後。
医者の診断なんてほんと当てにならないよ。
感覚できめてるだけだぜ。

最近の若者は非定型で、仕事に熱心でないというけど、入社前から病んでる場合も多いのよね。
若いうちから発症する原因はだいたい毒親が原因だって。

昔に比べると大学進学率増えて、入ってくるときには既にうつ病で怠けものにみえるから非定型が増えているとかいってるのかもね。

それに、家事、洗濯、掃除とか身近なこともできなくなるとかいうよね。

1人暮らしのときは、ほとんどできないね。
部屋の掃除も1年に1回するかどうか・・。
だから久しぶりに掃除すると塵がいっぱいとれるんだよ。

うわ、きたない!

私の寮にいた他の人も失恋でうつ病になってたんだけど、そっちはゴミ屋敷状態だったよ。
それにくらべるとまぁ、虫も湧かないようしてたし綺麗なほうだね。
ゴキブリは何匹かでてたけど。

ゴミ屋敷と心の病って密接な関係ありそうよね

ゴミ屋敷になりやすい職業は
1.ナース
2.医者
3.介護士
4.ケアマネ
だって

ゴミ屋敷になりやすい職業4割はこういう人たち〈清掃人は見た! あなたの近所の隠れた「汚部屋」

人のために尽くそうとする人がなりそうね。
つまり、理性的(優しい、人間性の高い人)が高い人がなるんだな。
人よりまず自分のこと第一にみるようにしないとね。
自分がこけたらどうにもならないよね。
いってみれば、自己愛的にならないと。
結構難しいとおもうけど。

マザーテレサも35歳でうつ病になったんだ。
自己犠牲的に生きるとするとうつになるんだよ。
純粋に綺麗な人間にはなれないってこと。
むしろ、あまり綺麗に生きない方がいいね。

参考URL:マザー・テレサの「心の闇」の問題

マザー・テレサの「心の闇」の問題/NL50号

2-3.うつ病の特徴 服装が乱れる

あと、服装が乱れるのも特徴ってあるけど。

身だしなみとか、意識が向かなくなるよね。
シャワー入ったり、髭そったりとかはきちんとしてたけど。
汗かきだったから、1日でもお風呂入らないと気持ち悪くて朝起きたら目覚ましに入ってたね。

入社してから工場勤務で作業着で仕事してたんだけど、1年ほど洗濯してなくてね。。
首回りが黒くなってきたり汚れてたけど、あまり気にしなかったり・・。

不潔マンね

まぁ、でも洗濯しないから洗剤使う量少なくて地球環境にやさしいよね。
人間がいること自体地球環境に悪いし。

作業着はどうせ汚れるしね。
汚してなんぼだね。
工場でいかついおっさんばっかだったし。
ある意味気楽かな。

社会の窓があいてたり、靴下に穴があいてたりとね。
そんなとこにも意識がまわらなくなるね。

だから失恋するのよ

2-4.うつ病の特徴 感情が鈍感になる

あれだね、喜びの感情や楽しみの感情がほんと鈍感になったね。

自信がなくて常に自分が悪いと思ってたから、バカにされたりしても他人を攻撃したりしなかったな。
「もっと自分を磨かねば!」
て感じ。

女性は生理とかあるからイライラや他罰的になるのかもね

そうだね、女性は生理のときになると、人が変わったように怒る人もいるよね。
とても穏やかな性格の綺麗な子が、ムキ―て怒ったり。
あれには、ちょっとたまげるわ。
新型うつの他罰と、非定型うつの他罰って言葉は同じでも意味は違うんだよね。

ストレスたまっていくとイライラしたり、怒りっぽくなったりするね。
定型から非定型的なものがミックスされた感じ。

特に、目の前でわざと幸せそうな姿を見せつけるような行為されるとね、ぶちぎれそうになるね。
年賀状とかもだしてたんだけど、送られてくる家族写真とかみるとね、むなしくなって送るのやめちゃったわ。
えい!ぶちぶちって。
交友関係も憂鬱になるよね。
めんどくさいだけだし。

さらに、新型うつ病の上司と仕事一緒にやってると、もうね。
毎日イライラして、爆発したこともあったよ。
行動パターン真逆だから、嫌がらせしてんのかと。
不快要因はなるべく消したほうがいいね。

