Mind Create Top

 うつ病,パニック障害など薬を使わず短期で改善できる自己催眠療法

Mind Createでは薬を使用せず、うつ病、パニック障害、自律神経失調症といった精神疾患に対し、短期で自宅で安全に改善させる手法を提供しています。
巷にある催眠療法(ヒプノセラピー)とは手法が異なる療法で、リラックス程度の一時的なものでなく、うつ病や憂鬱感を解消したり、精神的ストレスを改善させていく効果があるため服薬の必要もなくなります。

催眠療法と記載していますが、一般の暗示、トラウマ除去等といった「催眠療法」ではありません。
催眠効果を利用し、自律神経中枢から治りにくいうつ病、パニック障害等を改善していくものです。
治りにくいとされるメランコニーうつ病(大うつ病)やパニック障害でも自己催眠療法5回程度の実施で克服可能です。

向精神薬に対し抵抗のある方や、心療内科、精神科などの病院や催眠療法、心理療法、カウンセリング等では改善しなかった方はご利用下さい。

※うつ病など精神疾患は主に体調不良を伴うもので、本サイトの目的は主に催眠技術や瞑想といった自然治癒力によって脳機能を回復させることで症状を改善していくことを目的としています。
そのため、基本的にカウンセリングやお悩み相談は行っておりません。

※瞑想などスピリチュアルで利用されている方法も利用していますが、一般にあるスピリチュアルサイト、宗教的な勧誘とは関係ありません。


特徴

対象症状・克服法

うつ病、鬱状態(抑うつ)、気分変調症(非定型うつ)、双極性障害パニック障害・広場恐怖症、不安障害、 解離性障害・離人症不眠症・睡眠障害(朝がつらい、一日中眠気がするなど) HSP体質、慢性疲労症候群、自信がない、イライラする、会食恐怖症、摂食障害、、生理痛、、 薬の離脱症状に主に効果があります。

治りにくいうつ病でも確実に短期で克服できる!

20年以上、うつ病など精神疾患治療に1万人以上の多くの実績がある民間療法家(医学部教官歴のある方)伝授の手法をベースにしたプログラムで構成しています。
精神療法や心理療法にない手法で、短期でうつ病を克服できるだけでなく、自律神経に関わる多くの症状を改善してくれる優れた療法です。

約20年間うつ病だった私が、たった1回で抗うつ薬を断薬でき、劇的に改善した催眠療法をα波音声を利用し、自己催眠式にしました。

催眠療法は、催眠術師の腕、環境などには影響されるとよく言われますが、当手法は他の系統の催眠療法とは異なるため、集中できる環境さえあれば精神状態が向上することが実感できます。

催眠療法、瞑想、自律訓練を経験された方でもその効果の違いを実感できると思います。

特に症状が重い人ほど効果の実感を感じることができます。

自己催眠療法コースでは、1カ月間のお試し期間を設けています。
効果が全く実感できなければ、この期間は返金可能です。

HSPとはHighly Sensitive Personの略で、感受性が高く繊細な人のことをいいます。
五感が鋭く、それ故に人の感情に敏感であったり、刺激に過敏で生きづらさを感じ取ることがあり
発達障害と間違われることがあります。
争いごとが嫌いで人に気を使いすぎてしまうため、日頃から疲れやすく、慢性疲労やうつ病になることも。
そんな疲れやすいHSPの方に自己催眠療法は効果的です。

対象パーソナリティー
スキゾイド、回避性、依存性、強迫性、境界性パーソナリティー

精神状態に影響する、自律神経中枢神経から自然治癒的に改善していくので終わった後から数日で効果が実感できます。
トラウマの記憶を思い出したり、暗示効果を利用することもなく、瞑想のように集中するだけなので、すぐにマスターできます。
痛みなども伴う事はありません。
(聴覚過敏・視覚過敏の方は対象外です)

抗うつ薬は、副作用、アクチベーションシンドローム(自傷行為、パニック発作、自殺行為、境界性パーソナリティー、双極性障害に似た症状)、セロトニン症候群、離脱症状といった多くの危険性をもっており、軽いうつ状態でも、長期に服用すると、症状が悪化し、双極性障害、統合失調症へと進展していきます。
本催眠療法は薬のような副作用もなく、薬の離脱症状を抑える効果もあるため、薬を止めたい方にも効果的です。
大量に服薬し、長期利用すると症状が深刻化していきますが、そうならないうちに対処することをおすすめします。
(※ただし、薬の減薬については指示することが医師以外できないため自己責任で行ってください)

有酸素運動、マインドフルネス瞑想を利用し長期療法でさらに脳を活性!

短期でうつ病の症状は改善されても、長年、ストレスに晒された脳の神経細胞はストレスホルモンによって減少し脳の各器官の機能が低下してしまっている状態です。
脳の神経細胞を増やしていくことは短期で改善はできないため、脳科学に基づき、精神状態を高め集中力UPや不安を払しょくしていきます。

有酸素運動、マインドフルネス瞑想を実践すると神経細胞が成長し、脳の可塑性によって構造が変化し、精神状態を高めていくことが確認されていますが、現実的には、ストレス軽減程度にしか終わっていないのが現実です。
これも、うつ病によって脳内に溜まったコルチゾールにより神経細胞が破壊され、上手く成長していないからと考えられます。

当催眠療法と長期的に組み合わせていくことで、脳機能が修復されていくことが実感できるようになります。
また、自己セロトニン分泌で脳内に爽快感をもたらし、不安や恐怖も軽減されていくようになります。

精神状態を安定化させていくには、「音」や「香り」といった五感を刺激することも効果的です。
α波音声は、脳波をα波状態にし、精神状態をリラックスにする効果があるため、深い潜在意識状態に誘導し、瞑想、睡眠改善効果を高めてくれます。
リラクゼーション、睡眠用としてα波音声を収録しています。

暗示音声によって自信向上、意欲・好奇心を高める!

自己催眠療法は、暗示効果を利用しませんが、潜在意識状態へ誘導する自己暗示用音声と組み合わせる事で、さらに自信を高め不安を軽減していくことができます。

HSP体質の方には、自己肯定感が低く自信がない方が多いのではないでしょうか?
自己催眠療法と、自己暗示音声を併用して利用することで感情の世界である潜在意識を活性化し、潜在意識の内部から自信を高めていくことができます。
会議の前、嫌なイベントの前日に憂鬱感を感じた時に利用すると、憂鬱感を払拭し意欲を掻き立てることができます。
うつ病改善以外にも、多くの場面で利用することができます。

うつ病などの精神疾患は、感動、趣味といった楽しみまでも奪っていきます。
体調が整ってくると、意欲も回復してきますが、生きがいがないという方もいるでしょう。
しかし、脳の側坐核を刺激することで意欲が回復し、好奇心を旺盛にし行動意欲を高めていくこともできます。
目標がもてるようになると、人生に対し生きがいが持て、孤独感も忘れていくようになります。

mind createをフォローする
Mind Create~うつ病、パニック障害、自律神経失調、HSP体質等神経症等精神疾患を、特殊自己催眠療法で克服!~