定型うつは他罰的、イライラとかないように書かれてるけど、必ずしもそんなことないってことね。

2-5.うつ病の特徴 頭の中は堂々巡り

うつ病になると、フルで頭のなか考え事しちゃうよね

そうだね。
どうやったらなるべくストレス少なくして状況を脱出しようか考えてしまうよね。
転職しようかとか、将来不安だとか。

状況が抜けられないのは、悪化してストレス増えてしまったときのこと考えると怖いのよね。
だから、決断を先に先にとか。

考えるだけでも結構エネルギー使うから、疲労感がたまるんだ。
家でぼーと将来のこと考えると、不安を高めてしまうから、なるべく考えないほうがいいね。

こういうときは、マインドフルネス瞑想とかやると結構いいよ。

2-6.うつ病の特徴 睡眠障害

定型うつは不眠、非定型は過眠とかかかれてるよね

私は、ずっと過眠だったかな。
でも、気分はずっと沈んだまで、パニック発作とかないし定型うつ寄り。
上司に非定型タイプの傾向の人いたけど、不眠だったし。

朝起きるのがつらくてね。
目覚まし30分前にセットして、5分置きに鳴らして徐々に起きてた。
午前中はずーと低空飛行。

朝から近所迷惑ね。
でも、きちっとテキストどうりにはならないよね。
本にかいてあることが必ず正しいってわけじゃないし。

昼休みは寝ないと午後からもたなかったわ。
コーヒー1日5杯は飲んでたかな。
装置の隙間に入って、ちょっと仮眠とったり
現場が開いたあとに、暗室で眠らせてもらったり

ほんと、怠け者

仕事は真面目にやってたからね!サービス残業にして。
新型うつの狡賢い怠け方とは違うよ。

2-7.うつ病の特徴 食欲

うつ病になると
定型の場合小食、非定型の場合過食になるっていうよね。

私は、小食かな。
体脂肪率-10%の時期あったよ。
1日1~2食だったね。
でも、薬飲むと急に肥ったね。
薬飲むのと飲まないとでは全然違うね。

年齢とかあるしね。
年取ると中年太りするし。
若いうちは痩せてた方がいいかもね。

2-8.うつ病の特徴 遊び

定型の場合は遊べない、非定型の場合は仕事以外は遊べるとか言われてるけど。

うつにかかったときの初期の頃は、遊ぶことはできなかったね。
趣味をもつことなんて,無理状態。
そこまで考えられなかったよ。
外にでるのも辛かったし、リフレッシュで積極的に外出、運動とか逆に精神的ストレスだったね。
会社で飲みに行ったりするのは拷問に近かったー。

休日は、起きても、ずーと考え事して終わったりとか。
ほんと時間無駄にして過ごしてたな。

酷い時は、無理せずゴロゴロしていたほうがいいかもね

気分は沈んだままだけど、時間が経つと、徐々に外にでたりできるようになったかな。
それくらいからかな、うつ病を積極的に治そうとしたのは。

ストレス発散で、パチスロしたりとか、ゲームしたりとか
あまり、わいわいしたとこは避けてたけど
結構、パチスロがよかったわ。
ドーパミン、ノルアドレナリン分泌するし、
現場のおいちゃんと話題できて仲良くなって仕事やりやすくなったし。
遊びもコミュニケーションツールのひとつだね。

薬飲みすぎて、激しい頭痛や不眠で遊べなくなる人のほうが多い気するけど。
ギャンブルも自然療法のひとつだ。
悪い、悪いと言われているものが実はよかったりするんだぜ。
薬に頼りすぎるのは注意だ。

ま、ギャンブルしすぎも注意だけど・・
余裕のある範囲でね。

うつ病でも、長い目でみれば遊べないとき、遊べるときもあるってことよ。
遊べる、遊べないで定型、非定型、新型うつとかも区別しにくいね。

3.まとめ

うつ病には定型、非定型の区別がありますが、教科書通りのパターンにきちっと当てはまらないように思います。
女性の場合は、生理もあるので男性よりもイライラ感や気分の波が激しいのかも。

 


Mind Createの催眠療法は、治りにくい精神疾患も、薬を利用せず短期で改善できる催眠療法です。 

瞑想、催眠効果といった、自然治癒効果を利用しうつ病、パニック障害、双極性障害、自律神経失調症、睡眠障害、疲労など、自律神経に関わる症状ならどのような症状も改善していきます。

トラウマを記憶として取り扱う古典的な方法ではなく、脳機能、神経系統に着目した他にない手法で、自然療法的に行っていくため薬のような副作用もありません。

薬、サプリメントを使わず、短期で本当に治したい方の療法を提供しています。


>>メンタル改善プログラム、催眠療法(ヒプノセラピー)について



うつ病、抑うつ、非定型うつ、催眠療法、ヒプノセラピー、全般性不安障害、摂食障害(過食症・拒食症)、自律神経失調症、、心的外傷後ストレス障害、PTSD、トラウマ、視線恐怖症、双極性障害、パニック障害